トップページ | 町民の方へ | 税金について 国民健康保険税 | 国民健康保険税の納付について

国民健康保険税の納付について

 国民健康保険は、加入者のみなさんがお金を出し合い、万が一の病気やケガの際は安心して十分な診療が受けられるようにするための助け合いの制度です。
 加入者は保険給付を受ける権利をもつと同時に国保税を納付する義務を負うことになります。
 国民健康保険制度は、加入者のみなさんの国保税によって支えられています。いざというとき、安心して医療を受けられるよう、国保税は納期内に忘れずに納めましょう。

国保税の納め方

 年金天引き以外の方については、通常、下表のとおり、7月から翌年2月までの年8回の納期に分けて納めます。(全額一括納付も可能です)納期限は、各月の末日です。末日が休日にあたるときは、その翌平日になります。

期別 1期 2期 3期 4期 5期 6期 7期 8期
納期 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月

(注)場合によっては、この表以外の納め方もあります。

納付場所は、下記滑川町指定金融機関等、及び滑川町役場会計課窓口です。

滑川町指定金融機関等

埼玉りそな銀行、りそな銀行、みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行、東和銀行、武蔵野銀行、埼玉縣信用金庫、中央労働金庫、埼玉県中央農業協同組合、ゆうちょ銀行、三井住友銀行

納付は便利な口座振替をご利用ください

 口座振替にすると、国保税は納期限日に指定口座から自動引き落としされ、翌年以降も継続されます。口座引き落としの場合は、郵便局の口座も利用できます。手続きは、依頼書、預金通帳、通帳の届出印を持参し、金融機関等の窓口でお願いいたします。

※社会保険加入などで口座振替の必要が無くなった場合は、口座振替解約の手続きをお願いいたします。

国保税を納めないでいると

  1. 督促・催告がされます。
  2. 有効期間が通常より短い短期被保険者証が交付されます。
  3. そのほか、給与や預金、動産・不動産・電話加入権等の財産の調査が行われ、差し押さえなどの滞納処分を受けます。

※滞納が続くと、保険証の代わりに「資格証明書」が交付される場合があります。資格証明書が交付されると、医療機関の窓口で、いったん医療費の全額を支払うことになります。

 特別な事情により、国保税の納付が困難な場合はお早めに御相談ください。まずは、お電話でも結構です。早めの納税相談をお願いいたします。

お問い合わせ
税務課 管理担当
電話:0493-56-6902(直通)