トップページ | 町民の方へ | 税金について | 非課税の範囲

非課税の範囲

均等割も所得割もかからない人

(1) 賦課期日(1月1日)現在、生活保護法によって生活扶助を受けている人
(2) 障害者、未成年者、寡婦又は寡夫で、前年中の合計所得金額が125万円以下であった人

均等割がかからない人

※滑川町は、3級地なので35万円に0.8をかけた額28万円が均等割の非課税額になります。
28万円×(控除対象配偶者及び扶養親族の人数+1)+16万8千円以下の人(※1)

扶養親族無  28万円以下(給与収入93万円以下) 
扶養親族有(※2)  72万8千円以下(給与収入137万8千円以下) 


所得割がかからない人(均等割だけの人)

35万円×(控除対象配偶者及び扶養親族の人数+1)+32万円以下の人(※1)

扶養親族無  35万円以下(給与収入100万円以下)
扶養親族有(※2)  102万円以下(給与収入170万4千円未満)

※1 控除対象配偶者及び扶養親族を有する場合のみ加算します。
※2 扶養親族が一人の場合の金額です。


住民税の対象とならない所得

(1) 障害年金や遺族が受ける恩給や年金
(2) 雇用保険の失業給付金
(3) 生活保護のための給付金
(4) 相続・贈与などによって取得した資産(相続税や贈与税の対象になります。)

お問い合わせ
税務課 町民税担当
電話:0493-56-6902