トップページ | 町民の方へ | 生活・環境 | 「金属類」の収集日に、ごみ収集車の火災事故が発生しました!

「金属類」の収集日に、ごみ収集車の火災事故が発生しました!

ごみ収集車の火災事故現場写真

経過

平成30年12月18日(火)午前、ごみ収集車の火災事故が発生しました。
幸い大火にならなったため、付近住民、収集作業員に怪我や被害はありませんでしたが、ごみ収集車の被害が大きく、収集車としての機能を果たせなくなってしまいました。また、収集も遅れてしまい、皆様にご迷惑をお掛けいたしました。

車両火災の原因

今回の車両火災の原因は、スプレー缶・カセットコンロ用ガスボンベ・ライター類・電池類の混入によるものです。

火災原因と思われるスプレー缶


ごみ収集車が火災になると・・・ 

○火災が大きくなってしまうと、隣接する住宅や町民および収集作業員にも甚大な被害を及ぼす恐れがあります。
○計画的な収集ができなくなってしまい、ごみの収集ができなくなってしまう恐れがあります。
○ごみ収集車が故障してしまい、修繕に多額の費用を要します。(状況によって、廃車になってしまう場合もあります)

スプレー缶の分別方法・出し方の再確認と徹底をお願いします。


ガスの抜き方

○必ず中身を使い切ってから出してください。
○中身が残っているものは回収できません。

スプレー缶を振って、音がしないことを確認してください。



内部のガスを抜く装置(中身排出機構)を使って、完全にガスを抜いてください。
       キャップを使用する等、メーカーにより仕様が違います。



出し方

○スプレー缶は、『スチール缶』の日に出してください。
○『金属類』の日には出さないでください。

袋には入れず、カゴに直接出してください。



○中身が残っているものや、他の物と混入していた場合は違反シールを貼っております。
  回収できないため、出された方が回収していただくようお願いいたします。



お問い合わせ
環境課・生活環境担当
電話:56-6909