トップページ | 町民の方へ | 年金・保険 | 後期高齢者医療制度について

後期高齢者医療制度について

平成20年4月1日から75歳以上の方の医療制度が変わりました

保険者と被保険者

保険者(運営者)

「埼玉県後期高齢者医療広域連合」で、県内の全市町村により構成されています。

滑川町役場の窓口では

など、身近な業務を行っています。

被保険者(後期高齢者医療制度の対象者)

※以前まで使っていた老人保健の受給者証は使えません。

お医者さんにかかるとき

医療機関の窓口で後期高齢者医療制度の保険証を提示して、医療費の1割(現役並み所得者は3割)を負担します。

現役並み所得者の判定基準と負担割合

住民税課税所得145万円以上の被保険者がお一人でもいる世帯は、その同じ世帯にいるすべての被保険者が、現役並み所得者となります。
ただし、前年の被保険者の収入が、
○被保険者お一人の世帯・・・383万円未満
○被保険者お二人以上の世帯・・・520万円未満
の方は、申請し認められると、「1割」負担になります。

お問い合わせ
町民保険課 年金国保担当
電話:0493-56-2211(内線256)