トップページ | 町民の方へ | 年金・保険 | 本人確認に必要な書類について

本人確認に必要な書類について

 平成28年1月から「行政手続きにおける特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律(個人番号法)」が施行されたことにより、国民健康保険の手続きについて、届出および申請書などに個人番号を記載することが法的な義務となります。個人番号の記載を行う手続きでは、本人確認などが必要となります。平成28年1月以降、国民健康保険の手続きを行う際には、次の書類をお持ちください。

本人が手続きする場合

 顔写真付きの個人番号カードをお持ちの人は、個人番号確認と本人確認ができます。個人番号カードをお持ちでない人は、次の個人番号確認書類1点と、下表の本人確認書類の@〜Aのいずれかのものをお持ちください。

個人番号確認書類

・個人番号通知カード
・マイナンバーが記載された住民票の写し
・住民票記載事項証明書

本人確認書類(有効期限内のものに限る)

 @
(次のうち1つ)
 A
(@の確認書類が困難である場合、次のうち2つ)
・運転免許証
・運転経歴証明書
・パスポート
・身体障害者手帳
・精神障害者保健福祉手帳
・療育手帳
・在留カード
・特別永住者証明書
・住民基本台帳カード(顔写真付)
・公的医療保険の被保険者証
・年金手帳
・児童扶養手当証書
・特別児童扶養手当証書
・住民基本台帳カード(顔写真無)
・官公署または行政機関から発行された書類
 (氏名と、生年月日または住所の記載があるもの)

郵送で手続きする場合

 郵送で手続きできる書類については、各申請書などの他に、個人番号確認書類と本人確認
書類のコピーを必ず同封してください。

代理人が手続きする場合 

 委任状(法定代理人の場合は、その資格を証明する書類)と、世帯主の個人番号が確認できる書類いずれか1点と、下表の@〜Aのいずれかの代理人の本人確認書類を併せてお持ちください。 
 住民票が同一世帯の方の申請などでは委任状は省略できますが、住民票が別世帯の方からの場合は申請などに必要な書類と併せて、代理権を証明するもの(委任状)が必要となります。

個人番号確認書類

・世帯主の個人番号カード(顔写真付)
 ※個人番号カードがない場合は、次の3つの確認書類のいずれか1つ
・世帯主の通知カード
・世帯主のマイナンバーが記載された住民票の写し
・世帯主の住民票記載事項証明書
 ※代理人の個人番号の記載は不要です。

代理人の本人確認書類(有効期限内のものに限る)

 @
(次のうち1つ)
 A
(@の確認書類が困難である場合、次のうち2つ)
・代理人の個人番号カード
・運転免許証
・運転経歴証明書
・パスポート
・身体障害者手帳
・精神障害者保健福祉手帳
・療育手帳
・在留カード
・特別永住者証明書
・住民基本台帳カード(顔写真付)
・公的医療保険の被保険者証
・年金手帳
・児童扶養手当証書
・特別児童扶養手当証書
・住民基本台帳カード(顔写真無)
・官公署または行政機関から発行された書類
 (氏名と、生年月日または住所の記載があるもの) 

郵送で手続きする場合

 郵送で手続きできる書類については、各申請書などの他に、個人番号確認書類、委任状、代理人の本人確認書類の写しを必ず同封してください。

お問い合わせ
町民保険課 年金国保担当
電話:0493-56-2210