トップページ | 町民の方へ | 年金・保険 | 高額医療・高額介護合算制度(医療と介護による自己負担が高額になったとき)

高額医療・高額介護合算制度(医療と介護による自己負担が高額になったとき)

 同じ医療保険の世帯内で、医療と介護の両方を合わせた自己負担が、決められた限度額を500円以上超えた場合、申請すると超えた分が支給され、負担が軽くなる制度です。

医療と介護の自己負担合算後の限度額(毎年8月から翌年7月までの12ヶ月間)

区 分   70歳未満の方 
 平成26年8月〜
  平成27年7月
 平成27年8月〜
 基準総所得額     901万円超  176万円 212万円 
 600万円超〜901万円以下  135万円 141万円 
 210万円超〜600万円以下  67万円  67万円
 210万円以下  63万円  60万円
市区町村民税非課税世帯   34万円  34万円

区 分   70歳以上の方 
 現役並み所得者(課税所得145万円以上の方)   67万円
 一般(市区町村民税課税世帯の方)   56万円
 低所得者(市区町村民税非課税世帯の方)   31万円
 ・上記のうち世帯の各収入から必要経費・控除を差し引いたときに
 所得が0円になる方(年金収入のみの場合80万円以下の方)
 19万円
※70歳未満の方の限度額は、平成27年1月から所得区分が細分化されたことに伴って変更されました。
平成26年8月〜平成27年7月の限度額は、経過措置が設けられています。

介護保険へ戻る

お問い合わせ
町民保険課 介護保険担当
電話:0493-56-2010