トップページ | 町民の方へ | 年金・保険 | 介護サービスの種類

介護サービスの種類

 要介護度に応じて、介護支援専門員(ケアマネジャー)が利用者の意見をふまえた介護サービス計画(ケアプラン)を作成します。在宅サービスと施設サービスがあります。

在宅(居宅)サービス

自宅を訪問してもらってサービスを受けたい方

訪問介護・介護予防訪問介護(ホームヘルプサービス)

 ホームヘルパーによる介護や身の回りの世話が受けられます。

訪問看護・介護予防訪問看護

 看護師や保健師による療養上の世話や診療の補助が受けられます。

訪問入浴介護・介護予防訪問入浴介護

 訪問入浴車などで訪問し、入浴の介護が受けられます。

居宅療養管理指導・介護予防居宅療養管理指導

 医師、歯科医師、薬剤師、歯科衛生士等による療養上の管理や指導が受けられます。

訪問リハビリテーション・介護予防訪問リハビリテーション

 理学療法士、作業療法士等による機能訓練が受けられます。

日帰りで施設にかよってサービスを受けたい方

通所介護・介護予防通所介護(デイサービス)

 デイサービスセンター等にかよって入浴や食事、機能訓練などが受けられます。

通所リハビリテーション・介護予防通所リハビリテーション(デイケア)

 医療施設(介護老人保健施設や指定事業所)にかよって必要な機能訓練が受けられます。

病気や旅行等で一時的に介護できないときに施設でサービスを受けたい方

短期入所生活介護・介護予防短期入所生活介護(ショートステイ)

 介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム等)に短期間入所して介護や日常生活上の世話、機能訓練などが受けられます。

短期入所療養介護・介護予防短期入所療養介護(ショートステイ)

 介護老人保健施設(医療施設等)に短期間入所して、看護や医学的管理下における医療、介護、機能訓練などが受けられます。

必要な福祉用具を入手したい、自宅の改修を行いたい方

福祉用具貸与・介護予防福祉用具貸与

 車いすや特殊ベッドなどを借りられます。
 貸出しの対象となる福祉用具は、次のとおりですが介護度により種類が決まっています。
担当のケアマネジャーと相談して下さい。
 1.車いす 2.クッション・電動補助装置など一定の車いす付属品 3.特殊寝台
4.マットレス、サイドレールなど一定の特殊寝台付属品 5.褥そう(床ずれ)予防用具 6.体位変換器
7.手すり 8.スロープ 9.歩行器 10.歩行補助杖 11.認知症性老人徘徊感知機器 12.移動用リフト(吊り具を除く)

特定福祉用具購入・介護予防福祉用具購入

 腰掛便座などの購入費の支給(限度額年間10万円)が受けられます。
指定された業者以外から購入した場合は、福祉用具購入費が支給されませんので、ご注意ください。
対象となる福祉用具は、次の5種類です。

 1.腰掛便座、2.特殊尿器、3.入浴補助用具、4.簡易浴槽、5.移動用リフトの吊り具

住宅改修・介護予防住宅改修

 小規模な住宅改修について費用の支給(限度額20万円)が受けられます。
 住宅改修前に事前申請が必要です。事前にケアマネジャー又は介護保険担当窓口にご相談ください。
 利用限度額は、原則として被保険者一人当たり20万円までです。
対象となる住宅改修は、次のとおりです。
  1.手すりの取付け 2.床段差の解消 3.滑りの防止、移動の円滑化などのための床材の変更
  4.引き戸などへの扉の取替え 5.洋式便器などへの便器の取替え 6.その他これらの各工事に付帯して必要な工事
  (注)住宅改修の工事をする事業者の指定はありません。

 ※支給限度基準額を超えた場合は

 福祉用具購入は同一年度(4月から翌年3月まで)で10万円、住宅改修は同一住宅・同一対象者で20万円の支給限度基準額があります。
 支給限度基準額内の福祉用具の購入又は住宅改修であれば、1割または2割負担となりますが、
支給限度額を超えた場合は、超えた額が全額自己負担となります。  

その他のサービス

特定施設入所者生活介護・介護予防特定施設入所者生活介護

 有料老人ホームなどの入所者が介護や日常生活上の世話、機能訓練などを受けられます。

地域密着型サービス

 (住み慣れた地域を離れずに生活を続けられるように、地域の特性に応じた柔軟な体制で提供されるサービスです。)

地域密着型通所介護

 定員18人以下の小規模な通所介護施設で、食事・入浴などの介護や機能訓練が受けられます。

認知症対応型通所介護・介護予防認知症対応型通所介護

 認知症の状態にある要介護者が日帰りで食事・入浴などの介護や支援、機能訓練を受けられます。

認知症対応型共同生活介護・介護予防認知症対応型共同生活介護(グループホーム)

 要支援1の方は、このサービスを利用できません。認知症の状態にある要介護者がグループホームにおいて介護や日常生活上の世話、機能訓練などを受けられます。

小規模多機能型居宅介護・介護予防小規模多機能型居宅介護

 小規模な住居型の施設で、通いを中心としながら訪問、短期間の宿泊などを組み合わせて食事、入浴などの介護や支援が受けられます。

施設サービス

 自分の住んでいる市町村以外の施設でも利用できます。
 (注)要支援の方は、このサービスは受けられません。

介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム) ――― 日常生活全般で介護が必要な方

 入所して日常生活の世話や機能訓練、その他必要な世話を受けられます。
 寝たきりなど、常に介護が必要で、自宅では介護ができない方が対象の施設です。
 平成27年4月から新規に入所できるのは原則として要介護3以上の方になりました。

介護老人保健施設 ―― 自宅に戻るためにリハビリを受けたい方

 入所して医学的な管理のもとで介護や機能訓練などを受けられます。
 病状が安定し、リハビリに重点置いた介護が必要な方が対象の施設です。

介護療養型医療施設への入所

 長期療養の必要な高齢者が入院して、介護等の世話、機能訓練、その他必要な医療を受けられます。

介護保険へ戻る

お問い合わせ
町民保険課 介護保険担当
電話:0493-56-2010