トップページ | 町民の方へ | 年金・保険 | 介護保険資格取得・異動・喪失届 | 転入されるときの介護保険の手続きについて

転入されるときの介護保険の手続きについて

  1. 65歳以上の方( 第1号被保険者 )が転入された場合、介護保険資格取得・異動・喪失届(PDF213KB)をご提出ください。
  2. 前住所地で要介護(要支援)認定を受けていた方は、前住所地で発行された介護保険受給資格証明書を持参してください。

・前住所地で認定されていた要介護状態区分で認定され、後日介護保険被保険者証をお送りします。

※40歳以上65歳未満の医療保険加入者(第2号被保険者)のうち、国の定める特定疾病により要介護(要支援)認定を受けていた人が転入した場合も同様に介護保険の手続きをお願いします。
※他市町村の被保険者が滑川町の住所地特例対象施設に入所(入居)して施設所在地に住所(住民票)を変更された場合は、前住所地の市町村が引き続き介護保険の保険者となります。

滑川町へ転入された方(65歳以上)の介護保険料 について

65歳以上の方( 第1号被保険者 )が他の市町村から滑川町に転入された場合、介護保険料の納付先が前住所地の市町村から滑川町へと変わります。滑川町より介護保険料決定通知書をお送りしますので、転入された月分から、滑川町において介護保険料を納付していただくこととなります。

『介護保険料決定通知』発送予定時期(滑川町へ転入された場合)

介護保険資格取得月
(滑川町へ転入した月)
介護保険料決定通知書
発送予定時期
4月・5月 滑川町に転入された年の7月中旬
上記以外(1月〜3月、6月から12月) 滑川町に転入された翌月

転入された方(65歳以上)の介護保険料額について

  1. 他の市町村より転入された方の介護保険料については、介護保険料算定の基礎となる住民税の課税資料が滑川町にはないため、転入当初は 所得段階区分 を確認するため、前住所地に所得照会させていただきます。
  2. やむを得ず所得の確認ができない場合は、第1段階として暫定的に賦課しています。
    滑川町より、住民税の賦課期日(1月1日)に住民登録のあった市町村に所得照会をした結果、所得段階区分が変わる場合は、当初送付させていただいた介護保険料決定通知書の年間保険料額を変更し、介護保険料変更決定通知書を送付します。

※1月2日から3月31日までに滑川町に転入された方の場合は、転入された次の年度の介護保険料についても上記と同様に所得照会をするため、翌年度の7月中旬に送らせていただく決定額が8月以降変更になる場合があります。

転入された方(65歳以上)の介護保険料の納付方法について

介護保険料の納付方法 については、年金からの天引き( 特別徴収 )が原則ですが、他市町村から転入された方の場合は、前住所地の市町村で年金から天引きされていた方であっても、しばらくの間は滑川町において年金からの天引きが行えません。
したがって、直接納付書で金融機関等の窓口で納めていただくか、 口座振替 を利用して納めていただくことになります。( 普通徴収 )
なお、特別徴収に該当する方であれば、6ヶ月から1年程度で特別徴収が開始されます。

前住所地における介護保険料について

滑川町へ転入されたことにより、前住所地の市町村において介護保険料の過不足が生じる場合があります。前住所地の市町村において納めすぎになった介護保険料がある場合は、後日前住所地の市町村より還付(返金)されます。詳しくは前住所地の市町村の介護保険料担当にお問い合わせください。

 

介護保険資格取得・異動・喪失届へ戻る

お問い合わせ
町民保険課 介護保険担当
電話:0493-56-2010