トップページ | 町民の方へ | 年金・保険 | 遺族基礎年金/受給者が死亡したら

遺族基礎年金/受給者が死亡したら

 国民年金加入者や老齢基礎年金の受給者が亡くなったとき、その人により生計を維持していた子※のある妻または子※に支給されます。
※子とは、18歳到達年度末日までの子、または20歳未満で1級・2級の障害のある子です。

年金を受けるための条件

  1. 遺族年金
    国民年金加入中※に死亡し、死亡日の前々月までに保険料を納めた期間(免除期間を含む)が納めるべき期間の3分の2以上あること。または、平成28年3月末までに死亡日がある場合には、死亡日の前々月までの直近の一年間に未納期間がないこと。
  2. 未支給年金
    老齢基礎年金を受けている人が死亡したとき。
  3. 寡婦年金
    老齢基礎年金の受給資格期間(原則25年)を満たしている人が死亡したとき。

※加入をやめた後でも60歳以上65歳未満で日本国内に住んでいること。

受けられる年金額(平成28年度)

子のある
妻が受けるとき
子が1人のとき 1,004,600円
子が2人のとき 1,229,100円
子が3人のとき 1,303,900円
4人以上 3人のときの額に1人につき74,800円が加算
子が受けるとき 子が1人のとき 780,100円
子が2人のとき 1,004,600円
子が3人のとき 1,079,400円
4人以上 3人のときの額に1人につき74,800円が加算

寡婦年金

 第1号被保険者として保険料を納めた期間(免除期間を含む)が25年以上ある夫が年金を受けずに亡くなったとき、その妻(婚姻期間10年以上)が60歳から65歳になるまで支給されます。
  ↓
夫が受けられるはずの老齢基礎年金額の4分の3

死亡一時金

 保険料を3年以上納めた人が年金を受けずに亡くなりなったとき、生計を同一にしていた遺族が受けられます。
  ↓
保険料納付月数によって 12万円〜32万円

お問い合わせ
町民保険課 年金国保担当
電話:0493-56-2210