トップページ | 町民の方へ | 年金・保険 | 障害基礎年金

障害基礎年金

(平成28年度)

1級障害 975,125円
2級障害 780,100円

受けられる要件

 国民年金加入中に初診日のある病気・けがで障害認定日(初診日から1年6ヶ月を経過した日、または症状が固定した日)に1級または2級の障害の状態になったとき。
障害認定日に該当しなくても、65歳になるまでに症状が悪化し、1級または2級の障害の状態になったとき。(65歳前に請求する)

初診日前の加入期間のうち、保険料を2/3以上納めている(免除期間も含む)こと。初診日が平成28年3月31日前にあるときは、初診日の属する月の前々月までの直近の1年間に保険料の未納期間がないこと。

※20歳に達する前の病気やケガがもとで、障害の状態が残った場合も20歳から障害基礎年金が支給されます。(ただし、所得制限あり)

「特別障害給付金」制度

対象となる方は、

  1. 平成3年3月以前の任意加入対象であった学生
  2. 昭和61年3月以前の任意加入の対象であった被用者(厚生年金共済組合等の加入者)の配偶者。
    1、2に該当する方で国民年金に任意加入していなかった期間内に初診日のある疾病により、現在、障害基礎年金1級・2級相当の障害に該当する方(65歳未満)が対象になります。(前年所得などの条件があります。)

お問い合わせ
町民保険課 年金国保担当
電話:0493-56-2210