トップページ | 町民の方へ | 年金・保険 | 年金を受け取る手続き

年金を受け取る手続き

繰り上げ請求・繰り下げ請求

 基礎年金は原則として65歳からですが、希望すれば60歳から64歳の間でも減額した年金を受けることができます(この場合、障害基礎年金が受けられなくなったり、他の給付でもいくつかの制限があります)。また66歳から70歳の間、受け取る年齢を遅らせて、増額した年金を受けることもできます。
 なお、一度請求すると、生涯減額した年金を受けることになります。

 国民年金(第1号)のみ加入者は市町村窓口へ、厚生年金及び国民年金両方の納入期間がある方、及び第3号被保険者期間がある方は年金事務所へ老齢給付裁定請求書を提出してください。

必要書類等

年金手帳・印かん・預金通帳(本人のもの)・戸籍謄本
配偶者が年金受給者の場合は配偶者の年金証書
配偶者が厚生年金20年以上の場合は請求者の所得証明(又は非課税証明)、夫妻の住民票など

年金を受けるためには

  1. 国民年金保険料を納めた期間
  2. 国民年金保険料の全額免除や半額免除・学生納付特例・若年者納付猶予を受けた期間
  3. 納付とみなされる第3号被保険者期間
  4. 厚生年金や共済組合の加入期間
  5. 任意加入できる人が加入しなかった期間(=合算対象期間)

合わせて25年以上(300月以上)の受給資格期間が必要です

合算対象期間とは

昭和36年4月以降の次の期間です(年金額計算の対象にはなりません)

  1. 会社員・公務員の配偶者で任意加入しなかった期間(昭和61年3月まで)
  2. 学生で任意加入しなかった期間(平成3年3月まで)
  3. 海外に住んでいた期間
  4. 厚生年金などから脱退手当金を受けた期間(昭和61年3月まで)

お問い合わせ
町民保険課 年金国保担当
電話:0493-56-2210