予防接種を受ける前に

冊子「予防接種と子どもの健康」を必ずお読みください。 

予防接種を受けることができない方

1 明らかに発熱のある方
当日、接種会場で測定した体温が37.5℃以上の場合をさします。
2 重篤な急性疾患にかかっていることが明らかな方
急性の病気で薬をのむ必要のあるような方は、その後の病気の変化もわからないことから、その日は接種を受けないのが原則です。
3 その日に受ける予防接種によって、または予防接種の接種液に含まれる成分で、アナフィラキシーを起こしたことがある方。
※「アナフィラキシー」というのは通常接種後約30分以内に起こるひどいアレルギー反応のことです。汗がたくさん出る、顔が急に腫れる、全身にひどいじんましんが出るほか、はきけ、おう吐、声がでにくい、息が苦しいなどの症状に続きショック状態になるようなはげしい全身反応のことです。
4 ポリオ、麻しん(はしか)、風しんの予防接種の対象者で妊娠していることが明らかな方
乳幼児には直接関係ない規則ですが、任意で受ける方のことも考慮したものです。
5 BCG接種の場合においては、外傷などによるケロイドが認められる方
6 その他、医師が不適当な状態と判断した場合

上の1〜5に当てはまらなくても医師が接種不適当と判断した時は、予防接種を受けることはできません。

予防接種を受けるに際し、医師とよく相談しなくてはいけない方

以下に該当すると思われる方は、かかりつけ医の先生がいる場合には必ず前もって診ていただき、予防接種を受けてよいかどうかを判断してもらいましょう。受ける場合には、その医師のところで接種を受けるか、あるいは診断書又は意見書をもらってから予防接種を受けるようにしてください。
1 心臓病、腎臓病、肝臓病、血液の病気や発育障害などで治療を受けている方
2 過去の予防接種で、2日以内に発熱のみられた方及び発しん、じんましんなどアレルギーと思われる異常がみられた方
3 過去にけいれん(ひきつけ)を起こしたことがある方
けいれん(ひきつけ)の起こった年齢、そのとき熱があったか、熱がなかったか、その後起こっているか、 受けるワクチンの種類は何かなどで条件が異なります。必ずかかりつけ医と事前によく相談しましょう。
原因がはっきりしている場合には、一定期間たてば予防接種を受けることができます。
4 過去に免疫不全の診断がされている方及び近親者に先天性免疫不全症の方がいる方
5 ワクチンにはその製造過程における培養に使う卵の成分、抗生物質、安定剤などが入っているものもありますので、これらにアレルギーがあると言われたことのある方
6 BCG接種の場合においては、家族に結核患者がいて長期に接触があった場合など、過去に結核に感染している疑いのある方

予防接種禁忌者(接種に注意が必要な方)の接種病院について

アレルギーなどにより、町指定医療機関において接種することが困難である乳幼児については、下記の医療機関にて公費接種することができます。事前に手続きが必要ですので、母子健康手帳をもって滑川町保健センターへお越しください。
・埼玉県立小児医療センター
住所:〒339−8551 埼玉県さいたま市岩槻区大字馬込2100番地
     電話番号:048-758-1811

予防接種後に、発熱などの症状がでた場合

予防接種のあと、まれに副反応の起こることがあります。また、予防接種と同時にほかの感染症がたまたま重なって発症することがあります。
予防接種を受けたあと、接種部位の異常な反応や体調の変化があった場合は、速やかに接種医のもとで必ず診察を受けてください。ご不明な点がありましたら滑川町保健センターへ連絡してください。
・連絡先:滑川町保健センター
     電話番号:0493-56-5330

定期接種(4種混合、3種混合、2種混合、BCG、不活化ポリオ、麻しん風しん、日本脳炎、ヒブ、小児用肺炎球菌、子宮頸がん)について

種類 対象年齢 標準的接種年齢  接種方法 注意事項
4種混合(ジフテリア・百日咳・破傷風・不活化ポリオ) 生後3カ月〜90カ月未満 1期初回:生後3カ月〜12カ月  20日〜56日までの間隔をあけて3回接種 平成24年11月から追加されました。
4種混合ワクチンは、これまでの3種混合ワクチンに不活化ポリオワクチンを合わせたワクチンです。
(4種混合ワクチンを接種する方は、3種混合ワクチン、不活化ポリオワクチンを接種する必要はありません)
1歳未満の方が百日咳にかかると重症になることがありますので早めに接種しましょう。
1期追加:1期初回終了後12カ月〜18カ月  初回(3回目)接種後、12〜18カ月の間に1回接種
3種混合(ジフテリア・百日咳・破傷風) 生後3カ月〜90カ月未満 1期初回:生後3カ月〜12カ月  20日〜56日までの間隔をあけて3回接種 3種混合ワクチンを1度でも接種したことがある方は、4種混合ワクチンではなく、引き続き3種混合ワクチン及び不活化ポリオワクチンで接種します。
1歳未満の方が百日咳にかかると重症になることがありますので早めに接種しましょう。
1期追加:1期初回終了後12カ月〜18カ月  初回(3回目)接種後、12カ〜18カ月の間に1回接種
2種混合(2期) 11歳・12歳   1回接種 11歳になりましたら早めに接種しましう。
(ジフテリア・破傷風ワクチンを接種します)
不活化ポリオ  生後3カ月〜90カ月未満  1期初回:生後3カ月〜12カ月  20日〜56日までの間隔をあけて3回接種  平成24年9月より生ポリオワクチンから、不活化ポリオワクチンの接種に変わりました。
《接種回数について》
平成24年9月1日時点で
☆生ポリオワクチンを接種していない方
不活化ポリオを規定どおり4回接種します
☆生ワクチンを1回接種した方
不活化ポリオを3回接種します
☆生ワクチンを2回接種した方
  不活化ポリオの接種は必要ありません
☆自費で不活化ポリオワクチンを接種した方
  不活化ポリオワクチンが合計4回になる
  ように接種します

※間隔については、おおむね3年間は20日以上の間隔をおいていれば、間隔が長期にあいたとしても接種できます。この場合であっても、通算して3回目までの接種は20日から56日まで、4回目の接種は3回目接種後6カ月以上の間隔をおくことが望ましいです。
1期追加:1期初回終了後12カ月〜18カ月  初回(3回目)接種後、12カ〜18カ月の間に1回接種
BCG  生後5カ月〜8カ月  生後3カ月〜12カ月未満   1回接種 平成25年4月1日より対象年齢が6ヶ月未満から1歳未満までに拡大されました。
 麻しん風しん
(1期)
生後12カ月〜24カ月未満  生後12カ月〜24カ月未満  1回接種  1歳のお誕生日プレゼントに接種しましょう。 
麻しん風しん
(2期)
就学前の1年間(年長児相当)  就学前の1年間(4月1日〜3月31日まで)  1回接種 中学1年生(第3期)及び高校3年生(第4期)の経過措置による接種は、平成24年度で終了しました。
日本脳炎1期  生後6カ月〜90カ月未満  1期初回:3歳  初回:6日〜28日までの間隔で2回接種  【 *平成25年度の積極的勧奨者  】
1期初回…平成17年4月2日から平成19年
4月1日生まれ
※ワクチン接種量は、3歳未満児が0.25ml、3歳以上が0.5mlとなっています。 
1期追加:4歳  初回(2回目)終了後概ね1年後に1回接種 【 *平成25年度の積極的勧奨者  】
1期追加…平成15年4月2日から平成17年
4月1日生まれ
※概ね1年後とは、前後1カ月以内とする。
日本脳炎2期  9歳〜13歳未満    1回接種  【 *平成25年度の積極的勧奨者  】
2期…平成7年4月2日から平成8年4月1日生まれ
インフルエンザ菌b型(ヒブ) 生後2カ月〜60カ月未満  初回接種開始
2カ月〜7カ月未満 
初回3回
追加1回
平成25年4月1日から定期予防接種になりました。
初回:27日(医師が認める場合は20日)から56日の間隔で3回接種。
追加:初回(3回目)終了後7カ月〜13カ月の間隔をおいて1回接種。
【接種開始年齢により接種回数と間隔が異なります】
(1)初回が生後7カ月から12カ月未満の場合
接種回数:初回2回、追加1回          
(2)初回が12カ月から60カ月の場合
接種回数:1回接種 
小児用肺炎球菌 生後2カ月〜60カ月未満  初回接種開始
2カ月〜7カ月未満 
初回3回
追加1回 
平成25年4月1日から定期予防接種になりました。
初回:27日以上の間隔で3回接種。
追加:初回(3回目)接種終了後、60日以上の間隔をおいて1回接種。ただし、生後12カ月から15カ月の間に接種する。
※初回3回接種を予定している間に、1歳のお誕生日を超えた場合は、未接種分は接種せずに、追加接種を60日以上あけて接種。
【接種開始年齢により接種回数と間隔が異なります】
(1)初回が生後7カ月から12カ月未満の場合 
接種回数:初回2回(1歳までに完了)、追加1回
(2)初回が12カ月から24カ月未満の場合 
接種回数:2回接種
(3)初回が24カ月から60カ月未満の場合
接種回数:1回接種 
子宮頸がん 中学1年から高校1年相当の方  標準接種年齢は中学1年生  【サーバリックス】
接種方法:1回目接種終了後、1カ月後に2回目接種。1回目接種終了後、6カ月後に3回目接種。
【ガーダシル】
接種方法:1回目接種終了後2カ月後に2回目接種。1回目接種終了後6カ月後に3回目接種。 
平成25年4月1日から定期予防接種になりました。
※「サーバリックス」と「ガーダシル」はいずれも子宮頸がんの予防効果があります。医療機関で相談し、接種できるワクチンを接種してください。
※1回目又は1、2回目を「サーバリックス」または「ガーダシル」で接種した後に、続きの接種を違うワクチンで行うことはできません。※筋肉注射特有の痛みによる失神等の副作用あり。接種後の移動の際には、保護者や医療従事者が腕を持つなどして付き添うようにしてください。
※このワクチンは、すべての発がん性ヒトパピロ-マウイルス(HPV)の感染を予防できるわけではありませんので、子宮頸がんを予防及び早期発見するためには、ワクチン接種後も定期的にがん検診を受けることが大切です。 

日本脳炎予防接種について

平成17年の積極的勧奨の差し控えにより、平成7年4月2日から平成19年4月1日に生まれたお子さんで1期・2期の接種を受けられなかったお子さんは、20歳未満の間までに日本脳炎の定期予防接種を受けることができます。なお、*平成25年度積極的勧奨者は、「定期接種について」の表のとおりです。

子宮頸がん予防ワクチンの接種を差し控えます

平成25年6月14日、第2回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会において、子宮頸がん予防ワクチン接種後の持続的な疼痛や副反応の発生頻度などが、より明らかになるまでの間、接種を差し控えるよう勧告がありました。
厚生労働省ホームページで、子宮頸がん予防ワクチンに関する情報をご案内しています。
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou28/

予防接種の接種間隔について

予防接種には、確実に免疫をつくるために接種間隔があります。 間隔を過ぎてしまうと任意接種になる場合がありますので注意してください。

長期にわたる疾患等のために定期予防接種を受けられなかった方

平成25年1月30日より、長期にわたり療養を必要とする疾病にかかったこと(特別な事情)により、定期の予防接種をうけられなかった方に予防接種の機会が確保されました。接種を希望される方は、主治医に相談し保健センターへご連絡ください。

保護者の里帰り先等で定期の予防接種を希望される方

埼玉県外での医療機関で、定期予防接種を希望される方は、保健センターへご連絡ください。(滑川町と医療機関との間で委託契約を行います)

予約方法

町指定医療機関に直接電話をして接種日の予約をしてください。

持ち物

接種する予防接種の予診票(当日、記入してきてください。)
母子健康手帳、健康保険証
なお、予防接種の予診票がお手元にない方は滑川町保健センターへご連絡ください。

高齢者のインフルエンザ予防接種について

対象者

1 滑川町に住所があり、接種時に65歳以上の方(65歳の誕生日の前日から接種の対象となります)
2 滑川町に住所があり、60歳以上64歳以下で心臓、腎臓、呼吸器、の機能に障害があり、日常生活が極度に制限されている方や、ヒト免疫不全ウィルスにより免疫の機能に障害があり日常生活が困難な方

実施期間

1比企管内の医療機関で接種される場合
(比企管内:滑川町・東松山市・嵐山町・小川町・吉見町・川島町・ときがわ町・鳩山町・東秩父村)
平成25年10月20日(日)〜平成26年1月31日(金)
 2 比企管外の医療機関で接種される場合(埼玉県内に限る)
   平成25年10月20日(日)〜平成25年12月25日(水)
◎昭和23年12月27日生まれから昭和24年1月31日生まれの方は比企管内医療機関のみの接種となります。

接種回数

1回
※2回目は、任意接種(全額自己負担)となります。

自己負担金

1,000円
生活保護を受けている方は無料です。受給証を医療機関に提示してください。

その他

健康保険被保険者証・後期高齢者被保険者証どちらかを医療機関に提示してください。

高齢者の肺炎球菌予防接種費用の一部を助成します

対象者

滑川町に住所があり、接種日において70歳以上の方で肺炎球菌ワクチンを始めて接種、又は前回の接種から5年以上経過した方。
 ※70歳になる前に接種した場合は、助成の対象になりません。
 ※前回の接種から5年を経過しない場合は助成の対象となりません。

実施期間

平成25年4月1日〜平成26年3月31日
※平成26年4月1日以降は未定ですが、継続して実施する予定です。

助成額

接種費用のうち3,000円
※生活保護受給者は全額助成

接種方法

医療機関に予約のうえ直接受診してください。
※接種料金は医療機関により異なります。

申請方法

医療機関で接種し、接種料金を支払った後
1 肺炎球菌ワクチン予防接種費用助成金交付申請書
2 肺炎球菌ワクチン接種済証または医療機関で発行する医療費明細書
3 印カン
以上1〜3を保健センターへ持参してください。
※生活保護受給者の方は受給者証の写しも添付

申請期間

平成25年4月1日〜平成26年4月30日まで
※平成26年3月31日までに接種をした方が対象です。

支払方法

申請書を受理・審査した後、本人の指定口座へ振り込みます。

大人の風しんワクチン接種費用の一部を助成します

対象者

滑川町に住所があり、接種日において次のいずれかに該当する方。
1. 19歳から49歳の女性
2. 妊娠をしている女性の夫
 ※注意事項
 妊娠している方は接種できません。
 接種後、2カ月間は妊娠を避けることが必要です。

助成額

接種費用のうち3,000円(1回限り)

申請期間

平成25年7月1日から

接種期間

平成25年4月1日〜平成26年3月31日
本年4月1日以降に接種された方は助成の対象となります。

申請方法

医療機関でワクチンを接種し、接種料金を支払った後に保健センターへ申請。本人名義の指定口座に助成金を振り込みます。
1 申請書(保健センターにあります)
2 風しんワクチンを受けたことが証明できるもの(領収書・風しんワクチン接種済証の原本)
3  振込先銀行口座がわかるもの(通帳等)
4  印鑑(認印で申請できますが、スタンプ式の印鑑は使用できません)
5  妊娠している女性の夫の場合は母子健康手帳を持参。

医薬品副作用被害救済制度について 

医薬品は、人の健康の保持増進に欠かせないものですが、その使用にあたって万全の注意を払ってもなお副作用の発生を防止できない場合があります。
 医薬品を適正に使用したにもかかわらず副作用による健康被害(入院を必要とする程度の疾病又は障害、死亡)が発生した場合に、医療費、医療手当、障害年金、障害児療育年金、遺族年金、遺族一時金及び葬祭料の諸給付を行い、これにより健康被害の救済を図ろうとするのが、この救済制度です。
 例えば、定期の予防接種の健康被害は町・国が救済しますが、不定期の予防接種の場合は「医薬品副作用被害救済制度」で救済となります。

問合せ先

独立行政法人医薬品医療機器総合機構
〒100-0013 東京都千代田区霞が関3-3-2
新霞が関ビル9階 TEL 03-3506-9411(ダイヤルイン)

予防接種についての問い合わせ先 

予防接種の接種方法・間隔・質問・相談等、又は副反応があった場合は、滑川町保健センターへご連絡ください。
  連絡先:滑川町保健センター
  電話番号:0493-56-5330

お問い合わせ
保健センター
電話:0493-56-5330