トップページ | 町民の方へ | 福祉について | 高齢者向けの主な福祉・保健サービス | 一人暮らしや身体の弱い方のために(在宅の方)

一人暮らしや身体の弱い方のために(在宅の方)

サービス名 対象者 サービスの内容 窓口
緊急通報装置の設置 町内に住所を有し、緊急時の対応が困難と認められる方で、次の要件のいずれかに該当する方。
○同一敷地内に親族がいない65歳以上のひとり暮らしの方で、身体上の慢性疾患等により日常生活上注意を要する状態にある方
○同一敷地内に親族がいない65歳以上の方のみで構成される世帯にある方で、どちらか一方がねたきり又は認知症の状態若しくはこれに準ずる状態にあり、他方が身体上の慢性疾患により日常生活上注意を要する状態にある方
○同居の親族の就労等により前2項に掲げる方に準ずる状態にある方
緊急時に比企広域消防本部へ直接連絡できるように、緊急通報装置を自宅の電話機に無料で設置します。
ただし、通話料は利用者負担となります。また、住民税課税世帯の方は、機器の使用料も負担していただきます。
高齢者福祉担当
電話番号
56−2211
(内線264)
福祉タクシー
利用料金の助成
身体障害者手帳1〜3級の方、
療育手帳まるA〜Bの方
重度心身障害者の日常生活の便利を図り、その福祉を増進することを目的として福祉タクシー利用券を交付します。
※埼玉県内のタクシー会社であればどこでも利用できます。
福祉担当
電話番号
56−2056
配食サービス 65歳以上の一人暮らし老人等で希望される方
(社協会員であること)他に条件有り
作りたての弁当を配送ボランティアが自宅まで届けます。
週6回コース(月〜土)
費用 1食300円
社会福祉協議会
電話番号
56−6345
福祉機器の貸出し 町内在住者
(社協会員であること)
車イス(27台)を貸出します。
在宅介護に限り2ヶ月を限度とする(延長は要相談)又、介護保険利用者はご相談ください
社会福祉協議会
電話番号
56−6345
ふれあい活動 65歳以上の一人暮らし老人等で希望される方 ふれあい推進員による日常の安否確認 社会福祉協議会
電話番号
56−6345
ふれあい
いきいきサロン
町内在住高齢者
概ね70歳以上
寝たきりや認知症、閉じこもりを予防し、老後をいきいきと暮らすために、ゲームや歌、いきいき体操等を通して、生きがいづくりや仲間づくりの場所を提供する。
又、介護予防事業として保健師による血圧測定、健康運動指導士による健康運動を取り入れ実施します。
社会福祉協議会
電話番号
56−6345
生活支援ヘルパー
派遣事業
町内に住所を有し、日常生活を送るうえで何らかの支障がある方。 1.生活援助
外出時の援助、食事・食材の確保、寝具類等の洗濯・日干し、家屋内の整理・整頓、その他必要な生活援助。
利用料1時間1,500円(社協会員)
2,080円(非会員)
2.身体介助
外出時の介助、食事介助、入浴介助、排泄介助、衣類着脱、身体の清拭、その他必要な身体介助
利用料30分1,500円(社協会員)
2,310円(非会員)
社会福祉協議会
電話番号
56−6345