トップページ | 町民の方へ | 福祉について | 障害福祉サービス

障害福祉サービス

障害者総合支援法について

 平成25年4月1日、障害障害者自立支援法が障害者総合支援法に名称変更され、身体・知的・精神・難病者等の障害種別に関係なく共通の制度の中で、サービスを利用することができるようになりました。

介護給付

サービスの名称 サービスの概要
訪問系 居宅介護
(ホームヘルプ)
自宅で、入浴、排せつ、食事や家事の援助を行います。
重度訪問介護 重度の肢体不自由・重度の知的障害・重度の精神障害により行動上著しい困難を有する障害者であって、常に介護を必要とする人に、自宅で、入浴、排せつ、食事の介護や家事の援助を行います。また、その他の生活全般にわたる援助や外出支援を総合的に行います。
同行援護 視覚障害により、移動の著しい困難を有する障害者に対し、外出時等に同行し、移動に必要な情報を提供するとともに、移動の援護等の支援を行います。
行動援護 行動上著しい困難があり常に介護を有する人が外出する際に、危険を回避するために必要な援護や移動中の支援を行います。 
重度障害者等
包括支援
介護の必要性がとても高い人に、居宅介護や重度訪問介護等複数のサービスを包括的に行います。
短期入所
(ショートステイ)
自宅で介護する人が病気などの場合、短期間、施設で入浴、排せつ、食事の介護等必要な支援を行います。
日中介護 療養介護 医療と常に介護を必要とする人に、医療機関で、療養上の管理、看護、介護および日常生活の支援を行います。
生活介護 常に介護を必要とする人に、昼間、障害者支援施設にて、入浴、排せつ、食事や家事の介護等を行うとともに、創作活動などの機会を提供します。
居住系 施設入所支援 施設に入所する人に、入浴、排せつ、食事等の介護など日常生活の援助を行います。

訓練等給付

サービスの名称 サービスの概要
日中活動系 自立訓練
(機能訓練・生活訓練)
障害者施設または障害福祉サービス事業所において、一定期間、自立して日常生活を営むため必要な生活能力の維持や向上等の訓練を行います。
就労移行支援 就労を希望する人に、一定期間、生産活動や職場体験等の必要な知識及び能力の向上のために訓練を行います。また、求人活動に関する支援や就職後における職場への定着のための支援を行います。
就労継続支援 通常の事業所で働くことが困難な人煮、就労の機会の提供や生産活動その他の活動の機会の提供、必要な知識や能力の向上のために訓練を行います。
居住系 共同生活援助 地域で共同生活を営む人に、住居における相談や日常生活の援助を行います。

地域相談支援

サービスの名称 サービスの概要
地域相談支援  地域移行支援 障害者施設や矯正施設、精神科病院に入院している障害者につき、住居の確保その他の地域における生活に移行するための活動に関する相談を行います。
地域定着支援  居宅において単身等で生活する障害者につき、常時の連絡体制を確保し、障害の特性に起因して生じた緊急の事態等に相談その他必要な支援を行います。

児童通所支援(H24.4.1より児童福祉法となりました)

サービスの名称   サービスの概要
 児童発達支援  自宅で、入浴、排せつ、食事や家事の援助を行います。
 医療型児童発達支援  重度の肢体不自由で常に介護を必要とする人に、自宅で、入浴、排せつ、食事の介護や家事の援助を行います。また、その他の生活全般にわたる援助や外出支援を総合的に行います。
 放課後等デイサービス 視覚障害により、移動の著しい困難を有する障害者に対し、外出時等に同行し、移動に必要な情報を提供するとともに、移動の援護等の支援を行います。 
 保育所等訪問支援 行動上著しい困難があり常に介護を有する人が外出する際に、危険を回避するために必要な援護や移動中の支援を行います。 

移動入浴サービス

 家庭で入浴することが困難な障害者の方に対して、移動浴そう車が出向き、入浴サービスを行います。

対象者 家庭での入浴が困難な身体障害者の方。
サービスの内容 移動浴そう車が対象者宅へ出向き、お部屋まで浴槽を運び入浴させます。
利用回数 月3回
費用 生活保護世帯及び非課税世帯 無料
課税世帯 500円/回

補装具の交付及び修理

 身体に障害のある方に、その障害を補うための用具(補装具)の交付と修理を行っています。

対象者 身体障害者手帳を持っている方で、手帳の障害にかかわる補装具の交付又は修理の必要な方。
補装具の種類(例) 視覚障害 盲人安全つえ・眼鏡・義眼
聴覚障害 補聴器
肢体不自由 重度障害者用意思伝達装置・義肢・装具・車いす・
歩行器・歩行補助つえ・座位保持装置
費用 本人又は扶養義務者の課税状況により、自己負担金があります。

身体障害者日常生活用具の給付

在宅の重度の障害者(児)に対し、日常生活に必要な用具を給付します。

日常生活用具の種類

介護・訓練支援用具 特殊寝台、特殊マット、移動用リフト、訓練いす 他
自立生活支援用具 入浴補助用具、T字状・棒状つえ、移動・移乗支援用具、
聴覚障害者用屋内信号装置 他
在宅療養等支援用具 透析液加温器、ネブライザー、電気式たん吸引器 他
情報・意思疎通支援用具 携帯用会話補助装置、情報・通信支援用具、人工喉頭 他
排せつ管理支援用具 ストマ装具、収尿器 他
住宅改修費 居宅生活動作補助用具

費用

本人又は扶養義務者の課税状況により、自己負担金があります。

自立支援医療(更生医療)

 18歳以上の身体障害者手帳を所持している方で、日常生活上の便宜を増すため障害の程度を軽減したり、機能を回復することができるような医療を指定自立支援医療機関で受けられます。

対象者 身体障害者手帳を所持している18歳以上の方
内容 指定医療機関による診察・治療・手術(角膜手術・関節形成手術・血液透析療法・心臓手術等)
ただし、この制度を利用するときは、埼玉県総合リハビリテーションセンターの判定が必要となります。なお、世帯の所得額により一部負担があります。
申請手続きに
必要なもの
身体障害者手帳・医師の意見書・保険証
所得状況が確認できる資料
印鑑

自立支援医療(育成医療)

18歳未満の方で、確実な治療効果を期待できるような手術等を指定医療機関で受けられます。

対象者  18歳未満の方で、以下のような障害・疾患のある方
・(肢体不自由によるもの)内反足、尖足奇形、側弯症など
・(視覚障害によるもの)内斜視、白内障、角膜白斑など
・(聴覚・平衡機能障害によるもの)内耳奇形、慢性中耳炎など
・(音声・言語・咀嚼機能障害によるもの)口蓋裂、口唇裂など
・(心臓機能障害によるもの)心室中隔欠損、ファロー四徴症など
・(腎臓機能障害によるもの)慢性腎不全、人工透析など
・(小腸機能障害によるもの)食道閉鎖、臍帯ヘルニア、肛門閉鎖など
・(肝臓機能障害によるもの)胆道閉鎖症、肝硬変など
・(その他内臓機能障害によるもの)小腸軸捻転、巨大結腸症など
・(ヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能障害によるもの)抗HIV治療法など 
内容  指定医療機関で必要な医療給付を行います。
世帯の所得額により一部負担があります。 
申請手続きに
必要なもの
 
医師の意見書・保険証
所得状況が確認できる資料
印鑑 

障害児福祉手当

対象者 20歳未満であって、一定の障害状態にある身体障害者手帳の1級及び2級の一部の方、療育手帳丸A相当の方、並びに常時介護を要する精神障害者その他これと同程度の方。ただし、障害を支給事由とする年金を受給している方及び施設に入所中の方は除きます。

特別障害者手当

対象者 20歳以上であって、精神又は身体の重度の障害により日常生活において常時特別の介護を要する状態にある方(障害年金1級程度の障害が重複する方及びそれと同程度以上と認められる方)
ただし、施設に入所中の方及び継続して3ヶ月をこえて病院等に入院している方は除きます。

在宅重度心身障害者手当

 在宅の重度心身障害者の経済的、精神的負担の軽減を図ることを目的として支給する手当です。

対象者 次の1~7のすべてに該当する方
  1. 滑川町に住所を有する方
  2. 身体障害者手帳1級・2級及び療育手帳A・A及び精神障害者保健福祉手帳1級の所持者
  3. 超重症心身障害児
  4. 施設に入所していない方
  5. 特別障害者手当、障害児福祉手当、経過措置による福祉手当を受給していない方(一部除く。)
  6. 65歳未満の方
  7. 住民税非課税の方
手当の支給 3月、9月に当月分までを支給
手当の額 月額 5,000円
申請手続きに
必要なもの
  • 印鑑
  • 身体障害者・療育・精神障害者保健福祉手帳
  • 預金口座

福祉タクシー利用料金の助成

 重度心身障害者の日常生活の利便を図り、その福祉を増進することを目的として福祉タクシー利用券を交付します。

対象者 身体障害者手帳1~3級の方
療育手帳A~Bの方
内容 タクシーを利用した場合、福祉タクシー券により初乗り料金相当額を助成します。(年間36枚のタクシー券)※自動車燃料費助成との選択制です。埼玉県タクシー協会加入のタクシーのみ利用可
手続きに
必要なもの
身体障害者手帳又は療育手帳・印鑑

自動車燃料費の助成

 重度心身障害者の日常生活の利便を図り、その福祉を増進することを目的として自動車燃料費の一部を助成します。

対象者 対象者身体障害者手帳1~3級を所持している方
療育手帳A~Bを所持している方
内容 上記障害をお持ちの本人またはその介護者に対して燃料費を助成します。
1ℓあたり60円、1ヶ月30ℓ(1,800円)を上限とします。
※福祉タクシー利用料金助成との選択制です。併給はできません。
手続きに
必要なもの
身体障害者手帳又は療育手帳・印鑑・利用される車の車検証のコピー

生活サポート事業

障害により日常生活や社会生活にお困りの方に町に登録している事業所で、一時的な介護サービスを提供します。

対象者 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方
利用料 500円(1時間あたり)
(ただし、事業所により送迎料、ガソリン代など別途必要とする場合有。
利用時間 年間150時間まで

生活サポート登録団体名

平成29年3月現在

団体名 住 所  電話・FAX  サービスの内容 
1 ファミリーサポートセンター昴  東松山市松葉町2-17-43 0493-25-3353(電話)
0493-25-3732(FAX)
 (○)一時預かり
(○)宿泊サービス
(○)外出援助サービス
(○) 派遣による介護サービス
(○)送迎サービス
( )その他
2 ラベンダー  東松山市東平2079-3 0493-39-5012(電話)
0493-39-3099(FAX) 
( )一時預かり
( )宿泊サービス
(○)外出援助サービス
( )派遣による介護サービス
(○)送迎サービス
( )その他 
3 生活サポートわかば 嵐山町平沢578-2  0493-62-2112
(電話・FAXとも同じ) 
( )一時預かり
( )宿泊サービス
(○)外出援助サービス
(○)派遣による介護サービス
(○)送迎サービス
( )その他 
4 障害者生活支援ネットワーク
YOUゆう
熊谷市石原876-10  048-589-1079
(電話・FAXとも同じ)
090-8058-3003(携帯) 
(○)一時預かり
( )宿泊サービス
(○)外出援助サービス
(○)派遣による介護サービス
(○)送迎サービス
( )その他 
5 レスパイト・ノア  熊谷市筑波1丁目88 048-524-3567(電話)  (○)一時預かり
( )宿泊サービス
(○)外出援助サービス
(○)派遣による介護サービス
(○)送迎サービス
(○)その他 
6 生活支援サービスのぞみ
深谷営業所
深谷市長在家2659-1  048-577-5318(電話)
048-577-5349(FAX)
(○)一時預かり
( )宿泊サービス
(○)外出援助サービス
(○)派遣による介護サービス
(○)送迎サービス
( )その他 
7  サポートなめがわ 滑川町大字月輪391-3  0493-62-1322(電話)  ( )一時預かり
( )宿泊サービス
(○)外出援助サービス
( )派遣による介護サービス
(○)送迎サービス
( )その他 
ヘルパーステーション コアラ  東松山市大字早俣1-1  0493-81-3914(電話)
0493-35-3631(FAX) 
(○)一時預かり
( )宿泊サービス
(○)外出援助サービス
(○)派遣による介護サービス
( )送迎サービス
( )その他  
喜和 東松山市日吉町3-8  0493-81-5731(電話)
0493-35-3631(FAX) 
( )一時預かり
( )宿泊サービス
(○)外出援助サービス
(○)派遣による介護サービス
(○)送迎サービス
( )その他  
10  ケアサポートまこと  東松山市新明町2-8-17  0493-59-8407(電話)  ( )一時預かり
( )宿泊サービス
(○)外出援助サービス
( )派遣による介護サービス
(○)送迎サービス
( )その他  
11  あゆみ福祉会 鶴ヶ島市藤金685-1  049-298-7027(電話)
049-227-3406(FAX) 
( )一時預かり
( )宿泊サービス
(○)外出援助サービス
(○)派遣による介護サービス
(○)送迎サービス
( )その他  

重度心身障害者医療費の助成

 下記の方が病院等で診療を受けた場合、各種医療保険制度による医療費の一部負担金(付加給付、高額医療費、生活療養費を除く)について助成します。

対象者 身体障害者手帳1~3級の方
療育手帳A~Bの方
精神障害者保健福祉手帳1級の方
65歳以上で一定以上の障害があり、埼玉県後期高齢者広域連合の認定を受けている方
手続きに必要なもの
  • 印鑑
  • 保険証
  • 口座番号
  • 身体障害者手帳又は、療育手帳

お問い合わせ
健康福祉課 福祉担当
電話:0493-56-2056