トップページ | 町民の方へ | 福祉について | 障害福祉 | 障害者医療

障害者医療

自立支援医療(更生医療)

 18歳以上の身体障害者手帳を所持している方で、日常生活上の便宜を増すため障害の程度を軽減したり、機能を回復することができるような医療を指定自立支援医療機関で受けられます。

対象者 身体障害者手帳を所持している18歳以上の方
内容 指定医療機関による診察・治療・手術(角膜手術・関節形成手術・血液透析療法・心臓手術等)
ただし、この制度を利用するときは、埼玉県総合リハビリテーションセンターの判定が必要となります。なお、世帯の所得額により一部負担があります。
申請手続きに
必要なもの
身体障害者手帳・医師の意見書・保険証
所得状況が確認できる資料
印鑑

自立支援医療(育成医療)

18歳未満の方で、確実な治療効果を期待できるような手術等を指定医療機関で受けられます。

対象者  18歳未満の方で、以下のような障害・疾患のある方
・(肢体不自由によるもの)内反足、尖足奇形、側弯症など
・(視覚障害によるもの)内斜視、白内障、角膜白斑など
・(聴覚・平衡機能障害によるもの)内耳奇形、慢性中耳炎など
・(音声・言語・咀嚼機能障害によるもの)口蓋裂、口唇裂など
・(心臓機能障害によるもの)心室中隔欠損、ファロー四徴症など
・(腎臓機能障害によるもの)慢性腎不全、人工透析など
・(小腸機能障害によるもの)食道閉鎖、臍帯ヘルニア、肛門閉鎖など
・(肝臓機能障害によるもの)胆道閉鎖症、肝硬変など
・(その他内臓機能障害によるもの)小腸軸捻転、巨大結腸症など
・(ヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能障害によるもの)抗HIV治療法など 
内容  指定医療機関で必要な医療給付を行います。
世帯の所得額により一部負担があります。 
申請手続きに
必要なもの
 
医師の意見書・保険証
所得状況が確認できる資料
印鑑 

重度心身障害者医療費の助成

 下記の方が病院等で診療を受けた場合、各種医療保険制度による医療費の一部負担金(付加給付、高額医療費、生活療養費を除く)について助成します。

対象者 65歳未満で、重度心身障害者となった次に該当する方
●身体障害者手帳1~3級の方
●療育手帳A~Bの方
●精神障害者保健福祉手帳1級の方
●一定以上の障害があり、埼玉県後期高齢者広域連合の認定を受けている方
手続きに必要なもの
  • 印鑑
  • ご本人の健康保険証
  • 預金口座
  • 障害者手帳

お問い合わせ
健康福祉課 福祉担当
電話:0493-56-2056