トップページ | 滑川町民の歌

滑川町民の歌

滑川町歌

田口ゆたか作詞/岩瀬ひろし補作詞
松尾健司作曲・編曲

歌/岡本敦郎 コロムビア・オーケストラ

一、 光みなぎる 森林広場
はずむ小鳥の 歌がある
明るい郷よ 希望の郷よ
ああ 滑川の 滑川の
かがやく朝が 晴れわたる
  二、 武蔵丘陵 ゆたかな自然
みのる稲穂に 風そよぐ
平和の郷よ 歴史の郷よ
ああ 滑川の 滑川の
のびゆく道が 呼びかける
  三、 土の香りが あふれる汗が
若い産業 盛りあげる
力の郷よ ロマンの郷よ
ああ 滑川の 滑川の
栄えるあすに 花も咲く

滑川町歌を聴く(MP3形式/5.25MB)

滑川音頭

岩瀬ひろし作詞
松尾健司作曲・編曲

一、 ハアー
花とみどりの 晴着をきせて
森林公園 誰を待つ
恵み豊かな 平和の郷に
夢とロマンの 歌がわく
なんなん なめがわ よいところ
みんな輪になれ 丸くなれ
ソレ 丸くなれ
  二、 桑を摘む娘の 笑顔にほれて
旅のつばめも 宙がえり
光る田面を うるおす水は
小沼大沼 超えてくる
  三、 釣りをしようか ゴルフをしよか
あすはうれしい コミュニティー
栗をほめたら キノコがすねた
すねて身をもむ 市の川
四、 情 滑川 思い出のせて
行くは東武か 関越か
伸びて栄える 工業団地
夢と文化の 背比べ
  五、 帯をしめなわ はらみの松の
昔なつかし 伊古神社
昨日仙福 今日慶徳寺
合わす両手に 落葉散る
  六、 古代遺跡に 歴史をしのび
めぐる山すそ 西東
比企の山なみ 日の暮れ頃は
丘のホームの 灯が招く
七、 川の流れは またゆるやかに
人の心は なめらかに
さあさなめがわ おもいはひとつ
みんなしあわせ 町づくり
  (五・六番は歌われておりません)

滑川音頭を聴く(MP3形式/7.20MB)