トップページ | 組織から探す | 「部落差別の解消の推進に関する法律」が施行されました

「部落差別の解消の推進に関する法律」が施行されました

 「部落差別の解消の推進に関する法律」(平成28年法律第109号)が、平成28年12月16日から施行されました。
 この法律は、現在もなお部落差別が存在するとともに、情報化の進展に伴って部落差別に関する状況に変化が生じていることを踏まえ、すべての国民に基本的人権の享有を保障する日本国憲法の理念にのっとり、部落差別の解消を推進し、部落差別のない社会を実現することを目的としています。
 部落差別を解消する必要性について、一人一人が理解を深め、部落差別のない社会を実現しましょう。

参考

法務局ホームページ <外部リンク>

お問い合わせ
総務政策課 人権・自治振興担当
電話:0493-56-6912