平成27年第199回滑川町議会定例会(第1号)

              平成27年第199回滑川町議会定例会 平成27年11月30日(月曜日)         議 事 日 程 (第1号)    開会及び開議の宣告                                   1 会議録署名議員の指名                                  2 会期の決定                                       3 諸般の報告                                       4 行政報告                                        5 常任委員会所管事務調査報告                               6 議案第69号 滑川町非核平和都市宣言の制定について                   7 議案第70号 滑川町議会の議決すべき事件を定める条例の一部を改正する条例の制定につい           て                                    8 議案第71号 滑川町人事行政の運営等の状況の公表に関する条例の一部を改正する条例の制           定について                                9 議案第72号 滑川町職員の勤務時間、休日及び休暇に関する条例の一部を改正する条例の制           定について                               10 議案第73号 滑川町行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法           律に基づく個人番号の利用及び特定個人情報の提供に関する条例の制定につい           て                                   11 議案第74号 滑川町税条例の一部を改正する条例の制定について             12 議案第75号 滑川町国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定について       13 議案第76号 滑川町指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準を定           める条例の一部を改正する条例の制定について               14 議案第77号 滑川町指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員、設備及び運営並びに指           定地域密着型介護予防サービスに係る介護予防のための効果的な支援の方法に           関する基準を定める条例の一部を改正する条例の制定について        15 議案第78号 平成27年度滑川町一般会計補正予算(第3号)の議定について       16 議案第79号 平成27年度滑川町後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)の議定につい           て                                   17 議案第80号 平成27年度滑川町下水道事業特別会計補正予算(第3号)の議定について  18 議案第81号 平成27年度滑川町農業集落排水事業特別会計補正予算(第3号)の議定につ           いて                                  19 議案第82号 平成27年度滑川町浄化槽事業特別会計補正予算(第3号)の議定について  20 議案第83号 平成27年度滑川町水道事業会計補正予算(第3号)の議定について     21 議案第84号 町道路線の廃止について                         22 議案第85号 町道路線の認定について                         出席議員(13名)    1番  高  坂  清  二  議員      2番  北  堀  一  廣  議員    3番  石  川  正  明  議員      5番  井  上  奈 保 子  議員    6番  田  幡  宇  市  議員      7番  森  田  泰  雄  議員    8番  菅  間  孝  夫  議員      9番  宮  島  一  夫  議員   11番  阿  部  弘  明  議員     12番  松  本  幾  雄  議員   13番  瀬  上  邦  久  議員     14番  上  野     廣  議員   15番  長 谷 川  元  夫  議員 欠席議員(1名)   10番  吉  田  文  夫  議員
地方自治法第121条の規定により説明のため出席した人      町       長    吉   田       昇      副   町   長    柳       克   実      教   育   長    小   澤   正   司      総 務 政 策 課 長    吉   野   正   和      税  務 課  長    赤   沼   正   副      会 計 管 理 者 兼    武   井   宏   晃      会  計 課  長      健 康 福 祉 課 長    大   塚   信   一      町 民 保 険 課 長    石   川   光   男      健 康 づ く り課長    堀   口   幸   男      環  境 課  長    横   田   一   己      産 業 振 興 課長兼    吉   田       浩      農業委員会事務局長      建  設 課  長    赤   沼       裕      教育委員会事務局長    森   田   耕   司      水  道 課  長    高   坂   省   吾
本会議に出席した事務局職員      議 会 事 務 局 長    笠   原       直      書       記    今   井   茂   子      録       音    服   部   進   也

    開会及び開議の宣告
議長(長谷川元夫議員) 皆さん、おはようございます。議員各位には大変ご多用のところ、第199回滑川町議会定例会にご参集いただきまして、まことにありがとうございます。
  欠席届、10番、吉田文夫議員。吉田文夫議員でございますけれども、順調に回復に向かっているという報告を受けております。
  ただいまの出席議員は13名であります。定足数に達しておりますので、ただいまから第199回滑川町議会定例会を開会します。
  本日の会議は、議事の都合により、特に午前9時に繰り上げて開くことにいたしました。
  これより本日の会議を開きます。
                                   (午前 9時00分)
                                           
    会議録署名議員の指名
議長(長谷川元夫議員) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
  会議規則第125条の規定によりまして、議長において指名をいたします。
   12番  松 本 幾 雄 議員
   13番  瀬 上 邦 久 議員
   14番  上 野   廣 議員
  以上、3名の方にお願いをいたします。
                                           
    会期の決定
議長(長谷川元夫議員) 日程第2、会期の決定を議題といたします。
  本件につきましては、議会運営委員会でご審議いただいておりますので、議会運営委員会委員長に報告をお願いします。
  議会運営委員会、上野廣委員長、お願いいたします。
          〔議会運営委員長 上野 廣議員登壇〕
議会運営委員長(上野 廣議員) 皆さん、おはようございます。14番、上野廣です。議長の命によりまして、議会運営委員会の報告を申し上げます。
  本定例会の運営にかかわる議会運営委員会は、去る11月24日午前9時より開催いたしました。出席者は、議長を初め議会運営委員会委員6名、執行部より町長、副町長、総務政策課長にご出席をいただき、付議されます案件等について詳細な説明を受け、慎重に審議いたしました。
  その結果、会期は本日より12月8日までの9日間とし、本日は諸般の報告、行政報告、常任委員会所管事務調査報告、全議案の一括上程、説明を行い、午後、全員協議会を開催いたします。
  12月1日は、午前10時から一般質問を行います。2日、3日は、午前10時より議案審議を行います。4日から7日までは休会といたします。8日は、午前10時より議案審議を行いまして、全議案審議、全日程終了次第、閉会とすることと決定いたしました。
  なお、会期日程につきましては、お手元に配付した会期予定表のとおりでございます。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。
  以上をもちまして議会運営委員会の報告といたします。
議長(長谷川元夫議員) ありがとうございました。
  ただいまの議会運営委員会委員長の報告のとおり、本日から12月8日までの9日間として会期を決することにご異議ありませんか。
          〔「異議なし」と言う人あり〕
議長(長谷川元夫議員) 異議なしと認めます。
  よって、委員長の報告のとおり、会期は本日から12月8日までの9日間に決定をしました。
                                           
    諸般の報告
議長(長谷川元夫議員) 日程第3、諸般の報告を行います。
  議長より報告をさせていただきます。
  初めに、本定例会の会期予定、議事日程及び議案等につきましては、お手元に配付をしておきましたので、ご了承願います。
  次に、本職宛て提出のありました陳情第6号 消費税率引上げ中止の意見書提出求める陳情書の写しをお手元に配付しておきましたので、ご了承願います。
  次に、監査委員から平成27年8月分、9月分、10月分の例月出納検査の結果報告がありました。報告書は、事務局に保管してありますので、随時閲覧願います。
  次に、閉会中に議長が出席しました会議、研修等につきましては、報告書を配付してございますが、この場において幾つかをご報告させていただきます。
  9月定例会後でありますが、この秋は町の内外において行事その他が大変多くございました。副議長にも代理出席等、大変ありがとうございました。
  また、この間各常任委員会においては、所管事務調査、協議会等々、活発に活動いただきまして大変ご苦労さまでございました。
  本人出席の会議等でありますが、まず9月30日、退職議員会の皆さんの健康づくり事業の一つであるマレットゴルフ大会に会員の一人として参加をいたしました。ふだんから練習をしている先輩にはとても歯が立ちませんでした。12月15日には我々現職との交流試合も予定されていますので、ぜひともリベンジをしたいと思っております。
  熊谷市誕生10周年、小川町合併60周年、ときがわ町合併10周年の記念式典が10月1日、10日、24日にそれぞれ開催され、町長とともに参加をさせていただきました。
  10月22日、千葉県東庄町との災害時相互応援協定調印式には議員全員の参加をいただきまして、大変心強く感じた次第であります。
  11月9日には、第5次総合振興計画審議会が行われ、町長への答申をいたしました。本定例会において議案として追加上程される予定であります。議会としての審議を尽くしていただきたいと考えます。
  最後に、11月11日、第59回町村議会議長会全国大会が東京NHKホールで行われ、地方交付税の堅持など、国に対するさまざまな要望などが上程され、決議をいたしました。
  以上、報告とさせていただきます。
  続いて、小川地区衛生組合議会の報告を宮島一夫議員、お願いいたします。
          〔9番 宮島一夫議員登壇〕
9番(宮島一夫議員) 皆さん、おはようございます。小川町衛生組合議会報告をいたします。
  小川町衛生組合では、11月6日、臨時議会が開催されました。議題は、空席になっておりました議長、副議長の選出であります。慣例に倣いまして、議長は小川町議長の根岸成美氏、副議長は嵐山町議長の大野敏行氏が選出されました。
  以上、報告を終わります。
議長(長谷川元夫議員) これで諸般の報告を終わります。
                                           
    行政報告
議長(長谷川元夫議員) 日程第4、行政報告を行います。
  吉田昇町長より行政報告をお願いいたします。
          〔町長 吉田 昇登壇〕
町長(吉田 昇) 皆さん、おはようございます。議長のお許しをいただきましたので、定例会の開会に当たりまして、ご挨拶と一般行政報告を申し上げます。
  まず最初に、本定例会の初日、本日でございますが、1時間時間を早く招集をさせていただきました。これも私の都合によるものでございまして、議員各位にはご理解をいただきましたことに心から感謝を申し上げます。
  本日は、第199回滑川町議会定例会を招集させていただきましたところ、議員各位にはご健勝にてご出席を賜りまして、開会できますことに厚く御礼を申し上げます。
  なお、病気療養中の吉田文夫議員におかれましては、一日も早い回復を願い、心よりお見舞いを申し上げます。
  また、さきのフランスのテロ事件やロシアの航空機爆発事件では、何の罪もない方々が犠牲となったことは痛恨のきわみであります。心より哀悼の意を表します。
  さて、本定例会は平成27年度一般会計補正予算の議定を初め全17議案の重要案件の審議をお願いするものでございます。追加議案も提出をさせていただく予定でございます。慎重審議を賜りまして、原案どおり可決、決定いただきますようお願いいたします。
  ここで一般行政報告を申し上げます。マイナンバーの通知カードの発送でございますが、滑川町におきましては、11月22日から順次、各家庭に郵送を開始しております。現在まで大きな混乱もなく配布が進められております。総務省からも12月中には全ての郵送が終わる予定であると連絡が来ておるところでございます。
  きのうまでの2日間にわたって行われた婚活イベントのお見合い大作戦では、若い男女32名が集い、にぎやかに開催することができました。婚活支援員さんなどにもご協力をいただき、9組のカップルが誕生する等、将来の滑川町に希望が持てる大成功のイベントでございました。
  前の日に寄居の町長さんが参りまして、寄居では男女50人ずつ100人でやったそうでございますが、その中で9組というお話を聞きましたので、私も心配をしておったところでございますが、昨晩の終了の発表では9組という5割に近い数字が出たということで、大変喜んでおるところでございます。
  それから、9月9日の台風18号では、職員も初動体制をとり、関係機関と連絡を密にとり、対策に当たりました。特に羽平橋は橋桁まで水位が達したため、一時避難所を開設しました。ほかにも小規模な土砂崩れ、道路冠水などの被害が発生しましたが、幸いに人的被害はありませんでした。今後も台風を初めとした災害対策には、しっかりと意識を持って取り組んでまいる決意でございます。
  このような災害時のため、10月22日、千葉県の東庄町と災害時相互応援協定を締結をいたしました。これで、松島町、上市町、笠松町と合わせて4町と災害時の支援協定を締結したことになります。いつ起こるかわからない災害に際しての一つの備えが整ったものです。議員各位にも調印式にご同席をいただき、大変ありがとうございました。
  5年に1度の国勢調査が、10月1日を基準日に全国一斉に行われました。個人情報保護やプライバシーの関係もあり、79名の調査員の方々には大変にご苦労をおかけいたしましたが、無事に終了することができました。住みよいまちづくりのために、町民皆様にはご理解とご協力をいただき、まことにありがとうございました。人口の増加状況が気になるところですが、集計結果が発表になり次第、速やかに公表してまいります。
  本年度の新規採用職員の試験を9月から11月にかけて実施をいたしました。その結果、一般職5名、保健師1名、幼稚園教諭1名の計7名を内定したところでございます。将来の町を担う人材に大いに期待するところでございます。
  次に、毎年行われております秋のイベントでは、今年も多くの町民皆様のご協力をいただき、開催することができました。中でも10月11日の町民体育祭は、朝からの小雨で開催が危ぶまれましたが、午後には天候も回復し、大きな事故もなく開催することができました。
  また、恒例となっております社会福祉協議会主催の敬老会も10月14日から3日間にわたって開催いたしました。町内在住の75歳以上の方が元気に出席をされ、笑顔あふれ、和やかな雰囲気の中で開催できましたことを大変喜ばしく思っております。
  11月3日の滑川まつりは、昨年に引き続き、松島町のご協力をいただき、特に新鮮な海の幸が大好評で行列ができるなど、大盛会で開催することできました。議員各位にもご協力をいただき、まことにありがとうございました。
  スポーツ関係では、各種目で日ごろの練習の成果をいかんなく発揮され、すばらしい成績をおさめられております。特に滑川野球スポーツ少年団は、県大会で準優勝するなど、すばらしい成果を上げております。
  その他、教育関係につきましては、後ほど教育長より報告がございます。
  次に、表彰関係でございますが、議員各位の先輩である羽尾の小久保竹さんが地方自治功労として、元農業委員会長の宮島秀雄さんと議場におられます森田泰雄さんが産業功労として埼玉県知事表彰を受けられました。
  また、同じく議場におります井上奈保子さんと中尾の北堀春生さんが長年のボランティア活動の功績でシラコバト賞を受賞されました。
  さらに、町民の生命と財産を守る消防団員の家族として20年にわたり消防団活動を陰で支えてきた功績により、羽尾の須澤かず子さん、福田の小林和代さんに埼玉県知事より感謝状が贈られました。
  定例の町の表彰では、長年町政に功績のありました6名の方に、町の表彰条例に基づき、11月3日の滑川まつりの会場で表彰式を行わせていただきました。受賞者の皆様のさらなるご活躍をご期待申し上げます。
  これからの時期は、乾燥による火災や雪による災害が多く発生する季節を迎えます。また、年末年始に向けて、特別警戒も実施をされます。
  今後も心を引き締めて、職員が一丸となって、町民の生命と財産を守る安心安全なまちづくりに努めてまいります。
  以上、主なものだけでございますが、開会に当たっての挨拶と一般行政報告とさせていただきます。よろしくお願いいたします。
議長(長谷川元夫議員) 続いて、小澤教育長より行政報告をお願いいたします。
          〔教育長 小澤正司登壇〕
教育長(小澤正司) 皆さん、おはようございます。議長のお許しをいただきましたので、教育関係の報告を申し上げます。
  初めに、10月以降、各学校や幼稚園におきましては、幼稚園の運動会や中学校の合唱コンクール、彩の国教育の日にちなんだ各小中学校の学校公開等に取り組んでまいりました。それぞれの行事において、議員の皆様には大変ご多用の中、ご臨席をいただき、子どもたちへの温かい声がけや激励をいただきましたこと、心より御礼を申し上げます。
  また、そのほかにも各学校では、修学旅行や宿泊学習、音楽会、遠足、持久走大会など、大きな行事を実施してまいりました。全力で行事に取り組む子どもたちの姿から、日ごろの教育活動の成果の一端を見ることができました。
  ここへ来て日没が早くなり、交通事故の危険が増す時期となりました。交通安全指導を継続して行っておりますが、加えて宮前小学校、福田小学校では冬季日課を採用し、20分程度下校時刻を早める対応をとっております。
  また、去る11月24日に川島町内で発生しました強盗事案を受け、同日は即刻、教育委員会メールにて、同日夜の塾や習い事等の送迎、また25日朝の登校時の見守り活動、そして緊急時には迅速な110番通報の3点についてのお願いと、中学校では朝練習中止の連絡を保護者、教職員に送信しました。同時に、交通指導員の方々にもより丁寧な安全確認をお願いしたところでございます。
  おかげさまで、25日の登校時には、大勢の保護者、地域の方々に見守り活動にご協力をいただきました。感謝申し上げるとともに、学校、家庭、地域の連携によって子どもたちの安全と成長とが支えられていることを改めて痛感したところでございます。
  本年度は、県より防災教育を中心とした実践的安全教育総合支援事業の委嘱を受け、幼稚園、小中学校と高度利用者向け緊急地震速報端末を設置し、熊谷地方気象台の防災アドバイザーよりご指導いただきながら、緊急地震速報を活用したショート訓練等の実践に取り組んでいるところでございます。
  幼稚園では、継続的な防災教育の実践も評価され、平成27年度埼玉県学校安全努力校の表彰を受けることになりました。
  宮前小学校では、9月より南校舎に3年生2クラスが入り、ほかには少人数教室、多目的教室、英語活動教室などとして活用しております。その結果、本校舎も少人数指導のための教室の確保ができ、児童一人一人の指導、支援の充実をさらに図れるようになりました。また、今後見込まれる児童数増加に伴う教室不足にも対応可能となったところでございます。
  福田小学校では、来年度の比企地区小学校体育連盟の授業研究会に向け、学校課題研究で体育科の授業研究を進め、体育授業における言葉がけに焦点を当て、授業改善のための取り組みを続けているところでございます。
  月の輪小学校では、道徳教育の研究が3年目に入りました。特にことしは、挨拶運動、道徳だよりの発行など、家庭、地域との連携をさらに進化させることを重点に取り組んでおります。
  滑川中学校では、11月26日に西部地区道徳教育研究協議会が開催され、授業力の向上、人材育成の視点から、比企、入間地区の初任者から10年経験者程度の教員を対象に、3学年ともICT機器を活用した道徳の授業を公開しました。
  この間、生徒指導上の課題が何件かあり、各学校では、管理職を中心に組織的に、そして児童生徒、保護者に対し丁寧さを持って対応するとともに、引き続き管理職も含めた複数の教職員の目で学校生活での様子を見届けているところでございます。教育委員会としても、常に学校との連携を密に図りながら、対応に当たっているところでございます。
  それでは、教育関係全般について少しご報告させていただきます。
  初めに、学校教育関係ですが、本年度は滑川町教育振興基本計画の最終年度となり、その総括を意識して、確かな学力を育成する教育、豊かな心と健やかな体を育成する教育、質の高い学校教育等を柱にした教育活動を推進しております。
  また、小中連携推進委員会を立ち上げ、学力、道徳、体力、防災、特別支援教育等において、幼稚園も含めた連携を積極的に推進しております。
  「確かな学力の育成」に関しては、特に小学校算数で割合や小数倍についての理解が不十分である。各学校の授業研究に加え、学校教育担当もかかわりながら、教科書の問題を取り上げ、数直線の描き方と比例の考え方を示した画像資料の提供を行い、解答の見通しを持たせるために、数直線の指導に重点を置き、現在取り組んでおります。
  「豊かな心と健やかな体の育成」に関しては、小中学校生徒指導担当者会議や教育相談委員会の開催、スクールカウンセラーや教育相談員による町教育相談室での通常の相談活動、さらには小中学校に出向く巡回相談活動の継続等、町として小中の連携協力体制の整備を図り、小中のつながりを持った指導ができるように全力を挙げて取り組んでおります。
  さらに、警察、児童相談所などの関係諸機関とも連携を図り、積極的な生徒指導を展開し、生徒指導上の問題を未然に防ぐよう全力を挙げております。
  「質の高い学校教育」に関しては、学校教育担当、教育総務担当による学校訪問、授業参観、学校評価を充実させ、学校のミッション達成に向けての状況を把握してまいります。それを踏まえて各校での授業改善等、教育委員会としての支援や援助のあり方を検討してまいりたいと考えます。
  次に、来年度小学校に入学する児童の健康診断を10月7日に月の輪小学校、14日に宮前小学校、30日に福田小学校で実施いたしました。
  来年度の入学予定者は、宮前小学校77名、福田小学校31名、月の輪小学校85名、合わせて193名、ほかに区域外就学5名、私立小学校3名の見込みでございます。この就学時健診にあわせて、ことしも親の学習講座を開催し、親の役割、家庭の役割等の重要性について、保護者への学習の機会を提供いたしました。
  幼稚園では、来年度の新入園児の募集を行い、3歳児は85名の応募がありました。その結果、定員に達しておりませんので、応募者全員に入園していただくこととし、今後追加募集を行ってまいります。現在、就園、就学に向けた保護者との相談を学校教育担当を中心に行っているところでございます。
  次に、教育総務関係ですが、宮前小学校プール新設については、前回の議会報告でも触れさせていただきましたが、用地買収については完了し、開発等の許認可申請、確認申請用の資料作成を引き続き行っております。
  また、プール等建設の基本設計に基づき、実施設計業務の委託を起工し、11月26日の入札で請負業者が決定いたしました。厳しい財政状況の中ではありますが、実施設計を作成する中で整備計画を再構築し、新しいプール施設整備の実現のため、努力してまいります。
  ソフト事業といたしましては、本年度から施行されている子ども・子育て支援制度により、滑川幼稚園の保育料が新たな算定方法にて行われております。所得条件、扶養親族数、多子世帯等を勘案して金額が決定されていますが、国の基準額を上限とした町で定める保育料が確定し、平成27年度から30年度までをかけて段階的に移行していく予定でございます。
  次に、本議会中の全員協議会での議題にもお願いしておりますが、平成28年度から給食費の改定を見込んでおります。給食費の長期の据え置きにより、食材料の確保、栄養基準の確保、パターン化した献立等の弊害が生じ、また東松山市の給食費改定もあり、過日に開催した滑川町学校給食運営委員会を経て実施していく予定でございます。また、本年度より配属された管理栄養士職員による食育の推進も2学期から本格的にスタートし、各学校への食育指導、給食訪問、学校保健委員会での保護者対象の講話などにも取り組んでおります。
  ICT環境の整備も継続して取り組んでおり、滑川中学校、月の輪小学校に続き、本年度は福田小学校、来年度は宮前小学校にも訪問支援システムやタブレットパソコン等の導入により情報教育の支援をし、時代の進展に対応する教育の推進を図ってまいります。今後におきましても、議会からのご指導、ご理解、ご協力をよろしくお願いいたします。
  次に、生涯スポーツ関係では、10月11日に第31回町民体育祭が盛大に開催されました。前日には各行政区より1名ずつのご協力をいただき、スポーツ推進委員を中心に会場準備に取り組んでいただきました。当日は、小雨が降っておりましたが、ほぼ予定時刻どおりに開会式を行うことができました。競技が進むにつれ、天候も回復し、予定されていた全ての種目を実施することができました。
  また、昼休みには、交通安全母の会、老人クラブの皆様を中心に、滑川町歌を歌いながら、グラウンドいっぱいに大きな踊りの輪をつくり、滑川音頭の披露があり、大いに体育祭を盛り上げていただきました。
  結果につきましては、最終種目の年代別リレーまで優勝の行方がわからないという大混戦でしたが、その激戦を制したのは羽尾1区、準優勝、和泉、第3位、上福田でした。特別賞は、敢闘賞、伊古、努力賞、中尾、がんばったで賞、山田という結果でした。
  また、体育協会の体育賞につきましては、功労賞に滑川町ゴルフ連盟の鈴木久雄さん、滑川町サッカー協会の吉岡彰さんの2名が受賞されました。大変おめでとうございます。
  本体育祭にご協力いただきました大会役員、選手、全ての皆様に感謝を申し上げ、引き続き来年度もすばらしい体育祭が開催できるよう努力をしてまいります。
  次に、10月24日には、第30回世代交流輪投げ大会が204名という過去最高の参加者を得て盛大に開催されました。和気あいあいの中にも、各部門に分かれて熱戦が繰り広げられ、すばらしい輪投げ大会となりました。年齢を問わずに誰もが参加でき、楽しんで投げている姿は、まさに健康スポーツの象徴であると感じます。今後も輪投げを通して各地区で健康づくりに励んでいただきたいと思います。
  また、恒例の日本スリーデーマーチでは、町としては2日目に羽尾平集会所前で湯茶接待を実施しました。当日は、雨天にもかかわらず、多くのウオーカーに立ち寄りをいただきました。ボランティア団体「寄っといで」による甘酒も大盛況で、ことしもスリーデーマーチを盛り上げていただきました。
  また、1日、2日の2日間、早朝より交通指導に当たっていただきました交通安全協会滑川支部の皆様にも改めて御礼を申し上げます。
  今後のスポーツ関係の予定としては、12月5日に第27回滑川町駅伝競走大会、年が明け1月23日にスキー・スノーボード教室、3月6日は第32回比企郡駅伝競走大会と続いてまいります。今後とも生涯スポーツの振興、発展のためにご協力をいただきますようお願い申し上げます。
  なお、先ほど町長からもお話がありましたが、11月1日に全労済カップ争奪第40回埼玉県スポーツ少年団小学生軟式野球交流大会の決勝が春日部市で行われ、滑川野球スポーツ少年団が見事準優勝を飾りました。県大会に春夏連続出場を果たし、春が第3位、秋が準優勝ということで、今後の活躍が楽しみでございます。
  議員の皆様にも遠路、春の大会は秩父で行われました。秋の大会は春日部でした。議員の皆様にも大勢応援に駆けつけていただきまして、大変ありがとうございました。子どもたちの大きな励みになったようでございます。
  次に、生涯学習関係では、「チャレンジキッズ!なめがわ」は社会教育委員の協力を得て、9月から12月まで、低学年、高学年、各3回ずつ、計6回の活動を進めております。
  本年度は、高学年の活動として、「武州ころ柿復活&グリーン・ツーリズム推進協議会」の皆様の協力を得て、ころ柿づくりを体験しました。子どもたちは、大きな蜂屋柿を前に悪戦苦闘しながらも、皆楽しそうに挑戦しておりました。特に上野議員さんには大変お世話になりました。
  また、第2回の寿学級では、町外学習として本庄、深谷方面に出かけ、渋沢栄一記念館を初め世界遺産などを見学、昨年とほぼ同数の延べ357名の参加をいただき、無事終了することができました。第3回は12月から実施いたしますので、ぜひ大勢の皆さんに参加いただきたいと思います。
  公民館関係では、11月1日から3日に第37回滑川町文化祭を大勢の皆様にご来場いただき、盛大に開催することができました。また、11月7日の「七つの祝い」には、該当する199名のうち172名、86%の出席をいただきました。
  後期の公民館教室は、5教室を募集しましたが、昨年に続き実施している「なめがわ郷土かるたの旅教室」では、泉福寺の重要文化財「阿弥陀如来座像」等を見学し、二ノ宮山からは秋晴れの滑川町を堪能しました。その他の教室も盛況で、それぞれ参加者の皆さんは熱心に取り組んでおります。
  年明け早々の1月10日には、平成28年成人式を挙行いたします。文教厚生常任委員会の議員の皆様には、大変お忙しい中ですが、ご臨席を賜りたく、お願い申し上げます。
  最後に、文化財関係では、エコミュージアムセンターにおいて10月中に新たに町指定となりました文化財の展示を実施いたしました。
  また、10月20日から町観光協会と共催でミヤコタナゴ保護をアピールするため「タナゴの妖精ターナちゃんのぬり絵展」を実施しました。町内の保育園、幼稚園児から小学生までの作品約1,200枚をエコミュージアムセンターの壁面いっぱいに展示し、大勢の皆さんにごらんいただいたところでございます。
  また、羽尾地内の寺谷廃寺については、本年度9,000平米について測量調査を実施する予定で、現在進めております。
  エコミュージアム関係では、人工繁殖及びセンター中池において2枚貝を使った自然繁殖によりことし誕生したミヤコタナゴの稚魚は750尾を超える繁殖数となりました。
  また、現在エコミュージアムの周辺において、枕木による遊歩道が腐食してきたため、撤去工事を実施しているところでございます。
  以上、大変雑駁ではございますけれども、教育関係の報告とさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。
議長(長谷川元夫議員) これで行政報告を終わります。
                                           
    常任委員会所管事務調査報告
議長(長谷川元夫議員) 日程第5、常任委員会所管事務調査報告を行います。
  文教厚生常任委員会で所管事務調査が終了し、委員長から報告書が提出をされました。委員長より調査報告をお願いいたします。
  文教厚生常任委員会、宮島一夫委員長、お願いいたします。
          〔文教厚生常任委員長 宮島一夫議員登壇〕
文教厚生常任委員長(宮島一夫議員) 9番、宮島一夫です。議長よりご指示をいただきましたので、文教厚生常任委員会所管事務調査について報告いたします。
  調査日時でございますが、平成27年11月5日から6日でございます。調査地、静岡県駿東郡長泉町です。調査内容ですが、1、子育て支援の取り組みについて、2、公共福祉施設の調査について、これは3カ所行いました。
  初めに、子育て支援の取り組みについて、長泉町の概要でございます。長泉町は、静岡県の東部に位置し、北は霊峰富士山を仰ぎ、南は駿河湾を臨み、富士の伏流水も豊富なところで、比較的平地も多く、温暖な気候にも恵まれた自然豊かな町であります。奇跡の自治体と言われるように、いろいろと工夫を凝らして順調に発展をしてきた町であります。面積は26.51平方キロメートル、人口4万2,755人、以前は稲作、長芋、柿等を主体とした農業の盛んな町でありました。現在は、4カ所の工業団地を有し、大手企業も多く進出しております。医療機関も総合病院を2つ、静岡がんセンター等、充実しております。教育関係も、大学も近くにあり、整っております。
  町の予算規模は、一般会計136億6,000万円、特別会計81億751万4,000円、公営企業会計8億7,520万7,000円となっております。財政力指数1.21で、健全財政であります。議員の定数は16名で、現在は15名で活動しております。
  交通アクセスも、東海道新幹線の駅も近く、JR、私鉄の駅もあります。東名高速道路のインターチェンジも近くにあり、首都圏にも簡単に行ける状況であります。豊かな財政力をもとに、福祉、環境も行き届いた子育てしやすい町であります。
  次に、子育て支援について報告いたします。出生から中学校卒業までの行政の窓口を一本化しております。こども育成課を中心にして、学校教育、児童福祉を初め全ての業務を関係各課と連絡をとり、こども育成課で行っております。学校教育関係では、小学校3校、中学校2校、幼稚園6校、この中に公立5、私立1でございます。
  児童福祉関係では、保育園6園、これは公立3、私立3であります。子育て支援センター3カ所、放課後児童会、これは放課後に子どもを預かってくれる施設であります。児童館等があります。保育園、子育て支援センターでは、希望する人に対しては午前7時から午後7時半まで預かってもらえます。幼稚園は、第2子が無償で通園できます。子ども医療費は、中学3年まで無料であります。その他、妊婦健康診査14回まで、妊婦歯科検査1回、不妊治療等の助成を行っております。子育てと仕事の両立を基本に進めております。
  次に、公共施設の調査でございますが、まず最初に訪れたのが健康づくりセンター「ウェルピアながいずみ」でございます。この施設は、福祉、子育て、健康づくりを中心的に担う役割を持っております。地下1階、地上2階、建築面積4,055.91平方メートル、延べ床面積が6,632.88平方メートル、総工費約70億円の建物であります。総合グラウンド、テニスコート、ゲートボール場等を備えております。
  屋内には、次のような施設があります。ちょっと時間の関係ではしょって説明をさせていただきます。アリーナ室でございますけれども、公式バレーコート2面、バスケットコート2面、バドミントン8面等、実業団の公式試合も行われる立派な施設でございます。観客席も353席、その他立ち見席のスペースもあります。そのほかに、温水プール、運動スタジアム、多目的室、調理室、マシンルーム等がございます。
  次に、文化センター「ベルフォーレ」について報告いたします。この建物は、地下1階、地上3階、建築面積3,077平方メートル、延べ床面積5,395平方メートル、総工事費が約43億円でございます。ホールがありまして、定員800名、ここにはフルコンサートピアノ2台、チェンバロ等があります。イベントホールは定員125名、そのほかに会議室、調理実習室、工芸室、また別棟で茶室もございます。これは、文化の中心的な役割を担っております。
  次に、「コミュニティながいずみ」について報告いたします。この施設は、JRの下土狩駅に接しておりまして、地上4階の建物でございます。面積は3,334平方メートル、延べ床面積は5,357平方メートル、総工事費約29億円とのことでございます。ここは、図書館、展示学習室、ホール、文化財の展示等を主な目的にしております。主に生涯学習に利用されております。
  次に、感想でございます。子育て支援については、ハード、ソフト両面について行き届いております。また、きめ細かい行政サービスを行っております。
  公共福祉施設は、どれをとっても豪華で立派なものばかりであります。これは、年間の維持費が人件費を除いてそれぞれ1億円、合計3億円とのことでありました。これも4カ所の工業団地を有し、豊かな財源に裏づけがあってできることだと思われます。
  私たち滑川町では、このような施設をすぐに手に入れることはできないと思われますが、それに向かって努力をする必要はあると思われます。しかし、ソフト面では、行政窓口の一本化等、検討してできることもあると考えます。先進的な自治体の調査をしてきましたので、議会としてもみんなで検討し、できるものから滑川町に合った形で実施していきたいと考えております。
  以上で報告を終わらせていただきます。
議長(長谷川元夫議員) 以上をもちまして常任委員会所管事務調査報告を終わります。
  文教厚生常任委員会には、大変ご苦労さまでございました。
                                           
    町長提出議案の一括上程、説明
議長(長谷川元夫議員) 日程第6、議案第69号から日程第22、議案第85号までの一括上程を行います。
  事務局長に朗読願います。
          〔事務局長朗読〕
議長(長谷川元夫議員) 吉田町長に提出議案の説明を求めます。
          〔町長 吉田 昇登壇〕
町長(吉田 昇) 本定例会に提出をさせていただきます認定及び議案の説明を申し上げます。
  初めに、議案第69号 滑川町非核平和都市宣言の制定については、町長就任以来、政策の柱の一つとして平和事業を推進してまいりました。13年を経過し、町民の平和意識の向上、機運の高まりを実感するに至り、今回非核平和都市の宣言を行いたいものでございます。
  議案第70号 滑川町議会の議決すべき事件を定める条例の一部を改正する条例の制定については、地方自治法の改正により、町の基本構想の策定が法定議決事件ではなくなったものでございますが、地方自治法第96条第2項に基づき、町の独自の議決事件として定めたいので、本条例を改正するものです。
  議案第71号 滑川町人事行政の運営等の状況の公表に関する条例の一部を改正する条例の制定については、地方公務員法の改正により人事評価等を追加したいので、本条例を改正するものでございます。
  議案第72号 滑川町職員の勤務時間、休日及び休暇に関する条例の一部を改正する条例の制定については、地方公務員法の改正に伴い、本条例で引用している法律の条番号の改正をお願いするものでございます。
  議案第73号 滑川町行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律に基づく個人番号の利用及び特定個人情報の提供に関する条例の制定については、1月1日からマイナンバーである個人番号の利用開始にあわせて、個人番号を町独自の事務で利用、連携及び提供することに関し、必要な事項を定めるものでございます。
  議案第74号 滑川町税条例の一部を改正する条例の制定については、地方税法等の改正により、マイナンバー制度及び納税猶予制度の規定を整備するため、本条例の改正をお願いするものでございます。
  議案第75号 滑川町国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定については、マイナンバー制度により、減免申請書の記載内容に個人番号を追加するため、本条例の改正をお願いするものでございます。
  議案第76号 滑川町指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例の制定については、厚生労働省が示す基準が改正されたので、本条例で規定する基準も変更するため、本条例の改正をお願いするものでございます。
  議案第77号 滑川町指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員、設備及び運営並びに指定地域密着型介護予防サービスに係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準を定める条例の一部を改正する条例の制定についても、厚生労働省が示す基準が改正されたので、本条例で規定する基準も変更したいので、本条例の改正をお願いするものでございます。
  議案第78号 平成27年度滑川町一般会計補正予算(第3号)の議定については、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1億4,203万3,000円を追加し、歳入歳出それぞれ58億2,292万1,000円としたいものでございます。
  議案第79号 平成27年度滑川町後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)の議定については、既定の歳入歳出それぞれ107万1,000円を追加し、歳入歳出それぞれ1億3,426万5,000円としたいものでございます。保険料の増額が主なものでございます。
  議案第80号 平成27年度滑川町下水道事業特別会計補正予算(第3号)の議定については、既定の歳入歳出それぞれ178万9,000円を追加し、歳入歳出それぞれ4億3,543万6,000円としたいものでございます。管理費等を増額し、事業費の減額が主なものでございます。
  議案第81号 平成27年度滑川町農業集落排水事業特別会計補正予算(第3号)の議定については、既定の歳入歳出それぞれ2万9,000円を追加し、歳入歳出それぞれ1億177万4,000円としたいものでございます。使用料の増額が主なものでございます。
  議案第82号 平成27年度滑川町浄化槽事業特別会計補正予算(第3号)の議定については、共済組合負担金の確定に伴い、施設管理費を増額し、予備費を充当したいものでございます。既定の歳入歳出の総額に変更はございません。
  議案第83号 平成27年度滑川町水道事業会計補正予算(第3号)の議定については、第3条の収益的支出に354万8,000円を追加したいものでございます。営業外費用が主なものでございます。
  議案第84号 町道路線の廃止について及び議案第85号 町道路線の認定については、町道路線の整備を行ったので、廃止、認定をお願いするものでございます。
  以上、議案17件を提出させていただき、議案の説明とさせていただきます。
  なお、詳細につきましては、その都度、担当課長よりご説明を申し上げます。十分なるご審議を賜りまして、原案どおり速やかなご承認、ご議決をいただきますよう、よろしくお願いを申し上げます。
                                           
    議案第70号の説明、質疑、討論、採決
議長(長谷川元夫議員) 日程第7、ただいま上程された議案中、議案第70号について、議事の都合により、質疑、討論、採決まで行いたいと思います。これにご異議ございませんか。
          〔「異議なし」と言う人あり〕
議長(長谷川元夫議員) 異議なしと認めます。
  よって、議案第70号は質疑、討論、採決まで行うことに決定しました。
  日程第7、議案第70号を議題とします。
  事務局長に朗読願います。
          〔事務局長朗読〕
議長(長谷川元夫議員) 朗読が終わりました。
  吉野総務政策課長に提出議案の説明を求めます。
          〔総務政策課長 吉野正和登壇〕
総務政策課長(吉野正和) 議案第70号 滑川町議会の議決すべき事件を定める条例の一部を改正する条例の制定についてご説明申し上げます。
  まずもって、議事日程につきましてご配慮を賜りまして、まことにありがとうございます。それでは、説明をさせていただきます。提案理由でございますが、町が総合的かつ計画的な行政運営を図るための基本構想の策定、改廃に当たっては、議会の議決を経て定めるに当たり、滑川町議会の議決すべき事件を定める条例の一部を改正する条例を制定したく、地方自治法第96条第1項の規定により、議決を求めるものでございます。
  これまで総合振興計画基本構想につきましては、地方自治法第2条第4項の規定により、市町村に対し、議会の議決を経て定めることが義務づけられておりました。しかし、国の地方分権改革推進計画に基づき、平成23年5月2日に地方自治法の一部を改正する法律が公布され、市町村の基本構想に関する規定が削除され、法的な策定義務がなくなり、基本構想の策定及び議会の議決を経るかどうかは、市町村の独自の判断に委ねられることになりました。
  町としましては、総合振興計画基本構想は従来から町の総合的かつ計画的な行政運営の指針を示すものであり、町民にまちづくりの長期的なビジョンを示すものであることから、法的な策定義務がなくなっても策定すべきと考え、滑川町総合振興計画審議会に諮問し、策定作業を進めてまいりました。また、まちづくりのビジョンである基本構想の策定は、町民の代表である議会の議決を経ることで、町全体の総意により策定されたものであることを裏づけるためにも必要かつ重要なことであると考えます。
  新旧対照表をごらんいただきたいと存じます。したがいまして、滑川町議会の議決すべき事件を定める条例の一部を改正し、議会の議決すべき事件に第3号として、町が総合的かつ計画的な行政運営を図るための基本構想の策定、改廃に関することを加えて、議会の議決を経ることとしたいものでございます。条例の施行日につきましては、公布の日から施行するものでございます。
  以上で説明とさせていただきます。ご審議のほどよろしくお願いいたします。
議長(長谷川元夫議員) 提出議案の説明が終わりました。
  これより質疑に入ります。質問時間は、答弁を含め、30分とします。質問形式は、対面一問一答方式とします。質疑ありませんか。
          〔「なし」と言う人あり〕
議長(長谷川元夫議員) 質疑なしと認めます。
  これより討論に入ります。討論ありませんか。
          〔「なし」と言う人あり〕
議長(長谷川元夫議員) 討論なしと認めます。
  これより議案第70号 滑川町議会の議決すべき事件を定める条例の一部を改正する条例の制定についてを採決します。
  本案は原案のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。
          〔挙手全員〕
議長(長谷川元夫議員) 全員賛成であります。
  よって、議案第70号は原案のとおり可決されました。
  以上で本日の日程は全て終了いたしました。
  日程が順調に進んでおりますので、本日午後1時開会の全員協議会を繰り上げまして、午前10時30分より2階、中会議室で開催をしたいと思います。
                                           
    次会日程の報告
議長(長谷川元夫議員) あす12月1日は午前10時から会議を開き、一般質問を行います。
                                           
    散会の宣告
議長(長谷川元夫議員) 本日はこれにて散会します。
  大変お疲れさまでした。
                                   (午前10時07分)