平成27年第198回滑川町議会定例会(第3号)

              平成27年第198回滑川町議会定例会 平成27年9月14日(月曜日)         議 事 日 程 (第3号)    開議の宣告                                       1 議案第52号 滑川町個人情報保護条例の一部を改正する条例の制定について         2 議案第53号 滑川町事務手数料条例の一部を改正する条例の制定について          3 議案第54号 滑川町企業誘致条例の一部を改正する条例の制定について           4 議案第55号 平成27年度滑川町一般会計補正予算(第2号)の議定について        5 議案第56号 平成27年度滑川町国民健康保険特別会計補正予算(第1号)の議定について  6 議案第57号 平成27年度滑川町介護保険特別会計補正予算(第2号)の議定について    7 議案第58号 平成27年度滑川町後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)の議定につい           て                                    8 議案第59号 平成27年度滑川町下水道事業特別会計補正予算(第2号)の議定について   9 議案第60号 平成27年度滑川町農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)の議定につ           いて                                  10 議案第61号 平成27年度滑川町浄化槽事業特別会計補正予算(第2号)の議定について  11 議案第62号 平成27年度滑川町水道事業会計補正予算(第2号)の議定について     12 議案第63号 埼玉中部資源循環組合を組織する地方公共団体の数の増加及びこれに伴う規約           の変更について                             13 議案第64号 町道路線の廃止について                         14 議案第65号 町道路線の認定について                         15 発議第 4号 滑川町議会会議規則の一部を改正する規則の制定について          16 発議第 5号 滑川町議会傍聴規則の一部を改正する規則の制定について          17 審査報告 認定第1号 平成26年度滑川町一般会計及び特別会計決算の認定について    18 審査報告 認定第2号 平成26年度滑川町水道事業会計における剰余金処分及び決算の認定               について                            19 追加議案第66号 滑川町固定資産評価審査委員会委員の選任について           20 追加議案第67号 滑川町固定資産評価審査委員会委員の選任について           21 追加議案第68号 滑川町固定資産評価審査委員会委員の選任について           22 追加 閉会中の継続調査の申し出について(議会運営委員会)               出席議員(14名)    1番  高  坂  清  二  議員      2番  北  堀  一  廣  議員    3番  石  川  正  明  議員      5番  井  上  奈 保 子  議員    6番  田  幡  宇  市  議員      7番  森  田  泰  雄  議員    8番  菅  間  孝  夫  議員      9番  宮  島  一  夫  議員   10番  吉  田  文  夫  議員     11番  阿  部  弘  明  議員   12番  松  本  幾  雄  議員     13番  瀬  上  邦  久  議員   14番  上  野     廣  議員     15番  長 谷 川  元  夫  議員 欠席議員(なし)
地方自治法第121条の規定により説明のため出席した人      町       長    吉   田       昇      副   町   長    柳       克   実      教   育   長    小   澤   正   司      総 務 政 策 課 長    吉   野   正   和      税  務 課  長    赤   沼   正   副      会 計 管 理 者 兼    武   井   宏   晃      会  計 課  長      健 康 福 祉 課 長    大   塚   信   一      町 民 保 険 課 長    石   川   光   男      健 康 づ く り課長    堀   口   幸   男      環  境 課  長    横   田   一   己      産 業 振 興 課長兼    吉   田       浩      農業委員会事務局長      建  設 課  長    赤   沼       裕      教育委員会事務局長    森   田   耕   司      水  道 課  長    高   坂   省   吾
本会議に出席した事務局職員      議 会 事 務 局 長    笠   原       直      書       記    今   井   茂   子      録       音    武   井   宏   見
    開議の宣告
議長(長谷川元夫議員) 皆さん、おはようございます。議員各位には、第198回滑川町議会定例会第7日目にご参集いただきまして、まことにありがとうございます。
  ただいまの出席議員は14名全員であります。定足数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。
                                  (午前10時00分)
                                           
    議案第52号の説明、質疑、討論、採決br> 〇議長(長谷川元夫議員) 日程第1、議案第52号を議題とします。
  事務局長より朗読願います。
          〔事務局長朗読〕
議長(長谷川元夫議員) 総務政策課長に提出議案の説明を求めます。
  吉野総務政策課長。
          〔総務政策課長 吉野正和登壇〕
総務政策課長(吉野正和) おはようございます。総務政策課長、議案第52号 滑川町個人情報保護条例の一部を改正する条例の制定についてご説明申し上げます。
  提案理由でございますが、行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律の施行に伴い、滑川町個人情報保護条例の一部を改正したく、地方自治法(昭和22年法律第67号)第96条第1項の規定により議決を求めるものでございます。
  平成25年5月31日公布されました行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律、通称マイナンバ―法といいますが、本一部改正条例では、番号利用法として規定をさせていただきます。
  番号利用法第2条第8項に、この法律において特定個人情報とは個人番号をその内容に含む個人情報をいうと規定しています。
  そして、番号利用法第31条では、地方公共団体が保有する特定個人情報の保護が規定されたことにより、滑川町個人情報保護条例の一部を改正する必要が生じました。本一部改正条例では、地方公共団体においても特定個人情報の適正な取り扱いの確保、保有する特定個人情報等の開示・訂正・利用の停止・消去及び提供の停止を実施するために必要な措置を講ずるものでございます。
  まず、本一部改正条例では、個人情報と番号利用法による個人情報を特定個人情報とに分けて規定します。さらに改正前の制度においては、個人情報の保有の前後で個人情報と保有個人情報とが使い分けられていたため、本一部改正条例においても特定個人情報に対して、保有特定個人情報を規定しています。また、条例の施行日については、第1条を特定個人情報の利用開始段階として平成27年10月5日とし、第2条を番号利用法附則第1条第5号に掲げる規定の施行の日、いわゆる情報提供システムネットワークによる特定個人情報の提供開始の日とする連携開始段階、現在では平成29年1月を想定しているところでございます。この2つの施行日とする二段ロケット方式の改正とするものでございます。
  それでは、新旧対照表をごらんいただきたいと存じます。初めに、第1条、平成27年10月5日施行の内容についてご説明申し上げます。
  最初に、第2条、定義でございますが、第2号で特定個人情報を、第8号で保有特定個人情報の定義を規定するものでございます。また、第2号を追加したため、以下それぞれの号を繰り下げるものでございます。
  次に、第7条、収集の原則でございますが、特定個人情報の収集に関する規制については、次の第8条の2で新規に規定するため、本条から除外する文言を追加するものでございます。
  次に、第8条の2、特定個人情報でございますが、個人情報については、第7条第1項において個人情報事務に事前登録されていることを原則とし、当該事務の目的を明確にし、その目的を達成するために必要な範囲内で収集しなければならないとされています。しかし、特定個人情報においては、事前登録がされていないが、緊急に収集等が必要な場合があります。そこで、改正案では特定個人情報については、第6条第1項の例外として、事前登録されていなくても利用目的が明確であり、当該目的を達成するために必要な範囲内であれば収集が可能であると規定するものでございます。
  次に、第9条、利用及び提供の制限でございますが、特定個人情報の利用、または提供に関する規制については、次の第9条の2で新規に規定するため、第1項では条文から除外する文言を追加するものでございます。この除外規定のため、第9条以降の条文中の目的以外利用、外部提供等から保有特定個人情報が除かれて読まれるおそれがあるため、目的外利用等の定義を用いずに条例全体を整備するものでございます。特に第9条第3項第1号から第3号までにおいて、目的外利用等から利用または提供への改正については、同項で第6条第1項第2号に規定する個人情報取扱事務の目的の範囲を超える利用、または当該実施機関以外のものに提供としたことから、各号においては、利用または提供と規定するものでございます。
  次に、第9条の2、特定個人情報の利用及び提供の制限でございますが、利用及び提供の制限については、個人情報については第9条で規定し、特定個人情報については第9条の2で規定するため、新規で追加したものでございます。第1項では、特定個人情報の利用については、第8条の2第1項の説明のとおり、事前に個人情報取扱事務として登録されていない場合があり得ることから、改正案では事前登録されていなくても利用目的が明確になっていれば、その範囲内で利用が可能とするものでございます。第3項では、条例に定めなくても番号利用法第19条が直接適用されますので、確認規定として入れたものでございます。
  次に、第14条、開示請求等でございますが、第2号では、番号利用法では個人情報に関する本人参加を容易にするため、任意、代理人による請求も認めています。このことから法定代理人を代理人と改正するものでございます。第3項では、亡くなった方の個人情報については、保有特定個人情報を除外するものでございます。
  次に、第19条、費用負担でございますが、第3項では、番号利用法では手数料の減免の規定を設けているため、新規で追加したものでございます。
  次に、第20条、訂正等の請求でございますが、第2項では規定に違反した利用または提供の中止を請求できる内容の条文を号立てにしたものでございます。
  次に、第26条、他の制度との調整でございますが、第2項では特定個人情報についてはマイナンバ―ポータルで開示等を行う可能性があり、他の法令による開示等の実施との調整規定を適用しないようにする必要があるため、特定個人情報を除外とするものでございます。
  次に、第31条、罰則でございますが、第2条第2号を追加することで号ずれが生じたため引用号番号を改正するものでございます。
  続いて、第2条、番号利用法附則第1条第5号に掲げる規定の施行の日を施行日とする内容についてご説明申し上げます。
  最初に、第2条、定義でございますが、第3号で情報提供等記録を規定するものでございます。この第3号の追加により、号ずれにより繰り下げをするものでございます。
  次に、第9条の2、特定個人情報の利用及び提供の制限でございますが、情報提供等記録については一切の目的外利用が認められないため、除く規定を設けるものでございます。
  次に、第20条、訂正等の請求でございますが、情報提供等記録については利用停止請求が認められないため、適応除外の1項を追加し、号ずれを修正するものでございます。
  次に、第22条の2、情報提供等記録の提供先等への通知でございますが、情報提供等記録の訂正決定は総務大臣等に対して通知する必要があり、自己情報の訂正等をした場合、請求者にも通知するため、新規に条文を追加するものでございます。なお、総務大臣への通知についてはオンラインでの通知が想定されています。
  次に、第31条、罰則でございますが、第2条で第3号を追加したため、号番号のずれによる改正をするものでございます。
  以上、雑駁でございますけれども、説明とさせていただきます。ご審議のほどよろしくお願い申し上げます。
議長(長谷川元夫議員) 提出議案の説明が終わりました。
  これより質疑に入ります。
  質問時間は、答弁を含み30分といたします。
  質問形式は、対面一問一答方式であります。
  質疑ありませんか。
  森田議員。
          〔7番 森田泰雄議員登壇〕
7番(森田泰雄議員) 7番、森田でございます。文言についてわからないところがありますので、ちょっとお聞きしたいと思います。
  1ページの下から5行目の目的外利用または外部提供を保有個人情報を当該実施機関以外のものに提供とありますけれども、どういうことなのかちょっとお答えいただきたいと思います。
議長(長谷川元夫議員) 答弁を求めます。
  吉野総務政策課長。
          〔総務政策課長 吉野正和登壇〕
総務政策課長(吉野正和) 総務政策課長、森田議員のご質問に答弁申し上げます。
  最初の目的外利用または外部提供というところの文言でございますけれども、これにつきましては、個人情報の場合につきましては、個人情報取扱事務開始届ということで事前に届けをして名称・目的、それから使う内容等につきまして届け出をしておくところでございますけれども、今回の特定個人情報につきましては、制度の目的が社会保障、税、災害対策ということになってございます。災害対策で使われた場合に、緊急かつ迅速に特定個人情報を集める必要が生じるかと思いますので、その際には事前に届けをしていくということができませんので、目的外利用ということもございます。
  それから、外部提供につきましては、例えば役場の総務政策課等で収集した情報、それを他の課で使う場合等も想定をされます。当然市町村間でのやりとりということもあるかと思いますけれども、そういった意味での外部提供ということでございます。
  それから、保有個人情報を当該実施機関以外のものに提供ということにつきましても、先ほど申し上げましたように、外部、最初に収集したところ以外にそういった災害等で提供する必要が生じた場合に実施機関以外のものにも提供というような言葉であらわしていただいたものでございます。よろしくお願いいたします。
議長(長谷川元夫議員) 森田議員。
7番(森田泰雄議員) ありがとうございました。
  それと、次のページの上のほうから「超えて」というところがあるのですけれども、保有特定個人情報というのがあるのですけれども、これはどういう情報なのか教えていただきたいと思います。
議長(長谷川元夫議員) 吉野総務政策課長。
          〔総務政策課長 吉野正和登壇〕
総務政策課長(吉野正和) 総務政策課長、森田議員のご質問に答弁申し上げます。
  保有特定個人情報につきましては、特定個人情報、個人番号の入った情報を収集して保管した情報ということで、例えば総務政策課で集めた個人番号、それを使った場合にその情報を保有するということになります。そういった場合での保有特定個人情報という、名詞ですかね、情報の呼び方になると思います。
  以上でございます。
議長(長谷川元夫議員) 森田議員。
7番(森田泰雄議員) 次の、人の生命、身体、財産を保護するため、緊急かつやむを得ないと認めた場合であって、本人の同意があり、また本人の同意を得ることが困難であるときは、利用目的の範囲を超えて保有特定個人情報を利用することができるということは、不意に災害が発生したときのようなことを意味するのでよろしいのですか。
議長(長谷川元夫議員) 総務政策課長。
          〔総務政策課長 吉野正和登壇〕
総務政策課長(吉野正和) 総務政策課長、森田議員のご質問に答弁申し上げます。
  森田議員おっしゃられるとおり、先ほども申し上げさせていただきましたのですけれども、災害利用が今回の制度の中にはございます。先日の茨城県での災害等あった場合には、事前に情報を得ることは不可能だと思いますので、そういったときの迅速な対応のために必要であるということでの規定でございます。よろしくお願いします。
議長(長谷川元夫議員) 森田議員。
7番(森田泰雄議員) そうすると、今回の豪雨によって常総市が鬼怒川が決壊したような場合には、緊急に情報がつかめなかったというようなときに、こういうことが発生するということでよろしいですか。
議長(長谷川元夫議員) 吉野総務政策課長。
          〔総務政策課長 吉野正和登壇〕
総務政策課長(吉野正和) 総務政策課長、森田議員のご質問にご答弁申し上げます。
  今回の緊急的な災害に遭った場合に、被災者台帳等を作成する上で必要になってくると存じますので、そういった場合での活用が考えられるかと存じます。
  以上でございます。
議長(長谷川元夫議員) 森田議員。
7番(森田泰雄議員) その下のほうの「3」というところでございますけれども、実施機関は、前項の規定により費用を負担する者に経済的困難その他特別の理由があると認めるときは、規則で定めるところにより、その者が負担すべき費用の額を減額し、または免除することができるということがあるのですけれども、これはどういうときにこれが採用されますのか教えていただきたいと思います。
議長(長谷川元夫議員) 吉野総務政策課長。
          〔総務政策課長 吉野正和登壇〕
総務政策課長(吉野正和) 総務政策課長、森田議員のご質問にご答弁申し上げます。
  費用負担につきましては、現在の個人情報保護条例の中で、第19条第2項のところで、「保有個人情報の写しの交付を受けるものは、当該保有個人情報の写しの作成及び送付に要する費用を負担しなければならない。」ということで規定がございます。今回番号利用法が施行されまして、その番号利用法の中には免除規定がうたってございますので、その規定を適用しての規定でございます。経済的困難ということでございますので、著しく生活に困窮されている場合とか、そういった方への対応が考えられるかと存じます。
  以上でございます。
議長(長谷川元夫議員) 森田議員。
7番(森田泰雄議員) ありがとうございました。これで終わりにさせていただきます。
議長(長谷川元夫議員) ほかに質疑ございませんか。
  阿部議員。
          〔11番 阿部弘明議員登壇〕
11番(阿部弘明議員) 11番、阿部議員です。質問行います。
  まず、先ほどの森田議員の質問にもありましたけれども、この利用目的についてその明確にすることと、目的外についてもどういうふうな形に、どういう範囲を示しているのかというのがちょっと明確ではないのですけれども、それがどのようなありよう、社会保障、税、災害というふうにも言われていますけれども、そのほかどういうふうに使われるのかということが今利用範囲について非常に曖昧な形で広がろうとしているのですが、この辺はどうなのかということをまずお聞きしたいのですが、よろしくお願いします。
議長(長谷川元夫議員) 吉野総務政策課長。
          〔総務政策課長 吉野正和登壇〕
総務政策課長(吉野正和) 総務政策課長、阿部議員のご質問にご答弁申し上げます。
  個人番号の利用につきましては、今回の番号利用法の施行に伴いまして規定がされているところでございます。具体的に申し上げられているかどうかわかりませんけれども、現在福祉の分野、あるいは税の分野、そういったところでその制度を利用するためのシステム改修等が行われているところでございます。税につきましては、源泉徴収票とか給与支払報告書、そういったものへの利用等も考えられているようでございますけれども、実際私もちょっと事務のほうがはっきり、申しわけないのですけれども、その福祉の関係、介護の関係、国民健康保険の関係、そういった関係の事務に利用されるのではないかなというふうに思います。
  以上でございます。
議長(長谷川元夫議員) 阿部議員。
11番(阿部弘明議員) 今ご答弁いただいたように非常に曖昧な目的とか目的外について、そういう規定になってしまっているのですね。先ほどの、例えば災害のときにこれを使うのだというふうに言われていますけれども、これどうやって使うのですか。
議長(長谷川元夫議員) 吉野総務政策課長。
          〔総務政策課長 吉野正和登壇〕
総務政策課長(吉野正和) 総務政策課長、阿部議員のご質問にご答弁申し上げます。
  災害の場合の利用法でございますけれども、先ほども森田議員のご質問のときにも若干お話しさせていただきましたのですけれども、被災者台帳、そういったものの作成に使うというふうに聞いてございます。
  以上でございます。
議長(長谷川元夫議員) 阿部議員。
11番(阿部弘明議員) なぜそれがマイナンバ―制度とかかわるのかがわからないのです。被災者台帳というのは、住民基本台帳があるわけですから、そういう中ですぐつくられるものではないのかなというふうに思うのですけれども、なぜこれをわざわざこのマイナンバ―制度導入して、こういうところに使おうとしているのかというのがよくわかりません。
  あと外部提供というところがあるのですけれども、この外部というのはどこを指しているのか。先ほどの答弁ですと、庁舎内というふうなことを言われていましたけれども、どこまでこれが広がるのか教えてください。
議長(長谷川元夫議員) 吉野総務政策課長。
          〔総務政策課長 吉野正和登壇〕
総務政策課長(吉野正和) 総務政策課長、阿部議員のご質問にご答弁申し上げます。
  外部提供でございますけれども、先ほど森田議員のときにもお話ししましたのですけれども、実施機関、例えば役場の中でいえばそれぞれの課がございます。総務政策課、健康福祉課等ありますけれども、そこの連携、相対でその個人番号を使って処理するような情報連携が考えられるかと思います。あと、もう少し拡大しますと、当然市町村間でやりとりをするということも考えられますので、そのようなところで外部提供ということで、利用ということで考えておるところでございます。
  以上です。
議長(長谷川元夫議員) 阿部議員。
11番(阿部弘明議員) なかなか難しくてわからないのですけれども、もう一つ、外部提供についてはかなりとめどなく民間にも含めて提供するという可能性が指摘されています。例えば生命保険の会社だとかというようなところにも流出するのではないかというふうに言われていますけれども、それによって生命保険の健康状況について把握して、その生命保険どういうふうに入れるのかというふうな話になるということも聞いています。非常に曖昧でどこまでそれが広がるのかという制限がかけられていないというようなことが言えると思います。
  もう一つは、先ほど森田議員からも指摘されましたけれども、この緊急かつやむを得ないと認められる場合であって、本人の同意がありと、これまではいいのですけれども、または本人の同意を得ることが困難であるときは、利用目的の範囲を超えてこういう保有特定個人情報を利用することができると。これはもう、要するに本人の同意がなくても相当の範囲で利用することを可能にするような中身になるのではないかなというふうに思うのですが、これはどうでしょうか。
議長(長谷川元夫議員) 吉野総務政策課長。
          〔総務政策課長 吉野正和登壇〕
総務政策課長(吉野正和) 総務政策課長、阿部議員のご質問にご答弁申し上げます。
  特定個人情報取り扱いにつきましては、緊急な場合、本人の同意、あるいは同意がなくても収集できるという規定でございますけれども、特定個人情報の収集に当たりましては、職員のほうも徹底管理をして漏えい等ないような形で進めたいと思っておりますので、ご理解をいただきたいと存じます。
  以上です。
議長(長谷川元夫議員) 阿部議員。
11番(阿部弘明議員) そういうことでなかなかわかりにくいというか、非常に危険性のある、まさに守られるべきプライバシーがいろんな意味で流出する可能性が非常に高い制度だというふうに思っています。そういう意味では、この前の定例会でも私お願いしましたけれども、これを取り扱う町が主体になるわけですが、ですから町が扱っている個人情報がどういう形で流出する可能性があるのかということについて、例えばいろんな行政機関がありますよね。ここが情報の提供を求められたときに誰がどう判断するのか。それはそちらには情報提供できませんよということを判断できるのかどうか、ちょっとそこはどうなのでしょうか。町の機関としてその判断をする機能があるのかどうかちょっと教えてください。
議長(長谷川元夫議員) 総務政策課長。
          〔総務政策課長 吉野正和登壇〕
総務政策課長(吉野正和) 総務政策課長、阿部議員のご質問にご答弁申し上げます。
  正式名称、今ちょっと手元に資料がないのでわからないのですけれども、町の中でその特定個人情報を管理するシステム、機関を設けまして、副町長を統括責任者とする、私も、総務政策課長も当然管理者の中に入ってくるのですけれども、そういった組織を立ち上げて、きちんと特定個人情報の流れを管理していくということになってございますので、それももう10月5日の日、10月14日ぐらいから番号通知、通知カードの発送が始まりますので、速やかにその機関を立ち上げて対処していきたいと考えておりますので、よろしくお願いいたします。
  以上です。
議長(長谷川元夫議員) 阿部議員。
11番(阿部弘明議員) そういう機関をつくるということであれば、どういう形になるかわかりませんけれども、こういう場合については情報については提供できないというようなきちんとした規則とか、その機関をつくっても何をもとにしてそれを判断するのかというのがないわけですから、それについてはちゃんとした管理する機関をつくる場合、そういったものについてもあるべき、しかるべきではないかなというふうに思いますけれども、どうでしょうか。
議長(長谷川元夫議員) 吉野総務政策課長。
          〔総務政策課長 吉野正和登壇〕
総務政策課長(吉野正和) 総務政策課長、阿部議員のご質問にご答弁申し上げます。
  おっしゃるとおり、機関をつくってもその運用につきまして厳密に規定をしておかないと、何の役にも立たないと思いますので、運用につきまして規定をして適正な特定個人番号の管理に努めていきたいと存じます。
  以上でございます。
議長(長谷川元夫議員) 阿部議員。
11番(阿部弘明議員) ぜひきちんとした要綱をつくって、議会その他にも示していただきたいというふうに思いますという質問で私の質問を終わります。
  以上です。ありがとうございました。
議長(長谷川元夫議員) ほかに質疑ございませんか。
          〔「なし」と言う人あり〕
議長(長谷川元夫議員) 質疑を終結します。
  これより討論に入ります。討論ありませんか。
          〔「なし」と言う人あり〕
議長(長谷川元夫議員) なしと認めます。
  これより議案第52号 滑川町個人情報保護条例の一部を改正する条例の制定についてを採決します。
  本案は原案のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。
          〔挙手多数〕
議長(長谷川元夫議員) 賛成多数。
  よって、議案第52号は原案のとおり可決されました。
                                           
    議案第53号の説明、質疑、討論、採決
議長(長谷川元夫議員) 日程第2、議案第53号を議題とします。
  事務局長より朗読願います。
          〔事務局長朗読〕
議長(長谷川元夫議員) 朗読が終わりました。
  石川町民保険課長に提出議案の説明を求めます。
          〔町民保険課長 石川光男登壇〕
町民保険課長(石川光男) 町民保険課長、議案第53号 滑川町事務手数料条例の一部を改正する条例の制定についてご説明いたします。
  提案理由でございますが、行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律(平成25年5月31日法律第27号)の施行に伴い、個人番号カード及び個人番号通知カードの発行するに当たり、滑川町事務手数料条例の一部を改正する条例を制定したく、地方自治法(昭和22年法律第67号)第96条1項の規定により議決を求めるものでございます。
  2枚目をごらんください。滑川町事務手数料条例の一部を改正する条例でございます。改正内容といたしましては、滑川町事務手数料条例(平成12年条例)第7号の一部を次のように改正します。
  第1条では、別表中、住民票の記載事項証明1件につき200円の項の次に、通知カードの再交付1件につき500円を追加し、第2条では、別表中、左側、改正前の欄に記載されている住民基本台帳カードの交付1件につき500円の項を削り、住民票の記載事項証明1件につき200円の項の次に、個人番号カードの再交付1件につき800円を追加し、再発行の際に再交付手数料として徴収するものでございます。これは、それぞれのカードの新規発行に係る費用は、国庫補助の対象となっており、無料で発行しますが、破損・紛失等、自己理由による再発行は補助対象となっておらず、受益者負担として有料により発行するものでございます。
  施行期日につきましては、通知カードの再交付が平成27年10月5日から、個人番号カードの再交付が平成28年1月1日からの施行でございます。
  なお、住民基本台帳カードの発行は、平成27年12月31日をもって停止するため、今回の条例改正で別表からは削除します。経過措置として、平成27年12月31日までの住民基本台帳カードの交付手数料につきましては、従前の例によります。
  3枚目をごらんください。新旧対照表でございます。第2条の欄をごらんください。
  左側、改正後の欄、住民票の記載事項証明1件につき200円の項の次に、個人番号カードの再交付1件につき800円、通知カードの再交付1件につき500円を追加し、右側、改正前の欄に記載されている住民基本台帳カードの交付1件につき500円が削除されて記載されております。
  説明は以上でございます。ご審議のほどよろしくお願いいたします。
議長(長谷川元夫議員) 提出議案の説明が終わりました。
  これより質疑に入ります。質疑ございませんか。
  阿部議員。
          〔11番 阿部弘明議員登壇〕
11番(阿部弘明議員) 11番、阿部議員です。それでは、この事務手数料条例の問題について質問いたします。
  このマイナンバ―がつくられることによって、住民の皆さんのメリットが本当にあるのかどうか、逆にデメリットのほうが多いのではないかというふうに思っています。ですから、再交付する、またカードの再交付等についてのこの金額も含めて、なぜこういうふうになるのかよくわからないのですけれども、ちょっと教えていただきたい。この金額がまずこれだけ必要なのか、それとも、確かにこの通知カードがなくなって、いろんなところでこの番号が必要になる、非常に煩わしい制度なのですけれども、これを管理することも大変ですが、これはなくしたからといってまた再交付に金をかけるというふうなことは、いかがなものかというふうに思うのですけれども、よろしくお願いします。
議長(長谷川元夫議員) 石川町民保険課長。
          〔町民保険課長 石川光男登壇〕
町民保険課長(石川光男) 町民保険課長、阿部議員さんのご質問にお答えしたいというふうに思います。とりあえず今の金額についてのご質問についてお答えしたいというふうに思います。
  通知カード及び個人番号カードの再交付手数料の取り扱いについてということで、平成27年4月17日付の総務省自治行政局の事務連絡により、通知カード及び個人番号カードの初回の交付手数料経費については、国庫補助の対象とする予定ですが、通知カード及び個人番号カードの再交付手数料相当経費については、発行主体のミスによるICチップの破損など、再交付がやむを得ないと認められる場合を除き、国庫補助の対象としない予定ですということで、とりあえず再交付のほうは有料ということの理由がこれであります。
  そして、注釈がありまして、通知カード及び個人番号カードの再交付手数料相当経費については、それぞれの電子ICカードの購入原価等を考慮し、通知カードは500円、個人番号カードは800円となりますということになっております。
  なお、個人番号カードの再交付に伴う電子証明書の再交付手数料200円は、地方公共団体情報システム機構が定め、機構からの委託に基づき市町村において調整することになるため、電子証明書については手数料条例からは外れております。この通知カードの500円、番号カードの800円の再交付手数料につきましては、比企管内の市町村とも事務方のほうでいろいろ協議をした結果、比企管内においては、こういう再発行手数料でお願いするというふうに、そういう話にはなってございます。よろしくお願いいたします。
議長(長谷川元夫議員) 阿部議員。
11番(阿部弘明議員) 総務省の通達でそういうふうになっているということですけれども、その辺の、各自治体にこの手数料についても任せられていないというようなのが現状だというふうに思います。法定受任事務ですから、そういうふうな形にならざるを得ないのかなというふうに思うのですけれども、本当に納得のできない制度なのですけれども、町で自分たちで考えることもできないようなこの事務を受任してやらざるを得ないというこの制度そのものについて疑問を申し上げたいというふうに思います。
  もう一つ、再交付に当たって、要するに本人確認だとか、また代理人が来て再交付してもらうだとかというようなことがあるのだろうというふうに思いますけれども、そこで非常に成り済ましの危険性などが高まるのではないかなというふうに思うのですけれども、その辺については、これちょっと料金と違いますけれども、どのように考えていらっしゃるのかお聞きしたい。
議長(長谷川元夫議員) 石川町民保険課長。
          〔町民保険課長 石川光男登壇〕
町民保険課長(石川光男) 町民保険課長、阿部議員さんのご質問にお答えいたします。
  再交付につきましては事前の、例えば住基カードの再発行とか、そういうものと同じように、ご本人さんが免許証やパスポート等、ご本人を確認できるものをご持参いただいて申請いただくか、あとは委任状もいただきまして委任された方が身分の証明できるものをご持参していただくというふうな格好になろうかなというふうに思います。よろしくお願いします。
議長(長谷川元夫議員) 阿部議員。
11番(阿部弘明議員) 非常に個人情報、今までの住基カードと違った、あらゆる情報が網羅されるわけですので、ぜひここはよく研究をしていただいて、特に代理人で委任状持ってきた場合の確認、非常に大変だと思うのです。それで、本当に委任されて来た人もいるだろうし、それを偽って来る人もいるかもしれないというようなことで、その窓口になるのがそちらの窓口になるわけですから、そこが非常に危険性が高いところなので十分気をつけていただいて、対応をお願いしたいというふうに思います。
  質問は以上で終わります。ありがとうございました。
議長(長谷川元夫議員) これをもちまして質疑を終結します。
  これより討論に入ります。討論ありませんか。
          〔「なし」と言う人あり〕
議長(長谷川元夫議員) 討論なしと認めます。
  これより議案第53号 滑川町事務手数料条例の一部を改正する条例の制定についてを採決します。
  本案は原案のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。
          〔挙手多数〕
議長(長谷川元夫議員) 賛成多数です。
  よって、議案第53号は原案のとおり可決されました。
                                           
    議案第54号の説明、質疑、討論、採決
議長(長谷川元夫議員) 日程第3、議案第54号を議題とします。
  事務局長より朗読願います。
          〔事務局長朗読〕
議長(長谷川元夫議員) 朗読が終わりました。
  吉田産業振興課長に提出議案の説明を求めます。
          〔産業振興課長兼農業委員会事務局長 吉田 浩登壇〕
産業振興課長兼農業委員会事務局長(吉田 浩) 産業振興課長、議案第54号 滑川町企業誘致条例の一部を改正する条例の制定についてご説明させていただきます。
  提案理由でございますが、滑川町企業誘致条例の一部を改正する条例を制定したく、地方自治法第96条第1項の規定により議決を求めるものでございます。
  それでは、内容につきまして説明させていただきます。添付されております新旧対照表をごらんください。
  第3条の第1号中、最後の「新設すること」を「新設又は増設すること」に改め、そして同じく第3条第3号に、「ただし、増設の場合は、この限りではない」を加えるということでございます。こちらにつきましては、本条例を制定するに当たり、企業等が町内に新設または増設により事業を開始した場合に、町として奨励金を交付することを目的に制定したものでしたが、増設した場合に曖昧な表現となっておりましたため、今回改正を行うものです。
  以上でございます。ご審議のほどよろしくお願いいたします。
議長(長谷川元夫議員) 提出議案の説明が終わりました。
  これより質疑に入ります。質疑ありませんか。
  15番、長谷川。
15番(長谷川元夫議員) 3年ごとに増設をすれば、これ永久に非課税が続くということにもある部分なりやしないかと思います。その猶予されるのは増設の部分だけでしょうか。
議長(長谷川元夫議員) 吉田課長。
  吉田課長。
          〔産業振興課長兼農業委員会事務局長 吉田 浩登壇〕
産業振興課長兼農業委員会事務局長(吉田 浩) 産業振興課長、長谷川議員さんのご質問に答弁させていただきます。
  増設の場合ということで、今回条例の改正をお願いしているわけですが、増設をした場合のふえる固定資産税についての奨励金ということで、3年ごとに増設を行ってもその増設のふえた分の固定資産税が変化がございますので、常に対応するということではないと考えておりますので、よろしくお願いいたします。
15番(長谷川元夫議員) 15番、長谷川、了解いたしました。
議長(長谷川元夫議員) これをもちまして質疑を終結します。
  これより討論に入ります。討論ありませんか。
          〔「なし」と言う人あり〕
議長(長谷川元夫議員) 討論なしと認めます。
  これより議案第54号 滑川町企業誘致条例の一部を改正する条例の制定についてを採決します。
  お諮りします。本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。
          〔「異議なし」と言う人あり〕
議長(長谷川元夫議員) 異議なしと認めます。
  よって、議案第54号は原案のとおり可決されました。
  以後、自分が質問のときは、副議長に席をかわります。
                                           
    議案第55号の説明、質疑、討論、採決
議長(長谷川元夫議員) 日程第4、議案第55号を議題とします。
  事務局長より朗読願います。
          〔事務局長朗読〕
議長(長谷川元夫議員) 朗読が終わりました。
  吉野総務政策課長に提出議案の説明を求めます。
          〔総務政策課長 吉野正和登壇〕
総務政策課長(吉野正和) 総務政策課長、議案第55号 平成27年度滑川町一般会計補正予算(第2号)の議定についてご説明申し上げます。
  1ページをお開きください。議案第55号 平成27年度滑川町一般会計補正予算(第2号)。平成27年度滑川町一般会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによる。
  (歳入歳出予算の補正)
  第1条 既定の歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ5,965万3,000円を追加し、歳入歳出それぞれ56億8,088万8,000円とする。
  第2項 歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。
  (債務負担行為の補正)
  第2条 債務負担行為の追加、変更は、「第2表 債務負担行為補正」による。
  地方債の補正、第3条 地方債の追加、変更は、「第3表 地方債補正」による。
  平成27年9月8日提出、滑川町長、吉田昇。
  それでは、5ページをごらんいただきたいと存じます。第2表 債務負担行為補正でございます。追加としまして、2件設定をさせていただきました。1件目は、福田小学校校務用PC機器等整備事業でございます。期間は平成27年度から平成32年度まで。限度額は賃貸借契約により決定した額ということでございます。2件目は、福田小学校教育用PC機器等整備事業でございます。期間は平成27年度から平成32年度まで。限度額は賃貸借契約により決定した額ということでございます。
  次に、変更としまして、2件設定をさせていただきました。1件目は、町立幼稚園及び小・中学校空調設備等整備事業でございます。期間は変更ございません。限度額を2億7,568万6,000円から2億7,569万円に変更するものでございます。2件目は、宮前小学校プレハブ教室等整備事業でございます。期間は変更ございません。限度額を1億6,692万5,000円から1億6,692万9,000円に変更するものでございます。
  次に、6ページをごらんいただきたいと存じます。第3表 地方債補正でございます。追加としまして、2件設定をさせていただきました。1件目は、羽尾中部地区土地改良事業債でございます。限度額を410万円。起債の方法を普通貸借または証券発行、利率を4%以内、償還の方法を、政府資金についてはその融通条件により銀行その他の場合はその債権者と協定した融通条件による。ただし、町財政の都合により据置期間を短縮し、もしくは繰上償還または低利に借りかえることができるでございます。
  2件目は、防災・安全社会資本整備交付金事業債でございます。限度額を1,110万円。起債の方法を普通貸借または証券発行、利率を4%以内、償還の方法を、政府資金についてはその融通条件により銀行その他の場合はその債権者と協定した融通条件による。ただし、町財政の都合により据置期間を短縮し、もしくは繰上償還または低利に借りかえることができるでございます。
  次に、変更としまして、2件設定をさせていただきました。1件目は、両表・大木地区土地改良事業債でございます。限度額を4,620万円から2,310万円に変更しました。起債の方法、利率、償還の方法は変更ございません。2件目は、臨時財政対策債でございます。限度額を2億3,000万円から2億3,095万5,000円に変更しました。起債の方法、利率、償還の方法は変更ございません。
  次に、10ページをごらんいただきたいと存じます。主な歳入につきましてご説明申し上げます。
  款9地方特例交付金、項1地方特例交付金、目1地方特例交付金を274万1,000円増額補正するものでございます。これは説明欄にもありますように、減収補てん特例交付金、住宅ローン減税分の交付決定によるものでございます。
  次に、款10地方交付税、項1地方交付税、目1地方交付税を193万9,000円増額補正するものでございます。これは説明欄にもありますように、市町村民税法人税割及び地方消費税交付金が、基準税額の増により基準財政収入額が増額となったことによる普通交付税の減額分1,238万1,000円と、宮小プレハブ校舎借り上げ及び固定資産台帳整備による特別交付税増額分1,432万円を相殺したことによるものでございます。
  次に、款14国庫支出金、項2国庫補助金、目1総務費国庫補助金、節6企画費国庫補助金を2,000万円増額補正するものでございます。これは説明欄にありますように地方創生先行型交付金ということで、上乗せ交付分としまして、地域資源、柿を活用した農業ビジネスモデル創造事業としての交付金でございます。
  次に、目2民生費国庫補助金、節3児童福祉総務費国庫補助金を814万2,000円増額補正するものでございます。これは説明欄にもありますように、放課後児童クラブ整備費補助金ということで、第6わくわくクラブの建設に対する補助金でございます。
  次に、目4農林水産業費国庫補助金、節3農地費国庫補助金を9,525万9,000円減額補正するものでございます。これは説明欄にもありますように、農村地域防災減災事業補助金の対象事業であるため池耐震性点検・ハザードマップ作成業務が国庫補助対象事業として不採択となったため5,000万円減額し、さらに農山漁村活性化プロジェクト支援交付金の対象事業である羽尾中部地区と両表・大木地区土地改良事業への国からの交付金が減額決定されたため、4,525万9,000円減額補正するものでございます。
  次に、目5土木費国庫補助金、節1道路新設改良費国庫補助金を1,573万円減額補正するものでございます。これは説明欄にもありますように、社会資本整備総合交付金の補助対象事業費が確定したため、減額補正するものでございます。
  次に、節6道路維持費国庫補助金を742万5,000円増額補正するものでございます。これは説明欄にもありますように、防災・安全社会資本整備交付金の補助対象事業費が確定したため、増額補正するものでございます。
  次に、11ページをごらんください。款15県支出金、項2県補助金、目1総務費県補助金、節6諸費県補助金を30万円増額補正するものでございます。これは説明欄にもありますように、交通事故防止特別対策事業費県補助金として、町内での死亡事故発生に伴い、8月26日から11月25日までの3カ月間、町が特別対策地域に指定されたため、交付されるものでございます。
  次に、目2民生費県補助金、節3児童福祉総務費県補助金を814万2,000円増額補正するものでございます。これは説明欄にもありますように、放課後児童クラブ整備費補助金ということで、第6わくわくクラブの建設に対する補助金でございます。
  次に、目4農林水産業費県補助金、節2農業振興費県補助金を149万9,000円増額補正するものでございます。これは説明欄にもありますように、青年就農給付金(経営開始型)事業補助金ということで、経営が不安定な新規就農者への給付金への申請があったことによるものでございます。
  次に、12ページをごらんください。款18繰入金、項1特別会計繰入金、目3介護保険特別会計繰入金、節1介護保険特別会計繰入金を755万3,000円増額補正するものでございます。これは説明欄にもありますように、介護保険特別会計繰入金ということで、前年度の決算により増額補正するものでございます。
  次に、款18繰入金、項2基金繰入金、目1財政調整基金繰入金、節1財政調整基金繰入金を1億400万円減額補正するものでございます。財政調整基金からの繰入金でございます。
  次に、款19繰越金、項1繰越金、目1繰越金、節1前年度繰越金を2億2,271万4,000円増額補正するものでございます。
  次に、13ページをごらんください。款21町債、項1町債、目4農林水産業債、節2農山漁村活性化対策整備事業債を1,900万円減額補正するものでございます。これは説明欄にもありますように、羽尾中部地区土地改良事業債を410万円増額補正し、両表・大木地区土地改良事業債を2,310万円減額補正し、その相殺によるものでございます。
  次に、目6土木債、節6防災・安全社会資本整備交付金事業債を1,110万円増額補正するものでございます。これは説明欄にもありますように、防災・安全社会資本整備交付金事業債を補助対象事業費の増加により増額補正するものでございます。
  次に、目11臨時財政対策債、節1臨時財政対策債を算定資料による発行可能額確定により95万5,000円増額補正するものでございます。
  次に、歳出の主な内容につきましてご説明申し上げます。
  14ページをごらんいただきたいと存じます。款2総務費、項1総務管理費を1,561万4,000円増額補正するものでございます。主な内容でございますが、節7賃金を1,017万3,000円、臨時職員の賃金として増額補正するものでございます。
  次に、15ページをごらんいただきたいと存じます。款2総務費、項1総務管理費、目6企画費、節13委託料を1,296万2,000円増額補正するものでございます。これは説明欄にもありますように、番号制度施行に伴い、必要な端末設置やシステム改修を実施するための電算機保守等委託料、新地方公会計制度による財務4表の作成が義務化されたための新地方公会計モデル財務4表作成支援業務委託料、公共施設等総合管理計画策定アセットマネジメントの基礎資料として固定資産台帳の整備が必要なため、公会計・資産台帳整備支援業務委託料として増額補正するものでございます。
  次に、節19負担金、補助及び交付金を125万8,000円増額補正するものでございます。これは説明欄にもありますように、集会所施設整備事業費補助金ということで、六軒集会所、月輪中央集会所、和泉集会所の各施設の修繕の必要が生じたため、増額補正するものでございます。
  次に、目15諸費を81万5,000円増額補正するものでございます。主な内容は、町内で交通死亡事故が連続して発生し、交通事故防止特別対策地域に指定されたため、節9旅費の費用弁償と節11需用費の消耗品費に、それぞれ対策事業の予算を増額補正するものでございます。
  次に、16ページをごらんいただきたいと存じます。款2総務費、項2徴税費、目2賦課徴収費、節22補償、補填及び賠償金を100万円、相続財産管理人に係る預託金として増額補正するものでございます。
  次に、17ページをごらんいただきたいと存じます。款2総務費、項3戸籍住民基本台帳費、目1戸籍住民基本台帳費、節13委託料を458万6,000円減額補正するものでございます。主な内容は、マイナンバー通知・カード交付事務の経費について、総務省通知に基づき市町村から交付金として支出するため、節13委託料から節19負担金、補助及び交付金に予算の組み替えを行うものでございます。また、マイナンバーカード交付用機器設置設定業務委託料として143万7,000円増額補正するものでございます。
  次に、20ページをごらんいただきたいと存じます。款3民生費、項2児童福祉費、目2児童福祉施設費を3,287万5,000円増額補正するものでございます。この主な内容は、節13委託料に子育て支援センター新築工事設計委託料、監理業務委託料として99万4,000円増額補正し、節15工事請負費に子育て支援センター新築工事として2,967万9,000円増額補正、節18備品購入費に子育て支援センター備品として194万4,000円増額補正するものでございます。
  次に、22ページをごらんいただきたいと存じます。款4衛生費、項1保健衛生費、目2予防費を358万1,000円増額補正するものでございます。主な内容は23ページをごらんいただきたいと存じます。節13委託料に検診・検査(健康診査事業)委託料として312万6,000円増額補正するものでございます。
  次に、24ページをごらんいただきたいと存じます。款6農林水産業費、項1農業費、目3農業振興費、節13委託料を2,000万円増額補正するものでございます。これは説明欄にもありますように、滑川町農産物ブランド化事業委託料として地域資源である柿を活用した農業ビジネスモデル創造事業でございます。
  次に、節19負担金、補助及び交付金を149万9,000円増額補正するものです。これは説明欄にもありますように、青年就農給付金(経営開始型)事業補助金として、経営が不安定な新規就農者への給付金の申請があったため、増額補正するものでございます。
  次に、25ページをごらんいただきたいと存じます。目5農地費を1億3,077万3,000円減額補正するものでございます。主な内容としては、節13委託料、ため池耐震性点検・ハザードマップ作成業務委託が国庫補助不採択となりましたので、5,000万円の減額補正。節15工事請負費、唐子沼堤体補修工事として70万円増額補正。節19負担金、補助及び交付金が国交付金の交付決定により減額されたため、公社営両表・大木地区土地改良事業補助金が6,921万3,000円の減額補正及び団体営羽尾中部土地改良事業補助金が1,244万円の減額補正をするものでございます。
  次に、26ページをごらんいただきたいと存じます。款8土木費、項2道路橋梁費、目2道路維持費を4,831万8,000円増額補正するものでございます。主な内容としましては、節7賃金、町道補修作業員賃金として607万2,000円増額補正、節11需用費、光熱水費として617万1,000円増額補正、節13委託料、道路台帳補正等委託料として760万円増額補正、節14使用料及び賃借料、重機借上料として309万1,000円増額補正、節15工事請負費、交通安全施設設置工事、防災・安全社会資本整備交付金事業道路等工事等で1,346万8,000円の増額補正、節16原材料費、町道補修用材料として345万7,000円の増額補正、節19負担金、補助及び交付金、町道108号線舗装修繕工事負担金として729万6,000円の増額補正をするものでございます。
  次に、目3道路新設改良費、節15工事請負費を町内全域小規模舗装工事として253万4,000円増額補正するものでございます。
  次に、28ページをごらんいただきたいと存じます。款9消防費、項1消防費、目3消防施設費、節15工事請負費を116万9,000円減額補正するものでございます。これは説明欄にもありますように、新滑川分署に設置した耐震性貯水槽の新設工事が完了したため、140万円減額補正し、旧滑川分署の1階を滑川消防団第2分団第1部の車庫兼詰所として活用するための電気工事費を23万1,000円増額補正し、その相殺によるものでございます。
  次に、目4防災費、節18備品購入費を144万9,000円増額補正するものでございます。これは、旧滑川分署の2階を滑川町防災備蓄センターとして活用するため、防災品の備蓄に使用する中量棚と防災品を2階へ上げ下げする荷揚げ機を購入するものでございます。
  次に、29ページをごらんください。款10教育費、項2小学校費、目1学校管理費、節11需用費を380万7,000円増額補正するものでございます。主な内容は、月小の空調設備設置に伴う光熱水費235万1,000円の増額補正となります。
  次に、30ページをごらんいただきたいと存じます。節14使用料及び賃借料を333万6,000円増額補正するものでございます。これは説明欄にもありますように、宮小と月小のバス借上料を増額補正し、福小のパソコン教室用と校務用のパソコンを経年により更新するため、増額補正するものでございます。
  次に、節17公有財産購入費を80万9,000円増額補正するものでございます。これは説明欄にもありますように、プール等移設用地取得費ということで、宮小のプール用地の購入による土地開発基金への償還金を増額補正するものでございます。
  次に、目2教育振興費、節11需用費を小学校3校の消耗品費として154万9,000円増額補正するものでございます。
  次に、款10教育費、項3中学校費、目1学校管理費、節11需用費を275万5,000円増額補正するものでございます。主な内容は、東校舎本稼働に伴う電気使用量の増加、生徒数の増加により水道使用量も増加したため、光熱水費を増額補正するものでございます。
  次に、31ページをごらんいただきたいと存じます。節14使用料及び賃借料をバス借上料として244万9,000円増額補正するものでございます。
  次に、目2教育振興費、節11需用費を消耗品費、教材費として183万9,000円増額補正するものでございます。
  次に、32ページをごらんいただきたいと存じます。款10教育費、項5社会教育費、目2文化財保護費、節15工事請負費を315万5,000円増額補正するものでございます。これは説明欄にもありますように、谷津の里ギャラリー改修工事、エコ・ミュージアム浄化槽配管改修工事を行うため、増額補正するものでございます。谷津の里ギャラリー改修工事の工事場所につきましては、総合体育館南側からエコ・ミュージアムセンター、図書館までの間を谷津の里ギャラリーとして枕木でつくった木道がございます。その木道が腐り、危険な箇所があるため、改修工事を行うものであります。
  次に、目3公民館費、節11需用費を162万円増額補正するものでございます。これは、滑川郷土かるたを小学校1年生に配布し、滑川郷土かるた大会への参加を促すため、印刷製本費として増額補正するものでございます。
  次に、33ページをごらんいただきたいと存じます。款12公債費、項1公債費、目1元金を今年度の借り入れが済み、今年度の償還見込み額に基づき100万8,000円増額補正するものでございます。
  次に、目2利子を今年度の利子償還金見込み額に基づき350万5,000円減額補正するものでございます。
  次に、款14予備費、項1予備費、目1予備費を1,060万8,000円増額補正するものでございます。
  以上、大ざっぱでございますけれども、説明とさせていただきます。ご審議のほどよろしくお願い申し上げます。
議長(長谷川元夫議員) 暫時休憩します。再開は11時30分とします。
          休 憩  (午前11時15分)
                                           
          再 開  (午前11時30分)
議長(長谷川元夫議員) 再開します。
  休憩前に提出議案の説明は終わっております。
  これより質疑に入ります。質疑ありませんか。
  井上奈保子議員。
          〔5番 井上奈保子議員登壇〕
5番(井上奈保子議員) 5番、井上です。1点だけ質問させていただきますので、よろしくお願いいたします。
  予算書の10ページの国庫補助金のところです。民生費国庫補助金の説明のところで、放課後児童クラブ整備費補助金が814万2,000円計上されております。また、11ページの県支出金、県補助金のところで民生費補助金が、ここでも児童福祉総務費の県補助金ということで同じく814万2,000円が補助金として出ておりますが、ここは何か先ほどの説明ですと、6番目のわくわくセンターという、これが設置される、建設ということで、これが補助金として出ているという説明を受けました。この補助金につきましては、この前議運のときに説明受けたときには、この費用が何か3分の1が補助、補助率3分の1ということの説明を受けたのですけれども、このことについてちょっとお願いいたします。
議長(長谷川元夫議員) 大塚健康福祉課長。
          〔健康福祉課長 大塚信一登壇〕
健康福祉課長(大塚信一) 健康福祉課長、井上議員さんの質問にお答えいたします。
  放課後児童クラブの整備費補助金につきましては、上限基準額というのがありまして、1つの学童施設をつくるたびに基準額が2,442万6,000円になっています。それが上限なのですね、補助対象の。2,442万6,000円の3分の1を国、3分の1を県ということで、全体的には3分の2の補助金をいただいて建設する予定です。ただし、本体だけで、外構工事だとかそういったものについては補助対象にならないということで、その分町の持ち出しが出てしまうということで、支出のところで二千九百数万円の支出が組んでありますけれども、これについては駐車場整備だとか、周りのフェンス整備だとか、そういったもの含めた総額になっておりますので、よろしくお願いいたします。
議長(長谷川元夫議員) 井上議員。
5番(井上奈保子議員) では、その3分の1につきましては、県と国とのあれで3分の2ということで了解しました。
  それでは、この6番目のわくわくができますが、位置的にはどこにできるのでしょうか。
議長(長谷川元夫議員) 大塚健康福祉課長。
          〔健康福祉課長 大塚信一登壇〕
健康福祉課長(大塚信一) 健康福祉課長、井上議員さんの質問にお答えします。
  場所につきましては、現在第5わくわくクラブが月の輪小学校の東側に、3年ぐらい前に建てたのがあるのですけれども、実際にはそこに、今ある駐車場を移転しまして、その駐車場のところに第6を建てる予定です。そうすれば、第5と第6で同じに使えるものは同じに使ってもらおうということで、今現在は計画しておりますので、よろしくお願いいたします。
議長(長谷川元夫議員) 井上議員。
5番(井上奈保子議員) そうしますと、今第5のセンターはもういっぱいなので、第6をということですが、その第5のわくわくのところの駐車場、あそこへつくるということですが、規模的にはどのぐらいな規模で、この児童が何人ぐらい上限入れるのでしょうか。
議長(長谷川元夫議員) 大塚健康福祉課長。
          〔健康福祉課長 大塚信一登壇〕
健康福祉課長(大塚信一) 健康福祉課長、井上議員さんの質問にお答えします。
  細かい面積は頭にちょっと入っていないのですけれども、一応規模的には50人定員ということで、県のほうには申請してつくる予定で進んでおります。ただし、50人定員で許可を得るのですけれども、50人入れてしまいますと、いろいろと柔軟に動けないというところがありまして、基本的には40人ぐらいを目標に、子どもさんを預かっていくと。なぜかというと、冬休みだとか、夏休みだとか、そういったときに臨時で入ってくるお子さんがいるのです。そういった子どもさんに対応するためにも基本的には50人定員の面積割りになっていますけれども、40人程度で住まわせていくというふうな計画でおりますので、よろしくお願いいたします。
議長(長谷川元夫議員) 井上議員。
5番(井上奈保子議員) 上限50人だけれども、いろいろな都合で40人ということで、50人の枠はとっておくということでございますが、この第6わくわくができますと、白い馬も含めると7つありますね、支援センターが。そうしますと、今度の7つで、この6番目入れて7つになって、そうすると大体上限というか、一つの上限、例えば6のわくわくは50人として、ほかを全部上限とすると、今度7つの支援センター含めますと、およそ何人ぐらい児童が利用できますか。一応今のこの第6をつくって、その後はもうこれでいいという、それはまだないと思います。というのは、やはりこれができるということは、月の輪地内ですか、子どもさんもふえているし、それから働くお母さんもふえているという、そういうことで多分このわくわくができることだと思いますので、これ以降もまだそういうことが考えられるのかなというふうに思いますが、今現在第6をこれからつくるということでございますけれども、その後のお考えは何とかまだ考えてはいないのですか。
議長(長谷川元夫議員) 大塚健康福祉課長。
          〔健康福祉課長 大塚信一登壇〕
健康福祉課長(大塚信一) 健康福祉課長、井上議員さんのご質問にお答えいたします。
  今後の計画なのですけれども、今現在、滑川町には滑川町子ども・子育て支援事業計画ということで、ことし、この3月にでき上がりました計画に基づいて、平成27年から31年までの間、さまざまな子どもたちの支援計画を行っていく予定でおります。学童施設につきましては、一応計画の中では、現在平成27年度で予定された予定人数というのは、300人希望があるのではないかというのがその計画を策定するときのいろんな調査の内容でございました。ただし、現在収容できる人数といいますと、白い馬さんは町で委託していますけれども、ちょっとわくわくとは別ですけれども、白い馬さんは規模的には30人程度ということで最初から進んでおりますので、滑川町の場合には、現在第5まであるわけですけれども、福田小学校の第3のみが30人ですね、定員が。ほかは全部50人定員で行っています。ですから、そうやって考えますと、町でつくったほうが280人、それから白い馬さんが入ると30人、全て定員どおり入りますと、計画の300人をクリアできるということですけれども、実際には300人の利用は、今のところおりません。ただ、心配なのは、私も4月に課長になったわけですけれども、そのときに一番最初にこれが気になっていたのですけれども、今現在のわくわくの事務局等に相談した結果、恐らくこの秋、就学の関係の説明会とかあるわけですけれども、そのときに来年度の学童さんの希望者等募ります。基本的には先に入っている方が優先されてしまうのが事実あるのですけれども、そこで何名の方が入所を希望するかということになってくると思います。どう考えても月輪地区が不足するのではないかと。唯一救いは、先ほど柔軟な枠になっているって言いましたけれども、第4ですね、それより前につくった第4というのが六軒境にあるのですけれども、そこが若干住宅の住民の方が子どもの声がうるさいということで、少し子どもさんを、数を減らしてあります。ですから、その辺を対応しながら、ことしは進んでいこうということだったのですけれども、今1年生、恐らくことしの1年生、それから来年の1年生に上がってくる子が、出生者数からするとピークなのかなと思いますので、こういった時代ですので、保護者の方もお仕事等やるという方が多いと思うのです。保育園の人数を見ても、非常に来年度上がってくる子が今現在60人ぐらいいるわけですね。保育園に行っているということは、両親が共働きというパターンが多いですから、特に月輪地区においては、学童を希望する方が多いのではないかということで、学童施設を建設する必要があるのではないかということで進めてきました。
  ちょっと話が長くなりますけれども、4月の段階に県のほうに建設予定はないのかということで、滑川町は手を挙げていませんけれども、臨時的に追加ではないのかということで確認したのですけれども、そのときは埼玉県は27年度の建設計画は全て終了して追加要望もなしと、28年度についてもないのだという回答を得たのです。それでは、28年度以降、ではどうするのだということで、いろいろと担当者と探したりなんかはしまして、いっとき東武さんのフランサを建て売りしたときの事務所を一部お借りして、そこに学童をつくったらどうかと、改修しながらですね。ただ、地代が非常に高いので、借地をしながら、面積も大きいですからね。それから、建物を改修してとかということでちょっと及び腰になっていたのですけれども、そこに急に埼玉県のほうから追加要望はないかということで、追加要望はなしではなかったのかと言ったのですけれども、それはいろんな事情があったのでしょうけれども、追加要望はないかということでお話が来たということで、それではということで、そこに今手を挙げさせていただいて、予算的にはまだ内示も何もいただいていませんけれども、今までどおりの計画で進めたということで、一応県のほうから内諾を得たということで、補正のほうに上げさせてもらっているのが今の状況でございます。
  以上です。
議長(長谷川元夫議員) 井上議員。
5番(井上奈保子議員) ただいまの課長の説明、わかりました。やはりこれからどんどん、まだまだ、来年がピークかという話もありましたけれども、やっぱりふえているということは現状でうれしいことです。私が愛育班というのに入ってやっているのですけれども、ほんとに赤ちゃんが生まれて家庭訪問をやるのですけれども、あそこのうち今度行くのだというので、本当にわくわく、自分もわくわくした気持ちで行って、赤ちゃん抱かせてもらえるかなというので、本当に寝ていないで起きているといいなということで、本当そういう気持ち、私も晴れ晴れとしたうれしい気持ちで訪問しているのですけれどもね。やはりどんどん子どもさんがふえているというのは本当にいいことでございますので、やはりこの子どもさんたちがお母さんの働くことによって、まだ放課後お母さんが来ないうちに子どもさんたちと仲よくそこで勉強したり遊んだり、そういうことをする場所、そういうことが本当に子どもたちにとって必要なので、ぜひ今回これを建設していただければいいかなというふうに思っております。このところで、20ページのところなのですけれども、子育て支援センター新築工事の設計委託料と、それから支援センター新築工事監理業務委託料というのがともに同じ料金で設定されているのですけれども、これはどういうことなのですか。
議長(長谷川元夫議員) 大塚健康福祉課長。
          〔健康福祉課長 大塚信一登壇〕
健康福祉課長(大塚信一) 健康福祉課長、井上議員さんの質問にお答えいたします。
  新築工事設計委託料につきましては、その名のとおり、いろんなこれから建築の建物を設計するための、設計士のほうに払っていく委託料、それから実際今度は建設が始まりましたら、その完成までのいろんな管理をしていただくということで管理委託料含んでいるわけですけれども、実際は見積もり合わせになりますので、金額に誤差があると思うのですけれども、一応上限として今までの経験というか、過去からのあれで当初50万円ずつ予算をとらせていただきました。消費税を除いた分として、消費税ではない、49万7,000円ですね、消費税込みで49万7,000円ということで組ませてもらったのですけれども、これは前にやっているのを参考に実際には組ませてもらっていますので、現実の契約金については、もう少し下がるのかなというふうに思います。
  以上です。
議長(長谷川元夫議員) 井上議員。
5番(井上奈保子議員) ありがとうございます。この第6をつくると、大体人数的には子どもさんたちがわくわくセンターに希望の子が入れる、その中に数がクリアされているという、今そういう説明受けました。なるべく希望する子どもさんがみんなここで利用できるよう、町のほうでもぜひこれからもそのことについて一生懸命というか、これ以上にまた進めていただきたいと思いますので、それを希望いたしまして質問を終わります。ありがとうございました。
議長(長谷川元夫議員) ほかに質疑ございませんか。
  阿部議員。
          〔11番 阿部弘明議員登壇〕
11番(阿部弘明議員) 11番、阿部であります。質問させていただきます。
  しつこいようですけれども、補正予算の中でも、やはりこのマイナンバーの問題についての数字が出ているのですけれども、15ページにある委託料、電算機保守等委託料453万7,000円ですよね。これについて、ここが全部マイナンバーに関する予算になるのでしょうか、そこを教えてください。
議長(長谷川元夫議員) 吉野総務政策課長。
          〔総務政策課長 吉野正和登壇〕
総務政策課長(吉野正和) 総務政策課長、阿部議員のご質問に答弁申し上げます。
  電算機保守等委託料453万7,000円の増額補正でございますけれども、これの内容につきましては、番号制度管理端末設置業務、それから番号制度照会端末設置業務、それから自動交付機番号制度対応改修業務等々ですね、それを含んだ改修業務の委託料でございます。
  以上でございます。
議長(長谷川元夫議員) 阿部議員。
11番(阿部弘明議員) もう一点お聞きしたいのですけれども、町村でつくる情報機構か、ありますけれども、そこへの委託は、ここの中には入っていないのですか。
議長(長谷川元夫議員) 吉野総務政策課長。
          〔総務政策課長 吉野正和登壇〕
総務政策課長(吉野正和) 総務政策課長、阿部議員のご質問にご答弁申し上げます。
  地方公共団体情報システム機構への委託につきましては、この中には含まれておりません。
  以上でございます。
議長(長谷川元夫議員) 阿部議員。
11番(阿部弘明議員) その委託料については、もう終わっているということなのかな。その補正の前にもう委託をして、もう支出しているということなのでしょうか、お願いします。
議長(長谷川元夫議員) 吉野総務政策課長。
          〔総務政策課長 吉野正和登壇〕
総務政策課長(吉野正和) 総務政策課長、阿部議員のご質問にご答弁申し上げます。
  今回の補正は、この補正予算の可決決定後の執行になりますので、これについての契約事務は、この予算の決定後になると思います。
  以上です。
議長(長谷川元夫議員) 阿部議員。
11番(阿部弘明議員) それでは、もう一つ別な角度からなのですけれども、この委託料、電算機の改修にかかわるお金ですけれども、これ人件費とか、そういったようなのは含まれていないのでしょうか。お願いします。
議長(長谷川元夫議員) 吉野総務政策課長。
          〔総務政策課長 吉野正和登壇〕
総務政策課長(吉野正和) 総務政策課長、阿部議員のご質問にご答弁申し上げます。
  今回は、この補正につきましては、保守等委託料ということにございますので、機械の保守になりますので、当然人がかかわる部分になりますので、そういった面では人件費的な部分も含まれているかなというふうに思います。
  それから今回の補正で、先ほど地方公共団体システム機構への補正予算ということでございますけれども、補正予算書17ページのところのマイナンバー通知カード交付事務委託料の610万2,000円の減額、それから負担金補助及び交付金のところの通知カード個人番号カード関連事務の委任に係る交付金ということでのこの予算の組み替えがございますので、ここに地方公共団体情報システム機構への支出のお金が計上されているということでお願いしたいと思います。
  以上です。
議長(長谷川元夫議員) 阿部議員。
11番(阿部弘明議員) 私お聞きしたのは、済みません、町の職員が要するにこれの事務をやらなければいけなくなるわけですよね、これから。それについてはどのようにお考えになっているのかお聞かせください。
議長(長谷川元夫議員) 吉野総務政策課長。
          〔総務政策課長 吉野正和登壇〕
総務政策課長(吉野正和) 総務政策課長、阿部議員のご質問にご答弁申し上げます。
  ここの電算機保守と委託料につきましては、当然職員ではできない技術的なカバーを業者委託で行うものでございますので、ここの部分につきましては、職員の人件費等については一切計上されておりません。職員として、この保守委託料にかかわる部分で、例えば時間外に実施をして、そこに町の職員が立ち会うということになれば、当然時間外勤務手当等の支給が発生してくるかと思いますけれども、それ以外、通常業務の中で行う場合につきましては、特段人件費の支出はないと思います。
  以上でございます。
議長(長谷川元夫議員) 阿部議員。
11番(阿部弘明議員) 支出がないということのご答弁なのですけれども、本当にないのでしょうか。10月5日からその交付が始まる。そして、それに対するさまざまな、町民の皆さんからのいろんなかかわりが出てくるだろうという、再発行がまた、さっきの話ではないけれども、そういったようなところで、全く新たな業務が、職員の負担がふえるのではないかなというふうに思うのですけれども、そこについては今のところ全く考えていないということなのですか。
議長(長谷川元夫議員) 石川町民保険課長。
          〔町民保険課長 石川光男登壇〕
町民保険課長(石川光男) 町民保険課長、阿部議員さんの質問に答えたいと思います。
  番号通知カードの交付の話でございますけれども、17ページの委託料の中にマイナンバーカード交付用機器設置設定業務委託料というのがあるのですけれども、そちらのほうでタッチパネルつきの情報端末2台を機械込みで設置して委託料として計上するのですけれども、それで一応その機械を使って暗証番号とか本人に打っていただいて、交付していくような形にはなってくると思います。ただ、スペースの関係がありますから、今の町民担当の部屋ですと、ちょっと一般のお客様との兼ね合いもありまして、そこでやるのはちょっと物理的に無理だろうということですので、担当としてはその業務を行うに必要なブースをホール等に設けさせていただいて、そちらで担当を決めて業務に当たっていこうかなというふうに思います。ただ、町民担当だけでその業務ができるかというとなかなか困難な面もあろうと思いますので、その辺は総務政策課のほうと相談してやっていきたいというふうに思います。よろしくお願いします。
議長(長谷川元夫議員) 阿部議員。
11番(阿部弘明議員) ぜひ、やっぱりこういう新しい業務になるわけですから、それもかなり神経が要る業務ですし、片手間にやるような感じではないだろうと思うのです。そういう点では、どうしても職員の皆さんに過度の負担がかかるのではないかなという心配しております。ですから、そこについての町としてもやはりこういったことをやらざるを得ないということで今進められてしまっているわけですから、十分な予算措置も含めてやっていただくべきではないかなというふうに思うのです。時間外でやればいいということでもないだろうと、きちんとしたそういう仕事というか、あれですか、なわけですから、きちんと予算をとった人件費の部分についても予算をとって対応していただければなというふうに思いますが、いかがでしょうか。
議長(長谷川元夫議員) 吉野総務政策課長。
          〔総務政策課長 吉野正和登壇〕
総務政策課長(吉野正和) 総務政策課長、阿部議員のご質問にご答弁申し上げます。
  阿部議員がおっしゃるように片手間ではできない事業だと思います。職員も限られた人数の中でやってございますので、町民保険課、原課のほうになると思いますけれども、原課と体制を整えながら総務政策課も協力していくという体制で進めてまいりたいと存じます。
  人件費につきましては、時間外勤務手当等もございますので、その中で時間外に業務を対応した場合には対応してまいりたいと存じますので、できる職員の中で一生懸命やっていきたいと思いますので、よろしくご理解をいただきたいと思います。よろしくお願いします。
  以上です。
議長(長谷川元夫議員) 阿部議員。
11番(阿部弘明議員) 今のご答弁、本当に前向きに受けとめてぜひ、要するに町が情報を管理しなければいけない、その町民との接点になるわけですから、そういう重大な仕事になるということを改めて、先ほどの質問もそうですけれども、情報が漏れるとか絶対にないようにお願いしたいなということで私の質問終わります。ありがとうございました。
議長(長谷川元夫議員) 暫時休憩します。再開は午後1時とします。
          休 憩  (午前11時59分)
                                           
          再 開  (午後 1時00分)
議長(長谷川元夫議員) 再開します。
  第55号の質疑を続けます。質疑のある方。
  森田議員。
          〔7番 森田泰雄議員登壇〕
7番(森田泰雄議員) 7番、森田でございます。
  まず、10ページ。10ページの国庫支出金の中で、4の農林水産業費国庫補助金なのですけれども、農村地域防災減災事業費が5,000万円削減されていると。それと、農村活性化プロジェクト支援交付金が4,525万9,000円の削減がされておるのですけれども、現在30年以内の割合での確率で首都直下型地震が発生するのではないかと言われておるのですけれども、そこで防災減災費用の補助金が5,000万円削られているということは、何か理由があるのだろうと思うのですけれども、その理由がありましたら、ちょっとお答えいただきたいと思います。
  同じく農山漁村活性化プロジェクト支援交付金についても同じことでございますので、お答えをしていただきたいと思います。
議長(長谷川元夫議員) はい、では2人から答弁を願いたいと思います。
  最初に、吉田産業振興課長。
          〔産業振興課長兼農業委員会事務局長 吉田 浩登壇〕
産業振興課長兼農業委員会事務局長(吉田 浩) 産業振興課長、森田議員さんのご質問に対してご答弁させていただきます。
  まず最初の10ページ、農村地域防災減災事業補助金5,000万円の減につきましてですが、こちらにつきましては、埼玉県の各市町村がこちらの事業をしたいということで県のほうに要望してあったわけなのですけれども、国からの内示が4%ということで、県内の要望に対しまして4%の内示額ということになってしまいましたもので、平成27年度要望の市町村への内示がゼロ内示というようなこととなってございます。
  続きまして、農山漁村活性化プロジェクト支援交付金4,525万9,000円の減額補正ということですが、こちらにつきましては、当初平成27年度予算編成の際には、公社営の両表・大木地区土地改良事業の補助金につきましては1億5,030万4,000円の総事業費、団体営羽尾中部土地改良事業の補助金につきましては、総事業費2,702万4,000円の事業費ということで、当初予算に上げさせていただいたわけなのですけれども、こちらにつきましても国からの内示が全て50%カットということで内示をいただきまして、総事業費として減額補正を今回行うものでございます。
  以上、答弁とさせていただきます。よろしくお願いいたします。
議長(長谷川元夫議員) 森田議員。
7番(森田泰雄議員) ありがとうございました。これしようがないと思うのですけれども、現在羽尾中部圃場整備というのは進行中でございますけれども、実は田んぼを畑にしたところがあるのです。それで、田んぼから畑にするのに以前は道路いっぱいか、道路にかさ上げ30センチまではオーケーだったのですけれども、最近の圃場整備は土がないということで、田んぼにちょっとかさ上げした程度で畑にするものですから、畑が水が出て困っておるということで、何とか今までの圃場整備の中では畑を暗渠排水することはやっていなかったのですけれども、この羽尾中部地区で結構広い畑にしたものですから、そこが一応借りたのですけれども、水が出てしまって、耕作できないということで返してしまったのがあるのですけれども、中間管理機構を利用してこれらの問題をぜひ解決していただきたいという要望でございます。ぜひひとつよろしくお願いいたしたいと思います。
  次に、23ページでございますけれども、今毎日1万歩運動というのが管理委託料を払っておるわけですけれども、これがマイナスになっておるのですけれども、これから1万歩運動に参加することがどんどん多くなっていくのではないかと思うのですけれども、なぜこの委託料が43万2,000円ですけれども、減らしてあるのかお聞かせいただきたいと思います。
議長(長谷川元夫議員) 堀口健康づくり課長。
          〔健康づくり課長 堀口幸男登壇〕
健康づくり課長(堀口幸男) 健康づくり課長、森田議員さんの質問に答弁申し上げます。
  1万歩運動ですが、6月の補正で500万円ということで補助金をいただきまして、ここのところで補正させていただいて、7月から推進しているわけなのですが、この中で、ここの中で報償費とか需用費とかいろんな部分で精算をしまして、1万歩運動の委託料が確定しましたので、その分を削除したということなのですが、それによって報償費を今回10万円増額させてもらっています。それと、消耗品等で足りない部分を16万3,000円ということで増額しまして、精算ということと相殺しまして、これらを計上するために確定しました1万歩運動の委託料から減額したということになっております。もう一つは、あと備品につきましてもここで減額しまして、ひとつ精算をしまして、ほかのものを買うような状況にしたということでございます。
  以上です。
議長(長谷川元夫議員) 森田議員。
7番(森田泰雄議員) ありがとうございます。そうしますと、ここでは減額していますけれども、1万歩運動についてはますます前向きでやっておるということでよろしいのですね。
  次に、26ページ、町内小規模舗装の4メーター以下についての計画はされておりますけれども、この辺はどのような状況なのかお尋ねします。
議長(長谷川元夫議員) 赤沼建設課長。
          〔建設課長 赤沼 裕登壇〕
建設課長(赤沼 裕) 建設課長、森田議員さんのご質問に答弁いたします。
  町内全域小規模舗装工事ということで4メーター以下、こちらにつきましては、町内の多く利用する生活道路、また通学路等舗装をする工事でございます。今年度につきましては、補正のこちらの該当する地区につきましては、羽尾の平地内、平地内でもう数年前から要望されている道路があります。そちらの道路9732号線につきまして、小規模舗装で施工してまいりたいと考えております。
  以上でございます。
議長(長谷川元夫議員) 森田議員。
7番(森田泰雄議員) ありがとうございました。
  交通対策の指導を受けて、2人の死亡者があったということで指定を受けたのですけれども、不幸にしてまた2人の死亡者が発生してしまったのですけれども、これ期間が延びるのかどうか、ちょっとお尋ねしたいと思うのですけれども。
議長(長谷川元夫議員) 吉野総務政策課長。
          〔総務政策課長 吉野正和登壇〕
総務政策課長(吉野正和) 総務政策課長、森田議員のご質問にご答弁申し上げます。
  期間の延長につきましては、今現在お話はございません。
  ただ、きょう午後3時過ぎに警察のほうから町の方へいらして、ちょっと打ち合わせがあるという話は聞いております。
  以上でございます。
議長(長谷川元夫議員) 森田議員。
7番(森田泰雄議員) この場所はよくわからないのですけれども、逆走をしてしまって正面衝突したということなのですけれども、ある程度その理由はわかりますか。
議長(長谷川元夫議員) 吉野総務政策課長。場所から言ってください。
          〔総務政策課長 吉野正和登壇〕
総務政策課長(吉野正和) 総務政策課長、森田議員のご質問にご答弁申し上げます。
  事故発生は、おととい午後1時15分、これ新聞発表によるものですけれども、滑川町福田の県道ということで、私もきのうちょっと熊谷に行く用がありましたので、そこを通ってみたのですけれども、藤田屋さんから若干南へ100メートルぐらい寄ったところの熊谷方面に向かう、ですから左側の車線になるのかなと思います。
  どういう状況でその逆走が発生したかというのは、まだ情報は入っておりません。ただ、運転されていた方が92歳という高齢な方ですので、その辺のことも原因の中にあるのかなというふうには思いますけれども、はっきりした状況は把握しておりませんので、申し上げられない状況です。よろしくお願いします。
議長(長谷川元夫議員) 森田議員。
7番(森田泰雄議員) 92歳ということで、免許証の更新は練習場でもって運転免許の実施や何かもするわけなのですけれども、92歳になったら返納してもらったほうがいいのではないかと思うのですけれども、この人が元気で恐らく講習のときも立派にやったのではないかと思うのですけれども、できるだけ、92歳となると何かにつけてちょっと衰えるものですから、返納していただくのが一番よかったのかもしれないと思うのですけれども、よろしくお願いいたします。
  以上でございます。
議長(長谷川元夫議員) ほかに質疑ございますか。
          〔「なし」と言う人あり〕
議長(長谷川元夫議員) 質疑なしと認めます。
  これをもちまして質疑を終結します。
  これより討論に入ります。討論ありませんか。
  阿部議員。
          〔11番 阿部弘明議員登壇〕
11番(阿部弘明議員) 11番、阿部弘明であります。私はこの補正予算に対して賛成の立場から討論に参加したいというふうに思っています。
  この間、質問も行ってきましたけれども、マイナンバー制度など自治体の権限を著しく侵すような制度が導入されているという中で、それが法定受託事務ということで国からおろされるというような中で、非常に困難を考えられる、今後の町の運営にとっても困難が考えられる、そういった制度の導入だというふうに思います。そういうような補正予算も組まれているわけでありますけれども、今回の補正予算の中に子育て支援センターなどの子育て支援策のさらなる拡充、また青年の就農給付金や農産物のブランド化など、そういった町の農業の発展、また交通安全の道路の補修や生活道路などの建設など、そういった私たち生活する町民の皆さんが生活するにとって非常に必要な部分がたくさん予算として計上されています。こういったような意味でぜひこの補正予算についての賛成を行っていきたいというふうに思っています。よろしくお願いいたします。
議長(長谷川元夫議員) ほかに討論ございますか。
          〔「なし」と言う人あり〕
議長(長谷川元夫議員) これをもちまして討論を終結します。
  採決をいたします。
  これより議案第55号 平成27年度滑川町一般会計補正予算(第2号)の議定についてを採決します。
  本案は原案どおり決することに賛成の方の挙手を求めます。
          〔挙手全員〕
議長(長谷川元夫議員) 賛成全員です。
  よって、議案第55号は原案のとおり可決されました。
                                           
    議案第56号の説明、質疑、討論、採決
議長(長谷川元夫議員) 日程第5、議案第56号を議題とします。
  事務局長より朗読願います。
          〔事務局長朗読〕
議長(長谷川元夫議員) 石川町民保険課長に提出議案の説明を求めます。
          〔町民保険課長 石川光男登壇〕
町民保険課長(石川光男) 町民保険課長、議案説明をさせていただきます。
  議案第56号 平成27年度滑川町国民健康保険特別会計補正予算(第1号)の議定についてご説明申し上げます。
  最初に1ページをお願いいたします。平成27年度滑川町国民健康保険特別会計補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。
  (歳入歳出予算の補正)
  第1条 既定の歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ8,551万2,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ19億3,651万2,000円とする。
  第2項 歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。
  平成27年9月8日提出、滑川町長、吉田昇。
  今回の補正は、主に平成26年度決算によるものと、平成27年度前期高齢者交付金、介護保険料納付金及び平成26年度の療養給付費交付金の交付額が確定したことによる補正でございます。
  詳細につきましては、6ページをごらんいただきたいと思います。歳入の主な項目について説明申し上げます。
  初めに、款5前期高齢者交付金、項1前期高齢者交付金、目1前期高齢者交付金になりますが、補正前の額4億6,796万7,000円、補正額8万2,000円を減額して、計4億6,788万5,000円でございます。内容につきましては、交付金の確定による減額でございます。
  続きまして、款11繰越金、項1繰越金、目2その他繰越金になりますが、補正前の額100万円、補正額8,559万4,000円を増額し、計8,659万4,000円でございます。内容につきましては、平成26年度決算によるものでございます。
  続きまして、7ページをごらんいただきたいと思います。歳出の主な項目について説明申し上げます。
  初めに、款2保険給付費、項1療養諸費、目1一般被保険者療養給付費になりますが、内容につきましては、前期高齢者交付金が8万2,000円減額になったため、一般財源が増加したことによる財源の組み替えにより補正するものでございます。
  続きまして、款3後期高齢者支援金等、項1後期高齢者支援金等、目1後期高齢者支援金になりますが、内容につきましては、前期高齢者交付金が8万2,000円減額になったため、一般財源が増加したことによる財源の組み替えによる補正でございます。
  続きまして、款6介護納付金、項1介護納付金、目1介護納付金になりますが、補正前の額8,835万8,000円、補正額31万9,000円の減額で、計8,803万9,000円でございます。内容につきましては、平成27年度の納付額が確定したことにより差額を補正するものであります。
  続きまして、8ページをごらんいただきたいと思います。款10諸支出金、項1償還金及び還付加算金、目1一般被保険者還付金になりますが、補正の前の額150万円、補正額108万9,000円を増額して、計258万9,000円でございます。内容につきましては、税務課管理担当から還付金の見積額を受けて見込んだことによる補正になります。
  続きまして、款10諸支出金、項1償還金及び還付加算金、目3償還金になりますが、補正前の額1万円、補正額727万8,000円を増額して、計728万8,000円でございます。内容につきましては、平成26年度療養給付費の確定に伴う交付金の返還による補正になります。
  続きまして、款10諸支出金、項1償還金及び還付加算金、目4一般被保険者還付加算金になりますが、補正前の額5万円、補正額5万円を増額して、計10万円でございます。内容につきましては、税務課管理担当から還付加算金の見積額を受けて見込んだことによる補正になります。
  最後に、款11予備費、項1予備費、目1予備費になりますが、補正前の額1,000万円、補正額7,741万4,000円を増額して、計8,741万4,000円でございます。内容につきましては、平成26年度決算によるものです。
  以上でございます。ご審議のほどよろしくお願いいたします。
議長(長谷川元夫議員) 提出議案の説明が終わりました。
  これより質疑に入ります。質疑ありませんか。
          〔「なし」と言う人あり〕
議長(長谷川元夫議員) 質疑なしと認めます。
  これより討論に入りますが、まず原案に反対の発言を願います。反対なき場合、賛成者の討論は極力避けていただきますようお願いを申し上げます。
  討論ありますか。
          〔「なし」と言う人あり〕
議長(長谷川元夫議員) 討論なしと認めます。
  これより議案第56号 平成27年度滑川町国民健康保険特別会計補正予算(第1号)の議定についてを採決します。
  お諮りします。本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。
          〔「異議なし」と言う人あり〕
議長(長谷川元夫議員) 異議なしと認めます。
  よって、議案第56号は原案のとおり可決されました。
                                           
    議案第57号の説明、質疑、討論、採決
議長(長谷川元夫議員) 日程第6、議案第57号を議題とします。
  事務局長より朗読願います。
          〔事務局長朗読〕
議長(長谷川元夫議員) 石川町民保険課長に提出議案の説明を求めます。
          〔町民保険課長 石川光男登壇〕
町民保険課長(石川光男) 町民保険課長、議案説明をさせていただきます。
  議案第57号 平成27年度滑川町介護保険特別会計補正予算(第2号)の議定について説明申し上げます。
  最初に、1ページをお願いいたします。平成27年度滑川町介護保険特別会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによる。
  (歳入歳出予算の補正)
  第1条 既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ7,964万3,000円を追加し、歳入歳出それぞれ10億5,509万3,000円とする。
  第2項 歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。
  平成27年9月8日提出、滑川町長、吉田昇。
  今回の主な補正につきましては、平成26年度決算によるものでございます。
  詳細につきましては、6ページをごらんいただきたいと思います。歳入の主な項目について説明を申し上げます。
  款5支払基金交付金、項1支払基金交付金、目2地域支援事業支援交付金になりますが、補正前の額156万2,000円、補正額1万7,000円を増額して計157万9,000円でございます。内容につきましては、地域支援事業支援交付金の過年度分の精算に伴う補正となります。
  続きまして、款10繰越金、項1繰越金、目1繰越金になりますが、補正前の額22万円、補正額7,962万6,000円を増額して計7,984万6,000円でございます。内容につきましては、平成26年度決算による繰越金でございます。
  続きまして、7ページをごらんいただきたいと思います。歳出の主な項目についてご説明申し上げます。
  款2保険給付費、項1介護サービス等諸費、目7居宅介護福祉用具購入費になりますが、補正前の額75万円、補正額30万円を増額して計105万円でございます。内容につきましては、平成27年度当初予算を前年度の実績をもとに計上しておりましたが、今年度は4月から7月の居宅介護福祉用具購入費が例年よりも伸びたため、不足分を補正するものでございます。
  続きまして、款2保険給付費、項1介護サービス等諸費、目8居宅介護住宅改修費になりますが、補正前の額278万3,000円、補正額150万円を増額して計428万3,000円でございます。内容につきましては、同じく平成27年度当初予算を前年度の実績をもとに計上しておりましたが、今年度は4月から7月の居宅介護住宅改修費が例年よりも伸びたため、不足分を補正するものでございます。
  続きまして、款2保険給付費、項2介護予防サービス等諸費、目5介護予防福祉用具購入費になりますが、補正前の額26万円、補正額10万円を増額して計36万円でございます。内容につきましては、同じく当初予算に比して4月から7月の分が例年より伸びたための不足分を補正するものでございます。
  続きまして、款2保険給付費、項2介護予防サービス等諸費、目6介護予防住宅改修費になりますが、補正前の額170万円、補正額50万円を増額して計220万円でございます。内容につきましては、同じく平成27年度当初予算を4月から7月の実績が伸びましたので、不足分を補正するものでございます。
  続きまして、款5地域支援事業費、項3包括的支援事業・任意事業、目3包括的・継続的ケアマネジメント支援事業費になりますが、補正前の額128万8,000円、補正額8万5,000円を増額して計137万3,000円でございます。内容につきましては、年度当初は、節の13委託料が科目設定のみ1,000円ということで予算計上としておりましたが、住所地特例の方が2名が県外事業所のサービス利用を始めたために、ケアプラン作成を居宅介護支援事業所へ委託する必要が生じたために補正するものでございます。
  続きまして、8ページをごらんください。款8諸支出金、項1償還金及び還付加算金、目2償還金になりますが、補正前の額9万円、補正額2,146万3,000円を増額して計2,155万3,000円でございます。内容につきましては、平成26年度決算により返還するための補正になります。返還の内訳としましては、国庫支出金の返還部分が1,186万3,000円、支払基金交付金返還分114万2,000円、県支出金返還分が845万8,000円となります。
  続きまして、款8諸支出金、項3繰出金、目1他会計繰出金になりますが、補正前の額1万円、755万3,000円を増額して計756万3,000円でございます。内容につきましては、平成26年度決算により一般会計へ返還するための補正になります。
  最後に、9ページをごらんいただきたいと思います。款9予備費、項1予備費、目1予備費になりますが、補正前の額97万6,000円、補正額4,814万2,000円を増額して計4,911万8,000円でございます。内容につきましては、平成26年度決算によるものでございます。
  以上でございます。ご審議のほどよろしくお願いいたします。
議長(長谷川元夫議員) 提出議案の説明が終わりました。
  これより質疑に入ります。質疑ありませんか。
          〔「なし」と言う人あり〕
議長(長谷川元夫議員) 質疑なしと認めます。
  これより討論に入ります。討論ありませんか。
          〔「なし」と言う人あり〕
議長(長谷川元夫議員) 討論なしと認めます。
  これより議案第57号 平成27年度滑川町介護保険特別会計補正予算(第2号)の議定についてを採決します。
  お諮りします。本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。
          〔「異議なし」と言う人あり〕
議長(長谷川元夫議員) 異議なしと認めます。
  よって、議案第57号は原案のとおり可決されました。
                                           
    議案第58号の説明、質疑、討論、採決
議長(長谷川元夫議員) 日程第7、議案第58号を議題とします。
  事務局長より朗読願います。
          〔事務局長朗読〕
議長(長谷川元夫議員) 石川町民保険課長に提出議案の説明を求めます。
          〔町民保険課長 石川光男登壇〕
町民保険課長(石川光男) 町民保険課長、議案説明をさせていただきます。
  議案第58号 平成27年度滑川町後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)の議定についてご説明申し上げます。
  最初に、1ページをお願いいたします。平成27年度滑川町後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。
  (歳入歳出予算の補正)
  第1条 既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1,244万4,000円を追加し、歳入歳出それぞれ1億3,319万4,000円とする。
  第2項 歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。
  平成27年9月8日提出、滑川町長、吉田昇。
  今回の補正は、主に平成26年度の決算によるものでございます。
  詳細につきましては、6ページをごらんいただきたいというふうに思います。歳入の主な項目についてご説明申し上げます。
  款4繰入金、項1一般会計繰入金、目1一般会計繰入金になりますが、補正前の額2,691万3,000円、補正額22万7,000円を減額して計2,668万6,000円でございます。内容につきましては、広域連合試算の経営安定負担金の減額による補正でございます。
  続きまして、5繰越金、1繰越金、1繰越金になりますが、補正前の額1万円、補正額1,267万1,000円を増額して計1,268万1,000円でございます。内容につきましては、平成26年度決算による補正でございます。
  次に、7ページをごらんいただきたいと思います。歳出の主な項目についてご説明申し上げます。
  款1総務費、項2徴収費、目1賦課徴収費になりますが、補正前の額44万3,000円、補正額4万4,000円を増額して計48万7,000円でございます。内容につきましては、年度当初の見込みよりも特別徴収の対象者が多くなりましたので、新たに証票類等の消耗品を購入するための消耗品費でございます。
  続きまして、款4予備費、項1予備費、目1予備費になりますが、補正前の額103万9,000円、1,240万円を増額して計1,343万9,000円でございます。内容につきましては、平成26年度決算によるものでございます。
  ご審議のほどよろしくお願いいたします。
議長(長谷川元夫議員) 提出議案の説明が終わりました。
  これより質疑に入ります。質疑ありませんか。
          〔「なし」と言う人あり〕
議長(長谷川元夫議員) 質疑なしと認めます。
  これより討論に入ります。討論ありませんか。
          〔「なし」と言う人あり〕
議長(長谷川元夫議員) 討論なしと認めます。
  これより議案第58号 平成27年度滑川町後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)の議定についてを採決します。
  お諮りします。本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。
          〔「異議なし」と言う人あり〕
議長(長谷川元夫議員) 異議なしと認めます。
  よって、議案第58号は原案のとおり可決されました。
                                           
    議案第59号の説明、質疑、討論、採決
議長(長谷川元夫議員) 日程第8、議案第59号を議題とします。
  事務局長より朗読願います。
          〔事務局長朗読〕
議長(長谷川元夫議員) 横田環境課長に提出議案の説明を求めます。
          〔環境課長 横田一己登壇〕
環境課長(横田一己) 環境課長、議案第59号 平成27年度滑川町下水道事業特別会計補正予算(第2号)についてご説明申し上げます。
  本議案の内容につきましては、歳入につきましては、分担金及び負担金の増額及び使用料並びに手数料の増額補正、並びに平成26年度繰越金の増額確定でございます。
  歳出につきましては、管渠維持管理費及び事業費の増額並びに繰越金の増額分を予備費に充当するため、本補正予算を行うものでございます。
  1ページをお願い申し上げます。平成27年度滑川町下水道事業特別会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによる。
  (歳入歳出予算の補正)
  第1条 既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1,364万7,000円を追加し、歳入歳出それぞれ4億3,364万7,000円とする。
  第2項 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。
  平成27年9月8日提出、滑川町長、吉田昇でございます。
  6ページをお願い申し上げます。初めに、歳入についてご説明申し上げます。
  款1分担金及び負担金、項1分担金、目1下水道事業分担金ですが、255万6,000円を増額補正し、256万6,000円を計上いたしました。内容につきましては、区域外流入に基づく受益者負担金の増額でございます。
  次に、款1分担金及び負担金、項2負担金、目1下水道事業負担金になりますが、93万7,000円を増額し、1,764万7,000円を計上いたしました。内容につきましては、過年度負担金の増額でございます。
  次に、款1使用料及び手数料、項1使用料、目1使用料でございますが、252万1,000円を増額し、1億6,752万1,000円を計上いたしました。
  続きまして、款6繰越金、項1繰越金、目1繰越金になりますが、763万3,000円を増額補正し、1,932万5,000円を計上いたしました。内容につきましては、前年度繰越金の確定額が増額となったものでございます。
  次に、歳出についてご説明を申し上げます。7ページをお願い申し上げます。
  款1総務費、項2維持管理費、目1管渠維持管理費でございますが、500万円を増額補正し、1億28万9,000円とさせていただきました。内容につきましては、節13委託料につきましては、管渠清掃業務委託料及び台帳補正等業務委託料といたしまして400万円を計上し、節15工事請負費につきましては、管渠修繕工事費といたしまして100万円を計上させていただきました。
  次に、款2事業費、項1下水道事業費、目1建設事業費になりますが、816万1,000円を増額補正し、1億3,732万7,000円とさせていただきました。内容につきましては、節13委託料につきましては、管渠等実施設計業務委託料といたしまして800万円を増額いたしました。これは十三塚地区の開発等をにらみまして、みなみ野4丁目の管路につきまして、200メートルの工事を計画いたしまして、こちらのほうの実施設計業務を発注をさせていただく予定でございます。
  次に、節22補償、補填及び賠償金につきましては、水道管等の移設補償金といたしまして、350万円を計上させていただきました。
  次に、款3公債費、項1公債費、目1元金でありますが、補正額はありませんが、補正額の財源内訳に変更が生じたため、特定財源のその他を増額し、一般財源を減額する表記をさせていただきました。
  最後になりますが、款5予備費、項1予備費、目1予備費になりますが、47万9,000円を増額補正し、228万9,000円とさせていただきました。
  以上でございます。ご審議のほどよろしくお願い申し上げます。
議長(長谷川元夫議員) 提出議案の説明が終わりました。
  これより質疑に入ります。質疑ありませんか。
          〔「なし」と言う人あり〕
議長(長谷川元夫議員) 質疑なしと認めます。
  これより討論に入ります。討論ありませんか。
          〔「なし」と言う人あり〕
議長(長谷川元夫議員) 討論なしと認めます。
  これより議案第59号 平成27年度滑川町下水道事業特別会計補正予算(第2号)の議定についてを採決します。
  お諮りします。本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。
          〔「異議なし」と言う人あり〕
議長(長谷川元夫議員) 異議なしと認めます。
  よって、議案第59号は原案のとおり可決されました。
                                           
    議案第60号の説明、質疑、討論、採決
議長(長谷川元夫議員) 日程第9、議案第60号を議題とします。
  事務局長より朗読願います。
          〔事務局長朗読〕
議長(長谷川元夫議員) 横田環境課長に提出議案の説明を求めます。
          〔環境課長 横田一己登壇〕
環境課長(横田一己) 環境課長、議案第60号 平成27年度滑川町農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)についてご説明申し上げます。
  本議案の内容は、歳入につきましては、使用料及び手数料並びに平成26年度の繰越金の増額確定でございます。歳出につきましては、施設費及び農業集落排水事業費の増額並びに繰越金増額分を予備費に充当するため、予算補正を行うものでございます。
  1ページをお願い申し上げます。平成27年度滑川町農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによる。
  (歳入歳出予算の補正)
  第1条 既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ974万5,000円を追加し、歳入歳出それぞれ1億174万5,000円とする。
  第2項 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。
  平成27年9月8日提出、滑川町長、吉田昇でございます。
  6ページをお願い申し上げます。初めに、歳入についてご説明を申し上げます。
  款2使用料及び手数料、項1使用料、目1使用料になりますが、7万4,000円を増額補正し、1,664万4,000円といたしました。
  次に、款5繰越金、項1繰越金、目1繰越金になりますが、967万1,000円を増額補正し、1,478万8,000円といたしました。内容につきましては、前年度繰越金の確定額が増額となったものでございます。
  続きまして、歳出の主なものについてご説明を申し上げます。7ページをお願い申し上げます。
  款1施設費、項1施設管理費、目1維持管理費になりますが、120万円を増額補正し、3,497万1,000円といたしました。主な内容につきましては、節7賃金につきましては、施設補修作業員賃金として20万円、節13委託料につきましては、管渠等清掃委託料として100万円を計上させていただきました。
  次に、款2農業集落排水事業費、項1農業集落排水事業費になりますが、529万8,000円を増額補正し、2,440万8,000円といたしました。内容につきましては、目の1総務費、節13委託料になりますが、農業集落排水使用料徴収に伴う水道システム改修業務委託料499万8,000円を計上させていただきました。これは、現在の使用料の算定方式は人数方式でございまして、基本料金2,000円に1人につき400円を加算して使用料としております。これを従量型水道料の使用料に基づき、算定方法、いわゆる公共下水道料金算定方法に変更させていただきたく、システム改修等の業務委託料でございます。
  次に、目2施設建設費、節15工事請負費30万円を計上させていただきました。
  最後になりますが、款5予備費、項1予備費、目1予備費でございますが、324万7,000円を増額し、453万6,000円とさせていただきました。
  以上でございます。ご審議のほどよろしくお願い申し上げます。
議長(長谷川元夫議員) 提出議案の説明が終わりました。
  これより質疑に入ります。質疑ありませんか。
          〔「なし」と言う人あり〕
議長(長谷川元夫議員) なしと認めます。
  これより討論に入ります。討論ありませんか。
          〔「なし」と言う人あり〕
議長(長谷川元夫議員) なしと認めます。
  これより議案第60号 平成27年度滑川町農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)の議定についてを採決します。
  お諮りします。本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。
          〔「異議なし」と言う人あり〕
議長(長谷川元夫議員) 異議なしと認めます。
  よって、議案第60号は原案のとおり可決されました。
                                           
    議案第61号の説明、質疑、討論、採決
議長(長谷川元夫議員) 日程第10、議案第61号を議題とします。
  事務局長より朗読願います。
          〔事務局長朗読〕
議長(長谷川元夫議員) 横田環境課長に提出議案の説明を求めます。
          〔環境課長 横田一己登壇〕
環境課長(横田一己) 環境課長、議案第61号 平成27年度滑川町浄化槽事業特別会計補正予算(第2号)についてご説明申し上げます。
  本議案の内容につきましては、歳入につきましては、平成26年度繰越金が増額補正したことによりまして、増額するものでございます。歳出につきましては、繰越金増額分を予備費等に充当するため、予算補正を行うものでございます。
  1ページをお願い申し上げます。平成27年度滑川町浄化槽事業特別会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによる。
  (歳入歳出予算の補正)
  第1条 既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ324万7,000円を追加し、歳入歳出それぞれ9,524万7,000円とする。
  第2項 歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。
  平成27年9月8日提出、滑川町長、吉田昇でございます。
  6ページをお願い申し上げます。初めに、歳入についてご説明を申し上げます。
  款6繰越金、項1繰越金、目1繰越金でございますが、324万7,000円を増額補正し、737万1,000円といたしました。前年度繰越金の確定額が増額となったものでございます。
  続きまして、歳出についてご説明申し上げます。7ページをお願い申し上げます。
  款5予備費、項1予備費、目1予備費でございますが、318万円を増額補正し、529万7,000円とさせていただきました。
  以上でございます。ご審議のほどよろしくお願い申し上げます。
議長(長谷川元夫議員) 提出議案の説明が終わりました。
  これより質疑に入ります。質疑ありませんか。
          〔「なし」と言う人あり〕
議長(長谷川元夫議員) 質疑なしと認めます。
  これより討論に入ります。討論ありませんか。
          〔「なし」と言う人あり〕
議長(長谷川元夫議員) 討論なしと認めます。
  これより議案第61号 平成27年度滑川町浄化槽事業特別会計補正予算(第2号)の議定についてを採決します。
  お諮りします。本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。
          〔「異議なし」と言う人あり〕
議長(長谷川元夫議員) 異議なしと認めます。
  よって、議案第61号は原案のとおり可決されました。
                                           
    議案第62号の説明、質疑、討論、採決
議長(長谷川元夫議員) 日程第11、議案第62号を議題とします。
  事務局長より朗読願います。
          〔事務局長朗読〕
議長(長谷川元夫議員) 高坂水道課長より提出議案の説明を求めます。
          〔水道課長 高坂省吾登壇〕
水道課長(高坂省吾) 水道課長、議案第62号 平成27年度滑川町水道事業会計補正予算(第2号)についてご説明いたします。
  予算書、ページをめくりまして1ページをお開きください。平成27年度滑川町水道事業会計補正予算(第2号)。
  第1条 平成27年度滑川町水道事業会計の補正予算(第2号)は、次に定めるとおりとする。
  第2条 平成27年度滑川町水道事業会計(以下「予算」という。)第3条に定めた収益的支出の予定額を次のとおり補正する。
  科目、既決予定額、補正予定額、計の順で朗読いたします。
  支出、第1款事業費3億5,281万9,000円、161万8,000円、3億5,443万7,000円、第1項営業費用3億3,113万1,000円、161万8,000円、3億3,274万9,000円。
  第3条 予算第5条に定める(1)職員給与費を4,323万円に改める。
  平成27年9月8日提出、滑川町長、吉田昇。
  続きまして、2ページをお開きください。予算実施計画(補正第2号)でございますが、収益的支出の款1事業費、項1営業費用、目2配水及び給水費に40万円を追加し、2,753万円として、目4総係費を121万8,000円増額し、5,442万6,000円とし、1事業費の合計を3億5,443万7,000円とするものです。
  詳細につきまして、8ページ、一番最後のページでございますが、事項別明細書に掲げてございますので、ごらんください。
  この収益的支出の補正の内容は、1営業費用、2配水及び給水費、1賃金、配水場清掃業務賃金10万円、2備消品費30万円ですが、この消耗品の内容は災害用保存水の備蓄がただいま3,000本ございますが、その半数1,500本の入れかえに要する費用でございます。
  目4総係費の4賞与引当金繰入額28万3,000円、5法定福利費、共済組合負担金67万8,000円、19負担金、退職手当組合負担金25万7,000円であります。
  続きまして、4ページに戻っていただきたいと思います。滑川町水道事業予定貸借対照表。資産の部ですが、1ページをめくっていただき5ページをお開きください。中ほどの2流動資産の(1)現金預金について、161万8,000円減額し、7億9,757万3,613円となります。
  1ページをめくっていただきまして、7ページの中ほど、資本の部、7剰余金の(2)利益剰余金(積立金等)のハ当年度未処分利益剰余金を161万8,000円減額し、1億7,473万6,074円になります。一番下の負債資本合計額、二重線のところでございますが、29億2,675万8,837円の数字が、5ページに戻っていただきまして、一番下の二重線のところ、資産合計額29億2,675万8,837円の額と一致いたしますので、貸借一致となります。
  ご審議のほどよろしくお願いいたします。
議長(長谷川元夫議員) 提出議案の説明が終わりました。
  これより質疑に入ります。質疑ありませんか。
          〔「なし」と言う人あり〕
議長(長谷川元夫議員) 質疑なしと認めます。
  これより討論に入ります。討論ありませんか。
          〔「なし」と言う人あり〕
議長(長谷川元夫議員) 討論なしと認めます。
  これより議案第62号 平成27年度滑川町水道事業会計補正予算(第2号)の議定についてを採決します。
  お諮りします。本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。
          〔「異議なし」と言う人あり〕
議長(長谷川元夫議員) 異議なしと認めます。
  よって、議案第62号は原案のとおり可決されました。
                                           
    議案第63号の説明、質疑、討論、採決
議長(長谷川元夫議員) 日程第12、議案第63号を議題とします。
  事務局長より朗読願います。
          〔事務局長朗読〕
議長(長谷川元夫議員) 横田環境課長に提出議案の説明を求めます。
          〔環境課長 横田一己登壇〕
環境課長(横田一己) 環境課長、議案第63号 埼玉中部資源循環組合を組織する地方公共団体の数の増加及びこれに伴う規約の変更についてご説明申し上げます。
  初めに提案理由でございますが、埼玉中部資源循環組合がこれを組織する地方公共団体に平成27年12月1日または埼玉県知事の許可のあった日のいずれか遅い日から川島町を加えるとともに、埼玉中部資源循環組合規約を変更することについて協議したいので、地方自治法第290条の規定によりこの案を提出するものでございます。
  それでは、新旧対照表をごらんいただきたいと思います。改正前は、埼玉中部資源循環組合規約中、(組合の構成団体)第2条中、組合は、東松山市、桶川市、滑川町、嵐山町、小川町、吉見町、ときがわ町及び東秩父村とありますが、改正後は、小川町の次に川島町を加え、組合は東松山市、桶川市、滑川町、嵐山町、小川町、川島町、吉見町、ときがわ町及び東秩父村に変更させていただきます。
  次に、(組合の議会の組織)第5条中、組合の議会の議員(以下、「組合議員」という。)の定数は20人とありますが、改正後は、定数は22人とし、構成団体の定数を川島町2人とさせていただきます。
  次に、(管理者及び副管理者の設置及び選出方法)になりますが、第10条中、組合に、管理者1人、副管理者7人とありますが、改正後は管理者1人及び副管理者8人に変更させていただきます。
  附則といたしまして、(施行期日)、1、この規約は平成27年12月1日または埼玉県知事の許可のあった日のいずれか遅い日から施行する。
  (加入に伴う負担金)、2、この規約の施行により川島町が組合に加入することに伴い、川島町は負担金を負担するものとし、負担金の額、支払方法等は組合及び構成団体において協議の上、別に定める。
  (経費の支弁の方法の特例)、3、この規約の施行により川島町が加入することに伴い生ずる経費の負担については、第15条の規定にかかわらず、組合及び構成団体において協議の上、別に定めるとさせていただきたいものでございます。
  以上でございます。ご審議のほどよろしくお願い申し上げます。
議長(長谷川元夫議員) 提出議案の説明が終わりました。
  これより質疑に入ります。質疑ありませんか。
  阿部議員。
          〔11番 阿部弘明議員登壇〕
11番(阿部弘明議員) 11番、阿部です。質問をいたします。
  この組合の建設予定地の地元の住民の皆さんとの合意形成が必要だというふうに思うのですけれども、現在の状況についてお聞かせいただきたいと思います。
議長(長谷川元夫議員) 関連質問として認めます。
  横田環境課長、答弁願います。
          〔環境課長 横田一己登壇〕
環境課長(横田一己) 環境課長、阿部議員さんのご質問に答弁をさせていただきます。
  今現在、本年4月から埼玉中部資源循環組合が設置されましたが、その前に埼玉中部広域清掃協議会という組織がございました。こちらのほうで、今現在の反対の方とのお話し合いも、情報提供もさせていただきながら、またご本人たちと面会をさせていただいて、組合の今の現在の現状と、今後の問題につきまして情報提供と、それから話し合いを持っているということでございまして、今後も丁寧な説明等行うことによりまして、埼玉中部資源循環組合の今後のごみ処理施設の建設にご理解をいただくように努力をしていると聞いております。
  以上でございます。
議長(長谷川元夫議員) 阿部議員。
11番(阿部弘明議員) ありがとうございます。この建設予定地の住民の皆さんと、かつて中部環境組合と住民の皆さんとの裁判が行われ、裁判の和解が進められ、その和解条項の中に、現在予定されている地域での建設については行わないという和解が行われたというふうに聞いています。そうすると、今回その和解を無視した形での建設に進むということになるわけでありますけれども、ますます現地の住民の皆さんとの合意形成というのは難しい状況になるのではないかなというふうに心配するのですが、今丁寧な説明をということでありますけれども、そういうような関係になっているということを踏まえると、非常にかなり無理なやり方なのかなというふうに思うのですけれども、その辺はどんなふうに説得をされるということになっているのでしょうか。
議長(長谷川元夫議員) 横田環境課長。
          〔環境課長 横田一己登壇〕
環境課長(横田一己) 環境課長、阿部議員さんのご質問に答弁をさせていただきます。
  先ほど申し上げましたけれども、現在の埼玉中部資源循環組合におきましては、訴訟等の係争事案はございません。ただ、埼玉中部資源循環組合が、新ごみ処理施設建設予定地は吉見町大字大串地区でございます。この新ごみ処理施設建設予定地に隣接いたしまして、埼玉中部環境保全組合の埼玉中部環境センターが稼働してございます。同センターの建設に伴いまして、昭和57年に浦和地方裁判所熊谷支部におきまして、ごみ焼却施設建設禁止仮処分の申し立てがありました。この後、昭和61年の2月に和解が成立いたしまして、現在のごみ処理施設が建設されたとのことでございます。埼玉中部資源循環組合では、情報の発信と住民の皆様の合意形成に努めるとともに、関係法令に定められた手続に沿って引き続き真摯に取り組んでいくものと聞いております。
  以上でございます。
議長(長谷川元夫議員) 阿部議員。
11番(阿部弘明議員) いずれにしても前提は、地元の皆さんとの合意形成が前提だというふうに思いますので、よろしくお願いしたいと思います。
  もう一つ、この焼却施設の建設なのですけれども、非常に大きな焼却炉によるごみの焼却ということになるだろうと思うのですけれども、ごみの軽減というか、ごみをどのように少なくしていくのかということについての当組合での話し合いというのは行われているのですか。
議長(長谷川元夫議員) 横田環境課長。
          〔環境課長 横田一己登壇〕
環境課長(横田一己) 環境課長、阿部議員さんのご質問に答弁をさせていただきます。
  川島町が加わりますと、構成9市町村になります。この前の埼玉中部広域清掃協議会の中におきましても、それぞれ8市町村、小川町地区衛生組合は、小川町ほか5カ町村でありまして、そのほかに吉見町、桶川市、東松山市ということで、それぞれの自治体によりまして、ごみの搬出方法は違っております。この中で滑川町もありますように、資源の分別のカレンダーに基づきまして町民の皆様にご協力いただいて、資源の分別または燃えるごみの減量化に努めているわけでございます。構成市町村、8市町村、今度川島町が入りまして9市町村になりますけれども、それぞれの組合の中で今後ごみの搬出量を減らすとともに、ごみの分別、収集カレンダーも統一化されていくものと考えております。今後協議をして調整をさせていただきます。また、そのときにはまたご報告をさせていただきますので、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。
議長(長谷川元夫議員) 阿部議員。
11番(阿部弘明議員) この施設の計画の中に高効率エネルギー利用ということで、発電施設など誘導されるというふうになるのかなと思うのですけれども、そうすると燃やせるものはどんどん燃やすというような流れがつくられる、ほかの自治体でもそういうような、要するに大量に燃やして、そういう発電など、あと温水などの利用にしていくというようなことはあるのですけれども、そういう計画にはなっていないのですね。
議長(長谷川元夫議員) 横田環境課長。
          〔環境課長 横田一己登壇〕
環境課長(横田一己) 環境課長、阿部議員のご質問に答弁をさせていただきます。
  今度の新しい中部資源循環組合のごみ処理施設につきましては、確かに高度処理化を目指しております。建設予定地といたしましては5ヘクタールを予定しておりまして、焼却施設については約2ヘクタール、残りの3ヘクタールにつきましては、地元から要望が上がっておりましたスポーツ施設、それから温泉、温泉というかお湯の施設、それから直売所ということで3つの要望が上がっておりますので、面積的には5ヘクタールということでございます。この中部資源循環組合が国の補助金をいただく計画でございまして、社会循環型整備交付金、それも高度処理の関係でございまして、そうすると補助金が2分の1になります。高度化でないと3分の1になってしまいますので、基本構想、基本計画それぞれ高度処理化を目指して今後計画をしていくものでございます。
  阿部議員のご質問の中で、その高度の熱処理、それについてはどの程度の燃えるごみを焼却するのかというのは、今後その施設の計画を実施設計をする中で燃えるごみの範囲を今後決めていくものでございます。そういうことで、また今後先ほども申し上げましたような形でご説明を、機会を与えていただければ、その都度ご説明をさせていただきますので、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。
議長(長谷川元夫議員) 阿部議員。
11番(阿部弘明議員) 今地球環境の問題で大きな、地球的な規模の問題になっているわけですけれども、やはりどうやって燃やすごみを少なくしていくのか、分別をどうするのか、またリサイクル、その他対応が求められているというふうに思うのです。こういう大型施設になると、ますます分別などの細かい作業が怠りがちになるというのがこの間の流れだというふうに思っています。分別の方法も各自治体によって違っていますので、その辺のやり方、あり方等について、しっかりとした指針が必要だというふうに思うのです。ところが、今回のこの組合の計画を見ても、そういうようなふうになかなかなっていないのではないかなというふうに思うのです。その辺のことについてはどう思っていらっしゃいますか。
議長(長谷川元夫議員) 横田環境課長。
          〔環境課長 横田一己登壇〕
環境課長(横田一己) 環境課長、阿部議員さんのご質問に答弁をさせていただきます。
  熱処理の効率化ももちろんですけれども、ごみの減量化というのが第一目標でございますので、ごみというのは捨てればただのごみ、分別すれば資源ごみでございます。そういうふうな言葉もありますので、今後構成9市町村でごみの減量化をもちろん進めるとともに、近隣の住民の方、ダイオキシンの問題とかいろいろございますけれども、そのような問題も今は技術が発達しておりますので、その辺の問題もクリアをしていくようにしていきたいと思います。
  また、阿部議員さんのご質問等のご要望につきましても、また中部の資源循環組合のほうに伝えてまいりますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。
議長(長谷川元夫議員) 阿部議員。
11番(阿部弘明議員) ぜひそういう方向を強く打ち出していただいてというふうに思います。そもそも住民との合意形成をどうかち取るかということが先決だというふうに思いますけれども、よろしくお願いします。
  以上で質問を終わります。
議長(長谷川元夫議員) ほかに質疑ありますか。
          〔「なし」と言う人あり〕
議長(長谷川元夫議員) 質疑なしと認めます。
  これをもちまして質疑を終結します。
  これより討論に入ります。討論ありませんか。
          〔「なし」と言う人あり〕
議長(長谷川元夫議員) 討論なしと認めます。
  これより議案第63号 埼玉中部資源環境組合を組織する地方公共団体の数の増加及びこれに伴う規約の変更についてを採決します。
  本案は原案のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。
          〔挙手多数〕
議長(長谷川元夫議員) 賛成多数。
  よって、議案第63号は原案のとおり可決されました。
                                           
    議案第64号の説明、質疑、討論、採決
議長(長谷川元夫議員) 日程第13、議案第64号を議題とします。
  事務局長より朗読願います。
          〔事務局長朗読〕
議長(長谷川元夫議員) 赤沼建設課長に提出議案の説明を求めます。
          〔建設課長 赤沼 裕登壇〕
建設課長(赤沼 裕) 建設課長、議案第64号 町道路線の廃止についてご説明申し上げます。
  提案の理由でございますが、町道路線整備のため、この案を提出するものでございます。
  内容につきましては、町道の払い下げ、またつけかえ等によりまして、町道の廃止を行いたいものでございます。
  なお、該当路線につきましては、別紙の調書と路線網図をご参照いただきたいと思います。
  以上で説明を終わります。ご審議のほどよろしくお願いいたします。
議長(長谷川元夫議員) 提出議案の説明が終わりました。
  これより質疑に入ります。質疑ありませんか。
          〔「なし」と言う人あり〕
議長(長谷川元夫議員) 質疑なしと認めます。
  これより討論に入ります。討論ありませんか。
          〔「なし」と言う人あり〕
議長(長谷川元夫議員) 討論なしと認めます。
  これより議案第64号 町道路線の廃止についてを採決します。
  お諮りします。本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。
          〔「異議なし」と言う人あり〕
議長(長谷川元夫議員) 異議なしと認めます。
  よって、議案第64号は原案のとおり可決されました。
                                           
    議案第65号の説明、質疑、討論、採決
議長(長谷川元夫議員) 日程第14、議案第65号を議題とします。
  事務局長より朗読願います。
          〔事務局長朗読〕
議長(長谷川元夫議員) 赤沼建設課長に提出議案の説明を求めます。
          〔建設課長 赤沼 裕登壇〕
建設課長(赤沼 裕) 建設課長、議案第65号 町道路線の認定についてご説明申し上げます。
  提案の理由でございますが、町道路線を整備したので、この案を提出するものでございます。
  内容につきましては、開発行為によって整備をされました道路につきまして路線の認定を行いたいものでございます。
  なお、該当路線につきましては、別紙の調書及び路線網図をご参照いただきますようお願いいたします。
  以上で説明を終わります。ご審議のほどよろしくお願いいたします。
議長(長谷川元夫議員) 提出議案の説明が終わりました。
  これより質疑に入ります。質疑ありませんか。
          〔「なし」と言う人あり〕
議長(長谷川元夫議員) 質疑なしと認めます。
  これより討論に入ります。討論ありませんか。
          〔「なし」と言う人あり〕
議長(長谷川元夫議員) 討論なしと認めます。
  これより議案第65号 町道路線の認定についてを採決します。
  お諮りします。本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。
          〔「異議なし」と言う人あり〕
議長(長谷川元夫議員) 異議なしと認めます。
  よって、議案第65号は原案のとおり可決されました。
  暫時休憩といたします。再開は2時40分といたします。
          休 憩  (午後 2時21分)
                                           
          再 開  (午後 2時40分)
議長(長谷川元夫議員) 再開します。
                                           
    発議第4号の上程、説明、質疑、討論、採決
議長(長谷川元夫議員) 日程第15、議員提出議案発議第4号を議題とします。
  事務局長より朗読願います。
          〔事務局長朗読〕
議長(長谷川元夫議員) 朗読が終わりました。
  上野廣議員に提出議案の説明を求めます。
          〔14番 上野 廣議員登壇〕
14番(上野 廣議員) 14番、上野廣です。議長の命によりまして、発議第4号につき提案理由及び内容説明を申し上げます。
  発議第4号
                                平成27年9月8日
  滑川町議会議長 長谷川元夫 様
                       提出者 滑川町議会議員 上野  廣
                       賛成者  同   上  森田 泰雄
                       賛成者  同   上  井上奈保子
                       賛成者  同   上  田幡 宇市
                       賛成者  同   上  石川 正明
                       賛成者  同   上  阿部 弘明
                       賛成者  同   上  高坂 清二
  滑川町議会会議規則の一部を改正する規則の制定について
  地方自治法第112条及び会議規則第14条第2項の規定により本案を提出いたします。
  提案理由。議会における欠席の届け出の取り扱いに関して、社会情勢などを勘案し、出産の場合の欠席の届け出について新たに規定するものであります。
  改正内容については、新旧対照表をおあけください。1の1ですけれども、ここの第2条、2項はなかったのですけれども、2項をつけ加えまして、「議員が出産のため出席できないときは、日数を定めて、あらかじめ議長に欠席届を提出することができる。」というふうな改正でございます。この第2条第2項を追加するものでございます。
  附則において、この条例の施行日は公布の日といたします。
  以上、ご審議のほどよろしくお願い申し上げます。
議長(長谷川元夫議員) 提出議案の説明が終わりました。
  これより質疑に入ります。質疑ありませんか。
          〔「なし」と言う人あり〕
議長(長谷川元夫議員) 質疑なしと認めます。
  これより討論に入ります。討論ありませんか。
          〔「なし」と言う人あり〕
議長(長谷川元夫議員) 討論なしと認めます。
  これより発議第4号 滑川町議会会議規則の一部を改正する規則の制定についてを採決をします。
  本案は原案のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。
          〔挙手全員〕
議長(長谷川元夫議員) 賛成全員です。
  よって、発議第4号は原案のとおり可決されました。
                                           
    発議第5号の上程、説明、質疑、討論、採決
議長(長谷川元夫議員) 日程第16、議員提出議案発議第5号を議題とします。
  事務局長より朗読願います。
          〔事務局長朗読〕
議長(長谷川元夫議員) 朗読が終わりました。
  上野廣議員に提出議案の説明を求めます。
14番(上野 廣議員) 14番、上野廣です。議長の命によりまして、発議第5号につき提案理由及び内容説明を申し上げます。
  発議第5号
                                平成27年9月8日
  滑川町議会議長 長谷川元夫 様
                       提出者 滑川町議会議員 上野  廣
                       賛成者  同   上  森田 泰雄
                       賛成者  同   上  井上奈保子
                       賛成者  同   上  田幡 宇市
                       賛成者  同   上  石川 正明
                       賛成者  同   上  阿部 弘明
                       賛成者  同   上  高坂 清二
  滑川町議会傍聴規則の一部を改正する規則の制定について
  地方自治法第112条及び会議規則第14条第2項の規定により本議案を提出いたします。
  提案理由を申し上げます。
  議会の傍聴席に持ち込むことを禁止しているものに関して、社会情勢などを勘案し、つえについては削除するものであります。
  改正内容については、新旧対照表を開いてください。この中で、第7条第1項第1号中「、つえ」と書いてありますけれども、それを削ります。したがいまして、改正後は、「銃器、棒その他人に危害を加え、又は迷惑を及ぼすおそれのある物を携帯している者」ということになります。
  以上でございます。
  附則において、この条例の施行日は公布の日といたします。
  以上、ご審議のほどよろしくお願い申し上げます。
議長(長谷川元夫議員) 提出議案の説明が終わりました。
  これより質疑に入ります。質疑ありませんか。
          〔「なし」と言う人あり〕
議長(長谷川元夫議員) 質疑なしと認めます。
  これより討論に入ります。討論ありませんか。
          〔「なし」と言う人あり〕
議長(長谷川元夫議員) 討論なしと認めます。
  これより発議第5号 滑川町議会傍聴規則の一部を改正する規則の制定についてを採決します。
  本案は原案のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。
          〔挙手全員〕
議長(長谷川元夫議員) 賛成全員であります。
  よって、発議第5号は原案のとおり可決されました。
                                           
    認定第1号の委員長報告、質疑、討論、採決
議長(長谷川元夫議員) 日程第17、審査報告。
  認定第1号 平成26年度滑川町一般会計及び特別会計決算の認定についてを議題とします。
  決算審査特別委員会の審査報告を求めます。
  森田泰雄委員長、審査報告を演壇にてお願いをいたします。
          〔決算審査特別委員長 森田泰雄議員登壇〕
決算審査特別委員長(森田泰雄議員) 決算特別委員会委員長審査報告、認定第1号を申し上げます。7番、森田泰雄です。決算審査特別委員会の審査報告を申し上げます。
  平成27年9月14日。滑川町議会議長、長谷川元夫様。決算審査特別委員会委員長、森田泰雄。
  決算審査特別委員会審査報告書。
  本委員会に付託された事件について、次のとおり審査結果を報告いたします。
  9月11日に開催した決算審査特別委員会では、最初に第198回滑川町議会定例会において本委員会に付託された認定第1号 平成26年度滑川町一般会計及び特別会計決算の認定についてから審査いたしました。
  本定例会第2日目の9月9日に、会計管理者である武井会計課長から説明を受けた平成26年度滑川町一般会計決算から、特別会計の平成26年度滑川町健康保険特別会計決算、平成26年度滑川町介護保険特別会計決算、平成26年度滑川町後期高齢者医療特別会計決算、平成26年度滑川町下水道特別会計決算、平成26年度滑川町農業集落排水特別会計決算、平成26年度滑川町浄化槽事業特別会計決算までの7会計を委員ごとに一問一答で審査いたしました。
  その結果、全ての会計決算を原案のとおり認定することに決まりました。
  詳細につきましては、議長並びに議会選出の監査役を除く全員で構成する委員会審査でありますので、ここで再び審査の状況、経過について述べることを省略させていただき、後刻、会議録によりご承知おきくださいますようお願い申し上げます。
  決算審査特別委員会の審査報告といたします。
議長(長谷川元夫議員) 決算審査特別委員会委員長の報告が終わりました。
  質疑に入ります。ただいまの報告に対し質疑ありませんか。
          〔「なし」と言う人あり〕
議長(長谷川元夫議員) 質疑なしと認めます。
  これより討論に入ります。討論ありませんか。
          〔「なし」と言う人あり〕
議長(長谷川元夫議員) 討論なしと認めます。
  これより認定第1号 平成26年度滑川町一般会計及び特別会計決算の認定についてを採決します。
  決算審査特別委員会委員長の報告は、原案のとおり認定であります。この決算は、原案のとおり認定することに賛成の方の起立を求めます。
          〔起立全員〕
議長(長谷川元夫議員) 賛成全員です。
  よって、認定第1号については、決算審査特別委員会委員長の報告のとおり決定をいたしました。
                                           
    認定第2号の委員会報告、質疑、討論、採決
議長(長谷川元夫議員) 日程第18、審査報告。
  認定第2号 平成26年度滑川町水道事業会計における剰余金処分及び決算の認定についてを議題とします。
  決算審査特別委員会の審査報告を求めます。
  森田泰雄委員長、審査報告を演壇にてお願いをいたします。
          〔決算審査特別委員長 森田泰雄議員登壇〕
決算審査特別委員長(森田泰雄議員) 決算審査特別委員長の審査報告、認定第2号でございます。7番、森田泰雄です。決算審査特別委員会の審査報告を申し上げます。
  平成27年9月14日。滑川町議会議長、長谷川元夫様。決算審査特別委員会委員長、森田泰雄。
  決算審査特別委員会審査報告書。
  本委員会に付託された事件について、次のとおり審査結果を報告いたします。
  審査は、9月11日、認定第1号の審査に続き、第198回滑川町議会定例会において本委員会に付託されました認定第2号 平成26年度滑川町水道事業会計における剰余金処分及び決算の認定について審査しました。
  本定例会第2日目の9月9日に高坂水道課長から説明を受けたため、直ちに審査に入り、委員ごとに一問一答審査をいたしました。
  その結果、認定第2号を原案のとおり認定することに決まりました。
  詳細につきましては、議長並びに議会選出の監査委員を除く全員で構成する委員会審査でありますので、ここで再び審査の状況、経過について述べることを省略させていただき、後刻、会議録によりご承知いただきますようお願い申し上げます。
  決算審査特別委員会の審査報告といたします。
議長(長谷川元夫議員) 決算審査特別委員会委員長の報告が終わりました。
  質疑に入ります。ただいまの報告に対し質疑ありませんか。
          〔「なし」と言う人あり〕
議長(長谷川元夫議員) 質疑なしと認めます。
  これより討論に入ります。討論ありませんか。
          〔「なし」と言う人あり〕
議長(長谷川元夫議員) 討論なしと認めます。
  これより認定第2号 平成26年度滑川町水道事業会計における剰余金処分及び決算の認定についてを採決します。
  決算審査特別委員会委員長の報告は、原案のとおり認定であります。この決算は原案のとおり認定することに賛成の方の起立を求めます。
          〔起立全員〕
議長(長谷川元夫議員) 全員賛成であります。
  よって、認定第2号については、決算審査特別委員会委員長の報告のとおり決定いたしました。
  暫時休憩をいたします。
          休 憩  (午後 2時56分)
                                           
          再 開  (午後 2時58分)
議長(長谷川元夫議員) 再開します。
                                           
    日程の追加
議長(長谷川元夫議員) お諮りします。
  ただいま町長から議案第66号、第67号及び第68号が提出されました。これを日程に追加し、追加日程第19、第20及び第21として議題にしたいと思います。これにご異議ありませんか。
          〔「異議なし」と言う人あり〕
議長(長谷川元夫議員) 異議なしと認めます。
  したがって、議案第66号、第67号及び第68号を日程に追加し、追加日程第19、第20及び第21として議題とすることに決定しました。
                                           
    議案第66号〜議案第68号の上程、説明、採決
議長(長谷川元夫議員) 追加日程第19、議案第66号、追加日程第20、議案第67号及び追加日程第21、議案第68号を一括議題とします。
  事務局長より朗読願います。
          〔事務局長朗読〕
議長(長谷川元夫議員) 朗読が終わりました。
  吉田町長より提出議案の説明をお願いいたします。
          〔町長 吉田 昇登壇〕
町長(吉田 昇) 町長、追加議案の説明を申し上げます。
  3件の人事案件を追加議案として、一括で提出をさせていただきます。
  初めに、議案第66号 滑川町固定資産評価審査委員会委員の選任についてでございますが、現在の小孝委員の任期が平成27年9月30日をもって満了するため、小委員を再任したいので、地方税法第423条第3項の規定に基づき、議会の同意をお願いするものでございます。
  議案第67号 滑川町固定資産評価審査委員会委員の選任についてでございますが、現在の権田成吉委員の任期が平成27年9月30日をもって満了するため、権田委員を再任したいので、地方税法第423条第3項の規定に基づき、議会の同意をお願いするものでございます。
  議案第68号 滑川町固定資産評価審査委員会委員の選任についてでございますが、現在の宮島建夫委員の任期が平成27年9月30日をもって満了するため、宮島委員を再任したいので、地方税法第423条第3項の規定に基づき、議会の同意をお願いするものでございます。
  なお、3名それぞれの経歴につきましては、添付してある経歴書をごらんいただきたいと思います。
  よろしくご審議のほどお願い申し上げます。
議長(長谷川元夫議員) 提出議案の説明が終わりました。
  お諮りします。議案第66号、第67号及び第68号は人事案件でありますので、質疑、討論を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。
          〔「異議なし」と言う人あり〕
議長(長谷川元夫議員) 異議なしと認め、議案第66号、第67号及び第68号は質疑、討論を省略します。
  これより議案第66号 滑川町固定資産評価審査委員会委員の選任についてを採決します。
  本件は原案のとおり同意することに賛成の方の起立を求めます。
          〔起立全員〕
議長(長谷川元夫議員) 賛成全員です。
  よって、議案第66号は原案のとおり可決されました。
  これより議案第67号 滑川町固定資産評価審査委員会委員の選任についてを採決します。
  本件は原案のとおり同意することに賛成の方の起立を求めます。
          〔起立全員〕
議長(長谷川元夫議員) 賛成全員です。
  よって、議案第67号は原案のとおり可決されました。
  これより議案第68号 滑川町固定資産評価審査委員会委員の選任についてを採決します。
  本件は原案のとおり同意することに賛成の方の起立を求めます。
          〔起立全員〕
議長(長谷川元夫議員) 賛成全員であります。
  よって、議案第68号は原案のとおり可決されました。
                                           
    日程の追加
議長(長谷川元夫議員) お諮りします。
  ただいま議会運営委員会委員長から閉会中の継続調査の申し出についての件が提出されました。これを日程に追加し、追加日程第22として議題にしたいと思います。これにご異議ありませんか。
          〔「異議なし」と言う人あり〕
議長(長谷川元夫議員) 異議なしと認めます。
  よって、閉会中の継続調査の申し出についての件を追加日程第22として議題とすることに決定しました。
                                           
    閉会中の継続調査の申し出について
議長(長谷川元夫議員) 追加日程第22、閉会中の継続調査の申し出についての件を議題にします。
  会議規則第75条の規定によって、議会運営委員会、上野廣委員長からお手元に配付しました閉会中の継続調査申出書のとおり、次期議会の会期日程等の議会運営に関する事項及び議長の諮問に関する事項について、閉会中の継続調査としたい旨の申し出がありました。
  お諮りします。議会運営委員会委員長から申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることにご異議ありませんか。
          〔「異議なし」と言う人あり〕
議長(長谷川元夫議員) 異議なしと認めます。
  よって、委員長から申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることに決定しました。
                                           
    閉会について
議長(長谷川元夫議員) 本定例会の会議に付された事件は全て終了しました。
  したがって、会議規則第7条の規定によって本日で閉会したいと思います。これにご異議ありませんか。
          〔「異議なし」と言う人あり〕
議長(長谷川元夫議員) 異議なしと認めます。
  したがって、本定例会は本日閉会することに決定をいたしました。
                                           
    町長挨拶
議長(長谷川元夫議員) ここで、吉田昇町長よりご挨拶をお願いいたします。
          〔町長 吉田 昇登壇〕
町長(吉田 昇) 議長のお許しをいただきましたので、本定例会の閉会に当たり一言お礼のご挨拶を申し上げます。
  議員各位におかれましては、会期を残し、実質5日間という短期間のうちに慎重審議を賜り、平成26年度一般会計決算の認定を初め、提出いたしました全19議案を原案どおり可決、承認いただきまして、まことにありがとうございました。
  会期中に議員各位より賜りました多くのご意見、ご提案に対しましては今後十分参考にさせていただき、公平な町政の執行に当たってまいる所存でございます。
  さて、先日の台風18号では、各地に大きな被害をもたらしました。被害に遭われた方々には、心よりお見舞いを申し上げます。また、6日の地域防災訓練でも東日本大震災以来、町民皆様の防災に対する関心と意識の高さを改めて実感したところでございます。これから本格的に台風シーズンを迎えますが、職員一丸となって防災に当たってまいります。
  いよいよ秋本番を迎え、町民体育祭や滑川まつりなど、各方面でも多くのイベントが行われます。議員各位にも今まで以上にご協力をお願い申し上げます。今後も健康に留意され、ご活躍されますことをご祈念申し上げまして、閉会に当たってのお礼の挨拶とさせていただきます。大変ありがとうございました。
                                           
    閉会の宣告
議長(長谷川元夫議員) ありがとうございました。稲葉代表監査委員には、連日のご出席をありがとうございました。
  以上をもちまして全日程を終了しました。議員各位と執行部のご協力によりまして、本定例会が終了できました。深く感謝を申し上げます。
  これをもちまして第198回滑川町議会定例会を閉会します。
  大変ご苦労さまでした。
                                   (午後 3時09分)