平成25年第184回滑川町議会臨時会(第1号)

              平成25年第184回滑川町議会臨時会 平成25年2月26日(火曜日)         議 事 日 程 (第1号)    開会及び開議の宣告                                   1 会議録署名議員の指名                                  2 会期の決定                                       3 町長の挨拶並びに議案説明                                4 発議第 1号 滑川町議会委員会条例の一部を改正する条例の制定について          5 発議第 2号 滑川町議会政務調査費の交付に関する条例の一部を改正する条例の制定につい           て                                    6 発議第 3号 滑川町議会会議規則の一部を改正する規則の制定について           7 議案第 1号 証人等の実費弁償に関する条例の一部を改正する条例の制定について     出席議員(14名)    1番  伊  東  康  夫  議員      2番  北  村  徳  章  議員    3番  金 井 塚  徳  一  議員      5番  井  上  奈 保 子  議員    6番  上  野     廣  議員      7番  長 谷 川  元  夫  議員    8番  森  田  泰  雄  議員      9番  高  坂  清  二  議員   10番  紫  藤  昌  久  議員     11番  上  野  憲  子  議員   12番  石  川  正  明  議員     13番  大  山  尚  美  議員   14番  北  堀  一  廣  議員     15番  田  幡  宇  市  議員 欠席議員(なし)                                             地方自治法第121条の規定により説明のため出席した人      町       長    吉   田       昇      副   町   長    小   高   明   也      会 計 管 理 者 兼    山   下       進      会  計 課  長      教   育   長    小   澤   正   司      総 務 政 策 課 長    柳       克   実      税  務 課  長    上       俊 一 郎      健 康 福 祉 課 長    新   井   佳   男      町 民 保 険 課 長    木   村   幸   一      環  境 課  長    江   森   不 二 男      産 業 振 興 課長兼    吉   田   利   好      農業委員会事務局長      建  設 課  長    武   井   揚   一      水  道 課  長    篠   ア   一   美      教育委員会事務局長    宮   島   正   重                                             本会議に出席した事務局職員      事  務 局  長    稲   葉   一   正      書       記    今   井   茂   子      録       音    笠   原       直

    開会及び開議の宣告
議長(田幡宇市議員) 皆さん、こんにちは。議員各位には大変お忙しいところ、第184回滑川町議会臨時議会にご参集をいただきまして、まことにありがとうございます。
  ただいまの出席議員は14名全員であります。定足数に達しておりますので、ただいまから第184回滑川町議会臨時会を開会します。
  これより本日の会議を開きます。
                                   (午前11時10分)
                                           
    会議録署名議員の指名
議長(田幡宇市議員) 初めに、会議録署名議員の指名でございますが、会議規則第120条の規定によりまして、議長において指名いたします。
  13番  大 山 尚 美 議員
  14番  北 堀 一 廣 議員
   1番  伊 東 康 夫 議員
  以上、3名の方にお願いをいたします。
                                           
    会期の決定
議長(田幡宇市議員) 日程第2、会期の決定についてを議題といたします。
  本件につきましては、議会運営委員会でご審議をいただいておりますので、議会運営委員長に報告をお願いいたします。
  議会運営委員長、井上奈保子議員、お願いします。
          〔議会運営委員長 井上奈保子議員登壇〕
議会運営委員長(井上奈保子議員) おはようございます。5番、井上奈保子です。議長の命によりまして、議会運営委員会の報告を申し上げます。
  本臨時会の運営にかかわる議会運営委員会は、本日2月26日、午前10時より開催いたしました。出席者は、議長を初め議会運営委員全員、執行部より、町長、総務政策課長に出席をいただき、付議されます案件等につきまして説明を受け、慎重に協議いたしました。
  その結果、会期は本日1日とし、全議案審議、全日程終了次第、閉会とすることと決定いたしました。
  なお、議事日程につきましては、お手元に配付いたしました日程のとおりでございます。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。
  以上をもちまして、議会運営委員会の報告を終わります。
議長(田幡宇市議員) ただいまの議会運営委員長の報告のとおり、会期を決することにご異議ありませんか。
          〔「異議なし」と言う人あり〕
議長(田幡宇市議員) 異議なしと認めます。
  よって、委員長の報告のとおり、会期は本日より1日間として、全議案審議、全日程終了次第、閉会と決定いたしました。
                                           
    町長の挨拶並びに議案説明
議長(田幡宇市議員) 日程第3、町長の挨拶並びに議案説明をお願いいたします。
  吉田町長、お願いいたします。
          〔町長 吉田 昇登壇〕
町長(吉田 昇) 皆さん、こんにちは。議長のお許しをいただきましたので、開会に当たってのご挨拶と本臨時会に提案する議案の説明をさせていただきます。
  本日は、第184回滑川町議会臨時会を招集させていただきましたところ、議員各位におかれましては、何かとお忙しい中、ご健勝にて全議員のご出席を賜りまして開会できますことに、衷心よりお礼申し上げます。
  本日の臨時会に提出いたします議案は、条例の一部改正でございます。慎重審議をお願いするものでございます。
  それでは、議案の説明をさせていただきます。議案第1号 証人等の実費弁償に関する条例の一部を改正する条例の制定については、昨年地方自治法が改正され、3月1日より施行するため、本条例の一部改正をお願いするものでございます。
  以上、慎重審議を賜り、原案どおり速やかなご決定をお願い申し上げまして、簡単ではございますが、開会に当たっての挨拶と提出いたします議案の説明とさせていただきます。よろしくお願いいたします。
議長(田幡宇市議員) これで町長の挨拶並びに議案説明を終わります。
                                           
議長(田幡宇市議員) お諮りします。
  会議の都合上、会議規則第37条の規定により、発議第1号 滑川町議会委員会条例の一部を改正する条例の制定についてから発議第3号 滑川町議会会議規則の一部を改正する規則の制定についての3議案を一括議題といたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。
          〔「異議なし」と言う人あり〕
議長(田幡宇市議員) 異議なしと認めます。
  よって、発議第1号、2号及び3号を一括議題とすることに決定しました。
                                           
    発議第1号〜発議第3号の説明、質疑、討論、採決
議長(田幡宇市議員) 日程第4、発議第1号から日程第6、発議第3号までを一括議題とします。
  事務局長より朗読願います。
          〔事務局長朗読〕
議長(田幡宇市議員) 朗読が終わりました。
  議会運営委員長、井上奈保子議員に説明をお願いいたします。
          〔議会運営委員長 井上奈保子議員登壇〕
議会運営委員長(井上奈保子議員) 議員提出議案、発議第1号 滑川町議会委員会条例の一部を改正する条例の制定について。5番、井上です。議長の命によりまして、議員提出議案、発議第1号につき提案理由及び内容説明を申し上げます。
                                   平成25年2月26日
  滑川町議会議長  田 幡 宇 市 様
                        提出者 滑川町議会議員 井 上 奈保子
                        賛成者   同 上   高 坂 清 二
                        賛成者   同 上   紫 藤 昌 久
                        賛成者   同 上   森 田 泰 雄
                        賛成者   同 上   上 野   廣
                        賛成者   同 上   金井塚 徳 一
                        賛成者   同 上   伊 東 康 夫
         滑川町議会委員会条例の一部を改正する条例の制定について
  地方自治法第112条及び滑川町議会会議規則第14条の規定により、本議案を提出いたします。
  提案理由を申し上げます。地方自治法の一部を改正する法律が平成24年9月5日に公布されたところであります。この改正法により、特別委員の在任期間を新たに追加し、常任委員会への所属義務が明記されました。
  続いて、滑川町議会委員会条例の一部を改正する条例の制定についての内容説明をいたします。第5条において、特別委員の在任期間を第3項に規定し、第7条において、第1項に少なくとも1つの常任委員になることを規定しました。第12条では、委員長、副委員長、委員の辞任は「委員会の許可」から「議長の許可を得る」と改めました。
  附則につきましては、この条例の公布の日としております。
  続きまして、発議第2号 滑川町政務調査費の交付に関する条例の一部を改正する条例の制定について。5番、井上です。議長の命によりまして、議員提出議案、発議第2号につき、提案理由及び内容説明を申し上げます。
                                   平成25年2月26日
  滑川町議会議長  田 幡 宇 市 様
                        提出者 滑川町議会議員 井 上 奈保子
                        賛成者   同 上   高 坂 清 二
                        賛成者   同 上   紫 藤 昌 久
                        賛成者   同 上   森 田 泰 雄
                        賛成者   同 上   上 野   廣
                        賛成者   同 上   金井塚 徳 一
                        賛成者   同 上   伊 東 康 夫
    滑川町議会政務調査費の交付に関する条例の一部を改正する条例の制定について
  地方自治法第112条及び滑川町議会会議規則第14条の規定により、本議案を提出いたします。
  提案理由を申し上げます。地方自治法の一部を改正する法律が平成24年9月5日に公布されたところであります。この改正法により、「政務調査費」が「政務活動費」へ名称変更され、使途については、これまでの調査研究に加え、「その他の活動」が追加されました。また、経費の範囲については別途定めることとされ、議長が使途の透明性に努める旨の規定が加えられたものであります。この地方自治法の趣旨を踏まえ、提案をいたします。
  続いて、滑川町議会政務調査費の一部を改正する条例の制定についての内容説明を申し上げます。題名を「滑川町議会政務活動費の交付に関する条例」と改め、本文中「政務調査費」を「政務活動費」と改正し、第2条で、政務活動費を充てることのできる経費の範囲として「その他の活動」を加え、第4条の議員に係る政務活動費が第5条に繰り下げとなり、第6条では、会派の届け出と経理責任者を置くことを定め、第7条では、会派への交付決定通知を規定し、第11条で、第2条における経費の範囲を別表で定めることとし、第12条では議長の調査、第13条は政務活動費の収支報告書の提出、第14条で政務活動費の返還を規定し、第15条では第2項で収支報告書の閲覧について新たに定めました。そして、第16条については委任の規定であります。
  附則につきましては、第1項で平成25年3月1日とし、第2項では経過措置について規定したものであります。
  続きまして、議員提出議案、発議第3号に移らせていただきます。滑川町議会会議規則の一部を改正する規則の制定について。5番、井上です。議長の命によりまして、議員提出議案、発議第3号につき、提案理由及び内容説明を申し上げます。
                                   平成25年2月26日
  滑川町議会議長  田 幡 宇 市 様
                        提出者 滑川町議会議員 井 上 奈保子
                        賛成者   同 上   高 坂 清 二
                        賛成者   同 上   紫 藤 昌 久
                        賛成者   同 上   森 田 泰 雄
                        賛成者   同 上   上 野   廣
                        賛成者   同 上   金井塚 徳 一
                        賛成者   同 上   伊 東 康 夫
         滑川町議会会議規則の一部を改正する規則の制定について
  地方自治法第112条及び滑川町議会会議規則第14条の規定により、本議案を提出いたします。
  提案理由を申し上げます。地方自治法の一部を改正する法律が平成24年9月5日に公布されたところであります。この改正法により、常任委員会と同様、本会議においても公聴会の開催や参考人の招致ができることになったため、本会議規則の改正を行うものであります。この自治法の趣旨を踏まえ、提案をいたします。
  続いて、滑川町議会会議規則の一部を改正する規則の制定についての内容説明を申し上げます。第14章に公聴会を第117条から第122条まで規定し、第117条においては公聴会開催の手続を、第118条は意見を述べようとする者の申出を規定、第119条では公述人の決定、第120条で公述人の発言、第121条では議員と公述人の質疑について規定し、第122条では公述人の代理規定を定めたものであります。第15章では参考人の出席を第123条とし、第1項で議会の議決を必要とする旨及び第2項では事前に通知をする旨を規定したものであります。
  附則につきましては、この条例の公布の日とし、ただし書において、第73条72項の適用日を平成25年3月1日と規定しております。
  以上、よろしくご審議のほどお願いいたします。
  以上でございます。
議長(田幡宇市議員) ただいま稲葉局長より文書の訂正の申し出がありました。申し出を許可します。
  稲葉局長。
○事務局長(稲葉一正) 先ほど読み上げました議案の中、3件とも全てなのですけれども、提出者の「滑川議会議員」となっておりますが、正しくは「滑川町議会議員」ということで、おわびして訂正申し上げます。後ほどここのところにつきましては差しかえをさせていただきますので、お許しを願いたいと思います。よろしくお願いいたします。失礼しました。
議長(田幡宇市議員) 提出議案の説明が終わりました。
  これより質疑に入ります。
  質問時間は、答弁を含み30分とします。残り時間は表示板で指示します。
  質問形式は、対面一問一答方式とします。議長より指名を受けた質問者は、質問席に着き、質疑に入っていただきます。1回目に一括質疑・一括答弁または最初から一問一答方式にするかは質問者にゆだねます。
  質疑ありませんか。
          〔「なし」と言う人あり〕
議長(田幡宇市議員) 質疑なしと認めます。
  これより討論に入ります。討論ありませんか。
          〔「なし」と言う人あり〕
議長(田幡宇市議員) 討論なしと認めます。
  これより発議第1号 滑川町議会委員会条例の一部を改正する条例の制定について、発議第2号滑川町議会政務調査費の交付に関する条例の一部を改正する条例の制定について、発議第3号 滑川町議会会議規則の一部を改正する規則の制定についてを採決します。
  本案は原案のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。
          〔挙手全員〕
議長(田幡宇市議員) 賛成全員です。
  よって、発議第1号、発議第2号及び発議第3号は原案のとおり可決されました。
                                           
    議案第1号の説明、質疑、討論、採決
議長(田幡宇市議員) 日程第7、議案第1号を議題とします。
  事務局長より朗読願います。
          〔事務局長朗読〕
議長(田幡宇市議員) 朗読が終わりました。
  柳総務政策課長に提出議案の説明を求めます。
          〔総務政策課長 柳 克実登壇〕
総務政策課長(柳 克実) 総務政策課長、議案第1号 証人等の実費弁償に関する条例の一部を改正する条例の制定についてをご説明申し上げます。
  提案理由でございますが、平成24年9月5日に地方自治法の一部を改正する法律が公布されたことに伴い、町議会の本会議においても参考人の招致ができることとなったため、参考人の実費弁償の支給に関し必要な措置を講じるほか、条文の整備をするための規定を制定いたしたく、地方自治法第96条第1項の規定により議決を求めます。
  それでは、お手元に配付させていただいております新旧対照表の1ページをごらんいただきたいと思います。まず、改正概要でございますが、題名は、改正前の「証人等の実費弁償に関する条例」を、改正後は「滑川町証人等の実費弁償に関する条例」に改めます。また、改正前の「費用弁償」を、改正後は「実費弁償」に改めます。
  続きまして、第1条の関係でございますが、改正後の第2号をごらんいただきたいと思います。地方自治法第115条の2の追加により、町議会において参考人を招致することができることとなったため、参考人に実費弁償を支給することができるように改めます。そのほか、地方自治法の一部改正による条文中の項ずれを改めたほか、改正前の第8号は削除し、条文の整備等を行わせていただいております。
  続きまして、新旧対照表の2ページ、裏面をごらんいただきたいと思います。第2条ですが、改正前の「費用弁償」を、改正後はここも「実費弁償」に改めるなどの文言整理を行わせていただいております。また、別表でございますが、改正前の宿泊料「1万1,000円」を、改正後は「1万3,000円」に改めさせていただいております。
  次に、第2条関係では、地方自治法第109条の2及び第110条が削除され、第109条の一部改正が施行されることにより、条文を改めさせていただきました。
  なお、改正条例第1条の規定は公布の日から施行、第2条の規定は平成25年3月1日から施行とさせていただいております。
  ご審議のほどよろしくお願い申し上げます。
議長(田幡宇市議員) 提出議案の説明が終わりました。
  これより質疑に入ります。質疑ありませんか。
  長谷川元夫議員。
7番(長谷川元夫議員) 7番、長谷川です。
  社会福祉協議会事務局長、この方については、その時々の事案にかかわらず年4回の定例会に常にかかわる問題が多いと思われますので、最初から参考人として招致ができるようにしておいたほうがいいのではないかなというふうに、私の考えです。どのように対処していただけますでしょうか。
議長(田幡宇市議員) 柳総務政策課長……。
  暫時休憩をいたします。
          休 憩  (午前11時36分)
                                           
          再 開  (午前11時37分)
議長(田幡宇市議員) 再開をいたします。
  柳総務政策課長。
総務政策課長(柳 克実) 総務政策課長、長谷川議員のご質問に答弁を申し上げます。
  このご質問の件につきましては、従前、議会のほうからご指摘をいただいておりまして、私どもも確認をさせていただきました。その際には、参考人というふうなことが自治法にないということで無理だというふうな判断をさせていただいたわけでございますが、今回、この議案第1号で参考人の招致が本会議においてもできるというふうなことになったわけでございます。したがいまして、この改正によりまして、改めて社会福祉協議会の事務局長が出席が可能か否かも含め、検討をさせていただきたいというふうに思います。検討結果につきましては、また後日、議会のほうにご報告を申し上げたいというふうに考えております。
  以上でございます。
議長(田幡宇市議員) 長谷川元夫議員。
7番(長谷川元夫議員) よろしく検討のほどお願い申し上げます。
議長(田幡宇市議員) ほかに質疑ありませんか。
          〔「なし」と言う人あり〕
議長(田幡宇市議員) 質疑なしと認めます。
  これをもちまして質疑を終結します。
  これより討論に入ります。討論ありませんか。
          〔「なし」と言う人あり〕
議長(田幡宇市議員) 討論なしと認めます。
  これより議案第1号 証人等の実費弁償に関する条例の一部を改正する条例の制定についてを採決します。
  本案は原案のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。
          〔挙手全員〕
議長(田幡宇市議員) 賛成全員です。
  よって、議案第1号は原案のとおり可決されました。
                                           
    町長の挨拶
議長(田幡宇市議員) 本臨時会の議事は全て終了いたしました。
  ここで、吉田町長よりごあいさつをお願いします。
          〔町長 吉田 昇登壇〕
町長(吉田 昇) 議長のお許しをいただきましたので、臨時会の閉会に当たりまして一言お礼のご挨拶を申し上げます。
  本日の臨時会は、条例改正を初め、全4件の審議を賜りまして、原案どおり速やかにご決定をいただきまして深く感謝申し上げます。
  さて、梅香る季節となり、議員各位にはますますご多忙のことと存じます。何とぞご健勝にてご活躍されますことをご祈念いたしまして、閉会に当たりましてのご挨拶とさせていただきます。
  大変ありがとうございました。
議長(田幡宇市議員) ありがとうございました。
                                           
    閉会の宣告
議長(田幡宇市議員) 以上をもちまして全日程を終了しました。
  議員各位と執行部のご協力によりまして本臨時会が終了できましたことに深く感謝を申し上げます。
  これをもちまして、第184回滑川町議会臨時会を閉会します。
  大変ご苦労さまでございました。
                                   (午前11時41分)