平成25年第188回滑川町議会臨時会(第1号)

              平成25年第188回滑川町議会臨時会 平成25年6月26日(水曜日)         議 事 日 程 (第1号)    開会及び開議の宣告                                   1 会議録署名議員の指名                                  2 会期の決定                                       3 町長の挨拶並びに議案説明       4 議案第55号 滑川町職員の給与の臨時特例に関する条例の制定について           5 議案第56号 平成25年度滑川町一般会計補正予算(第3号)の議定について        6 議案第57号 平成25年度滑川町下水道事業特別会計補正予算(第2号)の議定について   7 議案第58号 平成25年度滑川町農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)の議定につ           いて                                   8 議案第59号 平成25年度滑川町浄化槽事業特別会計補正予算(第2号)の議定について   9 議案第60号 平成25年度滑川町水道事業会計補正予算(第1号)の議定について     出席議員(14名)    1番  井  上  奈 保 子  議員      2番  北  村  徳  章  議員    3番  田  幡  宇  市  議員      5番  伊  東  康  夫  議員    6番  上  野     廣  議員      7番  長 谷 川  元  夫  議員    8番  森  田  泰  雄  議員      9番  高  坂  清  二  議員   10番  紫  藤  昌  久  議員     11番  上  野  憲  子  議員   12番  石  川  正  明  議員     13番  大  山  尚  美  議員   14番  北  堀  一  廣  議員     15番  金 井 塚  徳  一  議員 欠席議員(なし)
地方自治法第121条の規定により説明のため出席した人      町       長    吉   田       昇      副   町   長    柳       克   実      会 計 管 理 者 兼    山   下       進      会  計 課  長      教   育   長    小   澤   正   司      総 務 政 策 課 長    新   井   佳   男      税  務  課 長    上       俊 一 郎      健 福 祉 課 長    木   村   幸   一      町 民 保 険 課 長    吉   野   一   男      環  境  課 長    横   田   一   己      産 業 振 興 課長兼    吉   田   利   好      農業委員会事務局長      建  設 課  長    赤   沼       裕      水  道 課  長    篠   ア   一   美      教育委員会事務局長    江   森   不 二 男
本会議に出席した事務局職員      事  務  局 長    吉   野   正   和      書       記    今   井   茂   子      録       音    笠   原       直      録       音    武   内   章   泰

    開会及び開議の宣告
議長(金井塚徳一議員) 皆さん、おはようございます。議員各位には、大変ご多用のところ第188回滑川町議会臨時会にご参集いただきまして、まことにありがとうございます。
  ただいまの出席議員は14名全員であります。定足数に達しておりますので、ただいまから第188回滑川町議会臨時会を開会します。
  これより本日の会議を開きます。
                                   (午前10時00分)

    会議録署名議員の指名
議長(金井塚徳一議員) 初めに、会議録署名議員の指名でございますが、会議規則第125条の規定によりまして、議長において指名します。
  13番  大 山 尚 美 議員
  14番  北 堀 一 廣 議員
   1番  井 上 奈保子 議員
  以上、3名の方にお願いをいたします。

    会期の決定
議長(金井塚徳一議員) 日程第2、会期の決定についてを議題とします。
  本件につきましては、議会運営委員会でご審議いただいております。議会運営委員長に報告をお願いします。
  議会運営委員長、上野憲子議員、お願いします。
          〔議会運営委員長 上野憲子議員登壇〕
議会運営委員長(上野憲子議員) 皆さん、おはようございます。11番、上野憲子です。議長の命によりまして、議会運営委員会の報告を申し上げます。
  本臨時会の運営にかかわる議会運営委員会は、本日6月26日午前9時より開催いたしました。出席者は、議長を初め議会運営委員全員、執行部より町長、副町長、総務政策課長に出席をいただきまして、付議されます案件等について説明をいただき、慎重に協議をいたしました。
  その結果、会期は本日1日とし、全議案審議、全日程終了次第閉会とすることと決定をいたしました。
  なお、議事日程につきましては、お手元にご配付申し上げました日程表のとおりでございます。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。
  以上をもちまして、議会運営委員会の報告を終わらせていただきます。
議長(金井塚徳一議員) ただいまの議会運営委員長の報告のとおり、会期を決することにご異議ありませんか。
          〔「異議なし」と言う人あり〕
議長(金井塚徳一議員) 異議なしと認めます。
  よって、委員長の報告のとおり、会期は本日1日間とし、全議案審議、全日程終了次第閉会と決定しました。

    町長の挨拶並びに議案説明
議長(金井塚徳一議員) 日程第3、町長の挨拶並びに議案説明を行います。
  吉田町長、お願いします。
          〔町長 吉田 昇登壇〕
町長(吉田 昇) 皆様、おはようございます。議長のお許しをいただきましたので、開会に当たりましてのご挨拶と本臨時会に提案を申し上げます議案の説明をさせていただきます。
  本日は、第188回滑川町議会臨時会を招集させていただきましたところ、議員各位におかれましては農繁期で何かとお忙しい中、ご健勝にて全議員のご出席を賜りまして開会できますことに、衷心より御礼を申し上げます。大変心配をされました農業用水の不足でございますけれども、この間の降雨で滑川町ほとんどの地域が田植えができたということで、大変喜んでおるところでございます。しかし、まだこれからの養い水につきましては、不足が予測をされるということから、もう一段の降雨を望んでおるところでございます。
  本日の臨時会に提出をいたします議案は、職員の給与削減に関係する6件のご審議をお願いするものでございます。
  それでは、議案の説明をさせていただきます。
  議案第55号 滑川町職員の給与の臨時特例に関する条例の制定については、東日本大震災を契機とした防災及び減災のための事業の取り組みにより、一層の支出削減が不可欠であることから、特別職と一般職員の人件費を減額するために、来年3月31日までの臨時特例条例を定めるものでございます。職員組合とも十分な話し合いを行いまして、妥結しているところでございます。
  次から補正予算の議定は、職員人件費の削減によるものでございます。
  議案第56号 平成25年度滑川町一般会計補正予算(第3号)の議定については、既定の歳入歳出の総額に2,428万9,000円を減額し、歳入歳出それぞれ53億2,851万5,000円としたいものでございます。
  議案第57号 平成25年度滑川町下水道事業特別会計補正予算(第2号)の議定については、既定の歳入歳出は同額のままとし、歳出の総務費を9万4,000円減額し、予備費を増額したいものでございます。
  議案第58号 平成25年度滑川町農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)の議定については、既定の歳入歳出は同額のままとし、事業費を6万1,000円減額し、予備費を増額したいものでございます。
  議案第59号 平成25年度滑川町浄化槽事業特別会計補正予算(第2号)の議定については、既定の歳入歳出は同額のままとし、施設管理費を33万1,000円減額し、予備費を増額したいものでございます。
  議案第60号 平成25年度滑川町水道事業会計補正予算(第1号)の議定については、既定の収益的支出を117万4,000円減額し、3億4,085万9,000円としたいものでございます。
  以上、6議案につきまして慎重審議を賜り、原案どおり速やかなご決定をお願い申し上げまして、簡単ではございますが、開会に当たっての挨拶と提出いたします議案の説明とさせていただきます。よろしくお願い申し上げます。
議長(金井塚徳一議員) これで町長の挨拶並びに議案説明を終わります。

    議案第55号の説明、質疑、討論、採決
議長(金井塚徳一議員) 日程第4、議案第55号を議題とします。
  事務局長より朗読願います。
          〔事務局長朗読〕
議長(金井塚徳一議員) 朗読が終わりました。
  新井総務政策課長に提出議案の説明を求めます。
          〔総務政策課長 新井佳男登壇〕
総務政策課長(新井佳男) 総務政策課長、議案第55号 滑川町職員の給与の臨時特例に関する条例についてご説明を申し上げます。
  提案の理由ですが、国家公務員の給与の改定及び臨時特例に関する法律に基づく国家公務員の給与削減措置を踏まえ、平成25年7月1日から平成26年3月31日までの間において、職員の給与を減額するために必要な措置を講じる規定を制定いたしたく、地方自治法第96条第1項の規定により、議決を求めるものでございます。
  1枚おめくりいただきたいと思います。第1条の趣旨でございますが、平成25年7月1日から26年の3月31日までの間、町長、副町長、教育長の三役と職員の給料を一定割合引き下げるという内容でございます。
  第2条につきましては、町長、副町長の給与を10%削減しますという内容でございます。
  第3条につきましては、教育長の給与を10%削減するという内容でございます。
  第4条第1項につきましては、一般職員の給与を1級、これは主事です、主事を3.63%減額します。2級、主任ですね、2級、主任から5級の副課長までを5.92%減額いたします。6級、課長と局長になりますけれども、6級については7.44%減額するという内容でございます。なお、平均で5.88%の減額になります。
  次のページをお開きいただきたいと思います。第4条の第2項第1号につきましては、管理職手当を7.44%減額いたしますという内容でございます。
  同項の第2号につきましては、休職者の給与の取り扱いになりますけれども、同様に減額するという内容でございます。ちなみにアの部分につきましては、16条第1項、これ公務上けがをした場合に休職している方が該当いたします。イの16条2項につきましては、または3項につきましては、結核になってしまったとか、心身の故障を起こしてしまったとか、そういった場合の休職に該当いたします。ウにつきましては、こういうことはないと思うのですけれども、刑事事件に関しまして起訴された場合のその間の休職が該当するという内容でございます。
  それから、第3項につきましては、給料を減額する場合で勤務1時間当たりの額は減額後の給料月額で算出しますという内容でございます。
  第4項につきましては、時間外勤務手当、休日勤務手当等支給する場合で、勤務1時間当たりの額は減額後の給料月額で算出しますという内容でございます。
  第5条につきましては、部分休業している職員の給与の特例になりますけれども、部分休業している職員の給料を減額する場合は、勤務しない1時間につき、第4条第3項の規定により、減額後の給料月額で算定した額を減額しますという内容でございます。
  第6条につきましては、介護休暇をしている職員の給与の額の特例になりますけれども、介護休暇をしている職員の給料を減額する場合には、勤務しない1時間につき、第4条第3項の規定により、減額後の給料月額で算定した額を減額しますという内容でございます。
  7条につきましては、端数の計算の方法になります。
  施行日は平成25年7月1日とさせていただきたいと思います。
  減額額はトータルで2,136万3,000円になります。なお、組合とは6月24日付で協定書を締結しておりますので、よろしくお願いいたします。
  以上でございます。ご審議のほどよろしくお願いいたします。
議長(金井塚徳一議員) 提出議案の説明が終わりました。
  これより質疑に入ります。
  質問時間は答弁を含み30分とします。質問形式は対面一問一答方式とします。議長より指名を受けた質問者は、質問席に着き、質疑に入り、1回目に一括質疑・一括答弁または最初から一問一答方式にするかは質問者に委ねます。
  質疑ありませんか。
  長谷川議員。
          〔7番 長谷川元夫議員登壇〕
7番(長谷川元夫議員) 7番、長谷川です。3月の定例会のときに予算審議のときに、国はこういうふうに2年目を迎えるけれども、我が町はそれに準ずるのかというような質問等もさせていただきました。今回このような決断をしていただいて、本当にすばらしいことだなというふうに思います。
  2条、3条について、町長ほか三役の1割を切るという条例になっておりますけれども、あくまでも私は三役というのは職員という感覚は持っておりません。あくまでも町の経営者という考えでありますけれども、この条例をつくるに当たって引き下げるに当たって、町長初め三役の皆さんが、我々がまず切るよというふうにおっしゃってでき上がったのか。組合との折衝の中で、町長初め三役が切るのだったら我々も応じるよというようなお話し合いになったのか。この問題について組合との折衝、労使交渉というのでしょうか、どのような話し合いを持たれたのか。町長から説明をお願いできればと思います。
議長(金井塚徳一議員) 吉田町長。
          〔町長 吉田 昇登壇〕
町長(吉田 昇) 町長、長谷川議員さんの質問に答弁を申し上げます。
  この件につきましては、国が当初地方六団体との話し合いをしないで、唐突にこの問題を出してきて、地方もぜひ協力をしてほしいというようなお話でございまして、地方六団体としてはその件を一旦ははねつけをしたわけでございますけれども、そうした国と地方六団体の話し合いの中で、今後はそうした唐突なことはしないということで、地方六団体ときちんと話し合いをした後にこういった問題は行いますという話し合いがついたということで、全国町村会もそれでは国の方針に沿って、これは全面的な賛成ということでなく、東日本大震災のその復興のいわゆる資金が足りないということであれば、全国民でそれをやっぱり泣かなくてはならないでしょうということで全国町村会もそうした方向に従ってきたわけでございます。
  その中で、国は最初から各団体の交付税を削減をしたわけでございます。滑川町におきましては、3,500万円という交付税の減額をしてきたわけでございます。しかし、国は元気づくり交付金というようなことで、各自治体にそうした事業に充てる費用を各自治体ごとに、これ額は違いますけれども、滑川町においては800万円の交付金をいただけるというようなことで、その差っ引きの2,700万円について、町としてその額を補填をしていきたいということでいろいろ組合とも話し合ってきました。その中では、ラスパイレス指数、これらが大きな要因になっております。ラスパイレス指数の100以下の町村は、ですからそうしたカットをしなくてもいいというような状況でございますし、そのラスパイレス指数に応じて、国の平均がカットするのが7.8%ですから、7.8%以上のラスパイレスの町村は最高7.8をやりなさい、それ以下のところはラスパイレスが5.8であれば、国の平均は7.8ですけれども、そのラスパイレスの5.8でいいですよということで、一応のそういったことがまとまりまして、滑川町につきましてはラスパイレス指数が111でございますから、最高の7.8%カット、これに準じてやるということで組合といろいろ話し合いをさせていただきました。
  その中で私ども三役は、職員にお願いをするという立場であれば、やっぱり自分たちみずからも率先してこれは減額をして、組合員にお願いするというのが、これは私は筋だというふうに思いますので、当然三役はもう最初から減額をしますということで組合のほうへお話をし、そして組合の皆さんにも私は大変な決断だったろうというふうに思いますけれども、やっぱりその東日本復興に際しての資金が足りないということであれば、全国民でそれを負担する以外にないでしょうということで組合のほうもご協力をいただいたということで妥結ができたということで、これもこの7月から来年の3月までの一定の期間限定のものでございます。これがずっと全て続くということになりますと、そう簡単には、もう組合だってのめない、認められないというふうに思いますけれども、そうした期間限定の件もありましたし、東日本復興の資金ということで、なかなか大変な中でございますけれども、ご協力をいただいたということで、私も本当に組合の皆さんにも感謝を申し上げておるところでございますので、よろしくお願いします。
  以上です。
議長(金井塚徳一議員) 長谷川議員。
7番(長谷川元夫議員) ありがとうございました。この条例を初め、これから皆さんの給与の減額補正も出てまいります。私は執行部に敬意を表しつつ、この条例、また減額補正に賛成をさせていただく所存でございます。
  大変ありがとうございました。
議長(金井塚徳一議員) ほかに質疑ありませんか。
          〔「なし」と言う人あり〕
議長(金井塚徳一議員) 質疑なしと認めます。
  これより討論に入ります。討論ありませんか。
          〔「なし」と言う人あり〕
議長(金井塚徳一議員) なしと認めます。
  これより議案第55号 滑川町職員の給与の臨時特例に関する条例の制定についてを採決します。
  本案は原案のとおり決することに賛成の方挙手を願います。
          〔挙手全員〕
議長(金井塚徳一議員) 全員賛成です。
  よって、議案第55号は原案のとおり可決されました。

    議案第56号の説明、質疑、討論、採決
議長(金井塚徳一議員) 日程第5、議案第56号を議題とします。
  事務局長より朗読願います。
          〔事務局長朗読〕
議長(金井塚徳一議員) 朗読が終わりました。
  新井総務政策課長に提出議案の説明を求めます。
          〔総務政策課長 新井佳男登壇〕
総務政策課長(新井佳男) 総務政策課長、議案第56号 平成25年度滑川町一般会計補正予算(第3号)の議定について説明を申し上げます。
  1ページをお開きいただきたいと思います。議案第56号 平成25年度滑川町一般会計補正予算(第3号)
  平成25年度滑川町一般会計補正予算(第3号)は、次に定めるところによる。
  (歳入歳出予算の補正)
  第1条 既定の歳入歳出予算の総額から、歳入歳出それぞれ2,428万9,000円を減額し、歳入歳出それぞれ53億2,851万5,000円とする。
  第2項 歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。
                          平成25年6月26日提出
                              滑川町長  吉 田   昇
  8ページをお開きいただきたいと思います。歳入の関係ですけれども、款10地方交付税、項1地方交付税、目1地方交付税、補正前の額3億2,200万円、補正額2,428万9,000円、合計2億9,771万1,000円。説明のところでありますが、普通交付税の減額になります。
  続きまして、9ページをおめくりいただきたいと思います。歳出の関係でございますが、この款1の議会費から款10の教育費まで全てですが、節の給料、職員手当等、共済費につきまして減額をさせていただいております。減額の合計につきましては2,428万9,000円となります。
  以上、簡単ではありますが、説明とさせていただきます。ご審議のほどよろしくお願いいたします。
議長(金井塚徳一議員) 提出議案の説明が終わりました。
  これより質疑に入ります。質疑ありませんか。
          〔「なし」と言う人あり〕
議長(金井塚徳一議員) 質疑なしと認めます。
  これより討論に入ります。討論ありませんか。
          〔「なし」と言う人あり〕
議長(金井塚徳一議員) 討論なしと認めます。
  これより議案第56号 平成25年度滑川町一般会計補正予算(第3号)の議定についてを採決します。
  本案は原案のとおり決することに賛成の方の挙手を願います。
          〔挙手全員〕
議長(金井塚徳一議員) 全員賛成です。
  よって、議案第56号は原案のとおり可決されました。

    議案第57号の説明、質疑、討論、採決
議長(金井塚徳一議員) 日程第6、議案第57号を議題とします。
  事務局長より朗読を願います。
          〔事務局長朗読〕
議長(金井塚徳一議員) 朗読が終わりました。
  横田環境課長に提出議案の説明を求めます。
          〔環境課長 横田一己登壇〕
環境課長(横田一己) 環境課長、議案第57号 平成25年度滑川町下水道事業特別会計補正予算(第2号)の議定についてご説明申し上げます。
  1ページをお願い申し上げます。平成25年度滑川町下水道事業特別会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによる。
  (歳入歳出予算の補正)
  第1条 歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表歳入歳出予算補正」による。
                          平成25年6月26日提出
                              滑川町長  吉 田   昇
  続きまして、4ページをお願い申し上げます。歳入についてご説明を申し上げます。歳入につきましては、補正前の額4億4,300万円で、補正はございません。
  続きまして、6ページをお願い申し上げます。歳出についてご説明申し上げます。款1総務費、項1総務管理費、目1一般管理費になりますが、補正前の額1,303万5,000円、補正額9万4,000円の減額補正となっております。内容につきましては、人件費の減額補正でございます。
  続きまして、款5予備費、項1予備費、目1予備費になりますが、総務費の減額分9万4,000円を予備費に充当させていただきます。
  以上でございます。ご審議のほどよろしくお願い申し上げます。
議長(金井塚徳一議員) 提出議案の説明が終わりました。
  これより質疑に入ります。質疑ありませんか。
          〔「なし」と言う人あり〕
議長(金井塚徳一議員) 質疑なしと認めます。
  これより討論に入ります。討論ありませんか。
          〔「なし」と言う人あり〕
議長(金井塚徳一議員) なしと認めます。
  これより議案第57号 平成25年度滑川町下水道事業特別会計補正予算(第2号)の議定についてを採決します。
  本案は原案のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。
          〔挙手全員〕
議長(金井塚徳一議員) 全員賛成です。
  よって、議案第57号は原案のとおり可決されました。

    議案第58号の説明、質疑、討論、採決
議長(金井塚徳一議員) 日程第7、議案第58号を議題とします。
  事務局長より朗読願います。
          〔事務局長朗読〕
議長(金井塚徳一議員) 朗読が終わりました。
  横田環境課長に提出議案の説明を求めます。
          〔環境課長 横田一己登壇〕
環境課長(横田一己) 環境課長、議案第58号 平成25年度滑川町農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)の議定についてご説明を申し上げます。
  初めに、1ページをお願い申し上げます。平成25年度滑川町農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによる。
  (歳入歳出予算の補正)
  第1条 歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表歳入歳出予算補正」による。
                          平成25年6月26日提出
                              滑川町長  吉 田   昇
  4ページをお願い申し上げます。初めに、歳入についてご説明申し上げます。歳入につきましては、補正前の額8,200万円で、補正ございません。
  続きまして、6ページをお願い申し上げます。歳出についてご説明申し上げます。款2農業集落排水事業費、項1農業集落排水事業費、目1総務費になりますが、補正前の額392万円、補正額6万1,000円の減額補正となっております。内容につきましては、人件費の減額補正でございます。
  続きまして、款5予備費、項1予備費、目1予備費になりますが、総務費の減額分6万1,000円を予備費に充当させていただきます。
  以上でございます。ご審議のほどよろしくお願い申し上げます。
議長(金井塚徳一議員) 提出議案の説明が終わりました。
  これより質疑に入ります。質疑ありませんか。
          〔「なし」と言う人あり〕
議長(金井塚徳一議員) 質疑なしと認めます。
  これより討論に入ります。討論ありませんか。
          〔「なし」と言う人あり〕
議長(金井塚徳一議員) なしと認めます。
  これより議案第58号 平成25年度滑川町農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)の議定についてを採決いたします。
  本案は原案のとおり決することに賛成の方の挙手を願います。
          〔挙手全員〕
議長(金井塚徳一議員) 全員賛成です。
  よって、議案第58号は原案のとおり可決されました。

    議案第59号の説明、質疑、討論、採決
議長(金井塚徳一議員) 日程第8、議案第59号を議題とします。
  事務局長より朗読願います。
          〔事務局長朗読〕
議長(金井塚徳一議員) 朗読が終わりました。
  横田環境課長に提出議案の説明を求めます。
          〔環境課長 横田一己登壇〕
環境課長(横田一己) 環境課長、議案第59号 平成25年度滑川町浄化槽事業特別会計補正予算(第2号)についてご説明を申し上げます。
  初めに、1ページをお願い申し上げます。平成25年度滑川町浄化槽事業特別会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによる。
  (歳入歳出予算の補正)
  第1条 歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表歳入歳出予算補正」による。
                          平成25年6月26日提出
                              滑川町長  吉 田   昇
  続きまして、4ページをお願い申し上げます。初めに、歳入についてご説明申し上げます。歳入につきましては、補正前の額1億5,630万円でございまして、補正はございません。
  続きまして、6ページをお願い申し上げます。歳出についてご説明申し上げます。款2施設管理費、項1施設管理費、目1浄化槽管理費になりますが、補正前の額1,885万6,000円、補正額33万1,000円の減額補正となっております。内容につきましては、人件費の減額補正でございます。
  続きまして、款6予備費、項1予備費、目1予備費になりますが、施設管理費の減額分33万1,000円を予備費に充当させていただきたいと思います。
  以上でございます。ご審議のほどよろしくお願い申し上げます。
議長(金井塚徳一議員) 提出議案の説明が終わりました。
  これより質疑に入ります。質疑ありませんか。
          〔「なし」と言う人あり〕
議長(金井塚徳一議員) なしと認めます。
  これより討論に入ります。討論ありませんか。
          〔「なし」と言う人あり〕
議長(金井塚徳一議員) なしと認めます。
  これより議案第59号 平成25年度滑川町浄化槽事業特別会計補正予算(第2号)の議定についてを採決します。
  本案は原案のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。
          〔挙手全員〕
議長(金井塚徳一議員) 全員賛成です。
  よって、議案第59号は原案のとおり可決されました。

    議案第60号の説明、質疑、討論、採決
議長(金井塚徳一議員) 日程第9、議案第60号を議題とします。
  事務局長より朗読願います。
          〔事務局長朗読〕
議長(金井塚徳一議員) 朗読が終わりました。
  篠ア水道課長に提出議案の説明を求めます。
          〔水道課長 篠ア一美登壇〕
水道課長(篠ア一美) それでは、水道課長、議案第60号 平成25年度滑川町水道事業会計補正予算(第1号)についてご説明いたします。
  最初に、1ページをお開きいただきたいと思います。
  平成25年度滑川町水道事業会計補正予算(第1号)
  第1条 平成25年度滑川町水道事業会計の補正予算(第1号)は、次に定めるとおりとする。
  第2条 平成25年度滑川町水道事業会計予算(以下「予算」という。)第3条に定めた収益的支出の予定額を次のとおり補正する。
  科目、既決予定額、補正予定額、計。
  (支出)
  第1款事業費、3億4,203万3,000円です、マイナス117万4,000円、3億4,085万9,000円。
  第1項営業費用、3億1,655万8,000円、マイナス117万4,000円、3億1,538万4,000円。
  第3条 予算第5条に定める(1)職員給与費を「2,935万1,000円」に改める。
                          平成25年6月26日提出
                              滑川町長  吉 田   昇
  続きまして、2ページをお開きください。予定実施計画でございますが、収益的支出の営業費用を117万4,000円減額補正し、事業費の合計を3億4,085万9,000円といたしたい。
  なお、詳細が9ページの事項別明細書に掲げてありますので、ごらんいただきたいと思います。
  この収益的支出の補正の内容は、総係費の給料、手当、法定福利費の減額補正117万4,000円でございます。
  戻りまして、3ページをお開きください。資金計画でございますが、支払資金117万4,000円を減額し、差し引き合計を7億958万円の資金となる計画でございます。
  続きまして、5、6ページをお開きください。水道事業予定貸借対照表ですが、資産の部、2流動資産の(1)現金預金を117万4,000円増額し、6億5,211万4,000円となります。
  続きまして、8ページをお開きください。資本の部、6剰余金の(2)、ハ当年度未処分利益剰余金を117万4,000円増額し、1億7,196万2,184円になります。
  負債資本合計額28億8,876万6,617円が、6ページの一番下の資産合計額と一致いたしますので、貸借対照表となります。
  以上です。ご審議のほどよろしくお願いいたします。
議長(金井塚徳一議員) 提出議案の説明が終わりました。
  これより質疑に入ります。質疑ありませんか。
          〔「なし」と言う人あり〕
議長(金井塚徳一議員) なしと認めます。
  これより討論に入ります。討論ありませんか。
          〔「なし」と言う人あり〕
議長(金井塚徳一議員) なしと認めます。
  これより議案第60号 平成25年度滑川町水道事業会計補正予算(第1号)の議定についてを採決します。
  本案は原案のとおり決することに賛成の方の挙手を願います。
          〔挙手全員〕
議長(金井塚徳一議員) 全員賛成です。
  よって、議案第60号は原案のとおり可決されました。

    町長の挨拶
議長(金井塚徳一議員) 本臨時会の議事は全て終了いたしました。
  ここで、吉田町長にご挨拶をいただきたいと思います。
          〔町長 吉田 昇登壇〕
○町長(吉田 昇) 議長のお許しをいただきましたので、臨時会の閉会に当たりまして一言お礼の挨拶をさせていただきます。
  本日の議案は、職員の給与改定による条例制定と補正予算でございましたが、全6議案を慎重審議賜りまして、原案どおり速やかにご決定いただきまして、大変ありがとうございました。深く感謝申し上げます。
  議員各位におかれましては、ますますご多忙のことと存じますが、まだまだ梅雨空が続きます。何とぞご健勝にてご活躍されますことをご祈念申し上げまして、閉会に当たりましての挨拶とさせていただきます。本日は大変ありがとうございました。
議長(金井塚徳一議員) ありがとうございました。

    閉会の宣告
議長(金井塚徳一議員) 以上をもちまして、全日程を終了いたしました。
  議員各位と執行部のご協力によりまして、今臨時会が終了できましたこと深く感謝申し上げます。
  これをもちまして、第188回滑川町議会臨時会を閉会します。
  大変ご苦労さまでございました。
                                   (午前10時50分)